ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
正念場

えっ?
何処で?
春一番ふいたの?
嘘でしょ?


f0035962_11051630.jpg
昨夜、当地は大雪に。
久しぶりにロータリー車が登場。
すごいパワーで除雪をしてくれました。
雪の回廊、完成。

f0035962_11052158.jpg
家の周りは、
ジョセツコさんとスコップで雪かき。
今日は半日雪かきでした。
腕痛い、腰痛い、膝痛い。

おやつはクレープ
シナモンシュガー
バナナを添えて。
f0035962_11082874.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-16 11:08 | Comments(0)
冬だからこその面倒さ 冬だからこその楽しみ

f0035962_11030659.jpg
時折ビューッと風が吹く。
そんな中、畑までバケツをもって
エッチラオッチラ。
生ごみは畑に設置しているコンポストに捨てています。
すぐ近くなのだけれど、...
場所によっては雪が1m近く吹きだまっているので、
なかなか面倒なのだ。

欠かせないのが輪かんじき。
輪かんじきをつけないと、
深みでは太ももまでスッポリ埋まってしまう。
輪かんじきを付ければ
深みでも20cmぐらい沈むだけで済むのだ!
すごいぞ輪かんじき。

この輪かんじきは
私が山登りをしていた頃から使っているもの。
去年、古道具店で岩手の輪かんじきを見つけ
手に入れました。
まだ縄を付けられていなくて使えずにいるのだけれど・・・。
箕についで
桶正が大好きな民具の一つ輪かんじき。
各地のものを集めています。
いろんな形があってとてもおもしろいのです。

今年の初めには、甥っ子と輪かんじき作り。
彼は山歩きが好きで
民具や手仕事にもとても興味を持っています。
思いついて取りかかったので、
材料の準備など不十分。
なので納得のいく出来ではなかったけれど、
甥っ子と2人でつくれて楽しかったみたい。
今年はちゃんと準備して、
また一緒につくれたらいいね。

f0035962_11023461.jpg

コーヒーの飲み比べ。
一度に2種類のコーヒーをいれるなんて
普段はしないこと。
でも飲み比べって楽しいね。

f0035962_11024009.jpg
先日のコーヒー講座の時に焙煎したコーヒー豆2種。
同じ生豆を時間もほぼ揃えて焙煎したのだけれど、
やっぱりお味がちがうのだ。
へぇー、おもしろいなー。
f0035962_11023587.jpg
私たちの好みにあった
焙煎の方法を見つけられたら楽しいね。
冬はゆっくりお茶っこタイム。
だからこそ
こんな贅沢な楽しみ方も出来るのだ。
f0035962_11030194.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼はおでんご飯。
土鍋に2つだけ残った茹で卵は晩勺のお供に・・・。
こういうしみったれた感じが結構好きです。

f0035962_11050936.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-13 11:05 | Comments(0)
こだわりと言えばこだわり

f0035962_16264377.jpg
やっぱりマッチが好き。
いろいろと火をつける道具はあるけれど、
マッチが一番好きなのだ。
薪ストーブに火をつけるときにシュッ!
お風呂も薪で焚いているから、...
やっぱりマッチでシュッ!
使わない日はありません。

なんか、可愛いよね。
マッチって。
白い木の軸に、真っ赤な頭薬。
小さな、よく見るととても丁寧につくられた箱に、
ズラリと並んでいる様も可愛い。
何気ない道具だけれど、
可愛いな・・・となんだか愛でてしまいます。

f0035962_16262827.jpg
薪ストーブの近くにおいているマッチには、
こんな木のカバーをつけています。
ウフフ、なんかおもしろいなー、そう思って、
これを買い求めたのは、もう何年前になるのかな?
火をつけるための側薬が覗くように
窓があけられています。

