ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
タケノコ大好き

f0035962_17313681.jpg
フキノトウ味噌。

フキノトウは断然雄花がおいしい、と私は思う。
雄花だけ摘みとり、
サッと茹でて水にさらす。...
粗く刻んで水気をよくよく絞り、油を絡める。
味醂を煮たて、味噌とフキノトウを加え、
さっと熱を加えたら、ゴマと鰹節をいれて出来あがり。
1週間ほどしか保存できないけれど、
長く加熱しないこの方法が私好み。

f0035962_17320476.jpg
タケノコも買ってきました。
去年はタイミングを逃してしまい、
食べられなかった。
この辺りでは、タケノコと言えば、
根曲がり竹の細いタケノコを素さす場合が多い。
根曲がり竹のタケノコも、
もちろんとてもおいしいのだけれど、
やっぱり孟宗竹のタケノコも食べたいの。
さて、アク抜き。
これは母が考案した方法。
タケノコは半切りにし、皮を剥き(ヒメ皮は残す)、
きれいに洗う。
ヒタヒタより多めの水と、
あらった玄米を入れ加熱。
圧力を5分ほどかけたら、そのまま一晩おく。
タケノコのみ取り出し、よく洗ってから、
再度水煮すればしっかりアクがぬけています。
そして、のこったお粥がまたとてもおいしいのだ!
タケノコの風味が濃く最高です。
是非お試しを。
タケノコ一本に対して玄米1カップ弱。
タケノコ大~好き。
f0035962_17321692.jpg
f0035962_17321264.jpg
こちらはタケノコカツ、これまた最高なのだ!

・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_17335790.jpg
日曜日、迷ったけれど、
やっぱり出かけてしまった雨のアンチック市。
呆れるね、ホント呆れるね、と言いながら。
雨で出店数も少なく並んでいる品も少なく、
残念・・・。
それでもいくつかよい道具との出会いがありました。
念願のせんべい焼き器もとうとう買ったぞぉー。
f0035962_17332552.jpg
f0035962_17333042.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2018-04-18 17:31
<< 刻んでいるのは歴史 瓢箪からコマ >>