なくても全然困らない。
むしろ一手間増えるかも・・・。
それでもあえてこだわって、
作られたこういう道具にもとても惹かれちゃうの。
なんだか楽しいもんね。

さて、そろそろお風呂をつけましょう。
鉄砲釜に鉋屑と木っ端をいれて、
もちろんシュッと火をつけるのは、
赤い帽子のマッチです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_16262292.jpg
おやつは栗のロールケーキ。
シンプルに巻くとなんか和菓子みたい。
一六タルトのイメージがあるからかな?
道後温泉に行ったのは、もう4年前?
早いね。
なんてこと話しながらお茶っこタイム。
夫婦の会話の半分は思い出話・・・。
f0035962_16261490.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-11 16:25 | Comments(2)
小さきものへの「ありがとう」

あー、眠い。
久しぶりに夜なべ仕事したからね。

f0035962_16235237.jpg
昨日は思い立って、
ルームシューズを作りました。...
久しぶり。

ここ3年ほどは、
秋にモフモフの冬用ルームシューズを買って履いています。
いつもならなんとか一冬もつのだけれど、
今年は早くも底がボロボロになってきて・・・。
まだ履けないことはないのだけれどね。

以前よく作っていたルームシューズ。
「暮らしの手帖」に掲載されていた作り方です。
2011年の秋の号です。
久しぶりに作ったので、
本とにらめっこしながら作りました。
いっぱい重ね履きするので大きめに作ったのだけれど、
少し大きすぎたね。
久しぶりに作ると加減が分かりません。
かかとの部分に幅広のゴムをいれると
フィットするのだけれど、
買い置きがなく、いれずに作ってしまったし。
100点の出来ではないけれど、
踵まですっぽり包んでくれるデザインなので
暖かいです。
やっぱりまた手作りにしよう。
今度街に出かけたら幅広のゴム買って来ようね。

f0035962_16235866.jpg
昨日、岩手のニュースで針供養のことを報じていました。
畳職人の皆さんが、
折れたり曲がったりした針を持ち寄り
お豆腐に刺して供養していました。
毎年ニュースで供養の様子を拝見する度に、
素敵な風習だなーと思っています。
自分ではしたことがないのだけれど。
それどころか、
折れた針は針箱にいれている小さな缶に貯めて、
たまったらまとめて不燃ごみに出している私。
ついそうしてしまっているのだけれど反省。
最後に柔らかなお豆腐にさして供養するなんて、
とても日本的で素敵な感性ですよね。
機会があったら供養をしよう・・・。
今年もまたそんな風に思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_16233776.jpg
文旦の皮、煮たよ。
小分けにして冷凍しました。
マフィンやバターケーキに焼きこもうね。
ピール作りはキラキラと美しくて、
とても好きです。

細くスティックに切って、種子島ザラメをふって食卓に。
ちょっと口さみしい時のおやつに

f0035962_16234735.jpg
お昼はひっさしぶりのパスタ。懐かしのナポリタン。おいしっ。
f0035962_16240513.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-09 16:23 | Comments(2)
雪 ドカッ

f0035962_16205843.jpg
土曜日の朝。
カーテンをあけたら
アララララ~。
天気予報通りの大雪。
覚悟はしていたけれどね。


f0035962_16210369.jpg
今日は一日雪かきだなぁと諦めた矢先に、
頼もしい助っ人現る!!
隣人のI氏が除雪機と共に。
ジョセツコさんとはやはりパワーが違い、
みるみると雪の山を吹き飛ばしてくれます。
本当に助かりました。
ありがとう。
除雪車も来てくれて道路もすっきり。

たくさんの方たちに支えられている山暮らしです。

それにしてもひっさしぶりです、こんな雪。
きれいなんだけどね。
おいしそうなんだけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_16220624.jpg
今日のお昼はサンドウィッチ。
昨夜の残りのアジフライのサンドと、
これまた数日前の残りのポテトザブジのサンド。

コーヒーは桶正が丁寧に淹れてくれました。
ご縁をいただいてコーヒー講座をうけたのです。

f0035962_16210802.jpg
しばらくぶりのネルドリップ。
買い置きのネルがなかったので、
ネル生地をチクチク手縫いしました。
ネルの形は少しお椀型の方が・・・
そうお薦めいただいたので、
意識して丸めに縫ったのだけれど、
ちょっと改良の余地ありデス。
いろいろ考えるの楽しいね。
もっと丁寧に
コーヒーを淹れて楽しもうと思います。
Uさん、Kさん、ありがとう!
焙煎にも挑戦してみま~す。

f0035962_16222989.jpg
食後はアップルパイ。
初めて買うメーカーのパイ生地使用。
うーん、サクサク感に乏し。
お薦めのパイシートメーカー、
どなたか教えて下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_16211444.jpg
大、大、大好きな文旦、
最後の一個も食べちゃったよー。
淋しいな。
風呂上りの文旦、楽しみだったのに。
さて、皮を煮ますか。
部屋の中よい香りです。

今日も薪ストーブの上、
押し競まんじゅう
ギユーギユーギュー。
大活躍です。


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-06 16:19 | Comments(0)
ねまってけー

f0035962_16073418.jpg
苦手作業。
お、お、終わった。
ホッとして窓の外を見ると・・・
なんかすごいことになってる。

f0035962_16083971.jpg
停電するかも。
慌ててアレコレに水を溜め、
薪を運び込み、
ロウソクの用意。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_16072838.jpg
豆まきしようと思っていたけれど、
う~ん・・・
「鬼は外ーっ」って言いにくいな。
こんな大雪だもの。

青鬼さん、ねまってけ(岩手弁で休んでけー)。
赤鬼さんも、ねまってけ。

福の神さま
今年もよろしくお願いいたします。


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-03 16:09 | Comments(6)
冷凍したり乾かしたり

f0035962_16033722.jpg
我が家の乾物入れ。
以前は茶箱2つにストックしていたのだけれど、
乾物といえども鮮度は大切・・・。
そう自分を戒めて、
最近はこの2つにおさまる量で我慢しています。...
乾物って便利だしおいしいし
身体に良いものも多い。
地域ごとに独特の品も多いから、
旅をするとついアレコレ買い込んでしまう。
それでどうしてもたまってしまうのだけれどね。

f0035962_16032596.jpg
干しゼンマイは
秋田出身の知人からいただいたもの。
ご親戚の方が収穫し、
手間暇かけて干したもの。
う~ぅ、嬉しい。
大大大好きなのだけれど、
高価なものなので、
自分では滅多に買えないのだ。
Nご夫妻ありがとう。
何度も水を替え、2回ほどさっと茹でこぼして、
ふっくらともどりました。
さぁ、どんな風に調理しようかな?

f0035962_16035336.jpg
こちらは干しタケノコ。
九州では一般的な乾物ですね。
正式な戻し方ではないけれど、
こうして硬く戻して
シナチクみたいに調理するのが好き。

f0035962_16033158.jpg
乾物だからこその
独特な歯ごたえと風味。
おいしいなぁー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お客様がいらっしゃる時は、
お茶菓子には何を作ろうかなーと考えるのが楽しい。
何度かいらっしゃってる方なら、
なんとなく好みが想像されるし、
初めての方でも、
お便りの文面から勝手な想像を膨らませて考える。

f0035962_16034202.jpg
今日は餅菓子とお漬物にしたよ。
柚子餅とニッキ餅と草餅。
そして
青菜漬けと干し大根のカリコリ漬け。

草餅はとうとうコレで最後です。

秋に名付けてヨモギジュースをまとめて作り、
小分けして冷凍しておくの。
茹でて刻んで、
水と一緒にミキサーで粉砕してから冷凍します。
春のものがやっぱり一番爽やかだけれど、
秋まで充分いただけます。
そして秋にまとめて摘んで作っておくの。
冬だって草餅食べたいもの。
大好き!草餅。

f0035962_16044916.jpg
柚子餅の餅には柚子皮をたっぷり入れて。
白餡は市販のものを。
中にキンカンの甘煮を包んだよ。
この組み合わせもお気に入りです。

ニッキ餅。
餅にニッキをたっぷり入れて。
餡子にクルミをたっぷりまぶしてから包みます。

いろいろ作るの楽しいね。


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-02 16:02 | Comments(0)