ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
刻んでいるのは歴史

f0035962_17284702.jpg
朝早くから午前中いっぱいかかって、
畑の耕運を一通り終了させました。
明日は鹿除けの柵を張り巡らせる予定。
気が重い・・・。

...

f0035962_17292274.jpg
お昼はおにぎりつくって、
フクジュソウが群生しているお気に入りの場所へ。
気持ちがいいね。

f0035962_17292687.jpg
・・・・・・・・・・・

ようやく調整がすみ、
正しい時を刻み始めた名付けてマルちゃん。

f0035962_17285916.jpg
掃除をし、注油し、
一部部品を自作し、
それでも不具合があったので、
木製の本体一部を削るという手荒な治療も施して、
なんとか正しく動き始めました。
なかなか手こずりましたが、
その分愛着も増すというもの!
ゼンマイ巻きさえ楽しみです。

f0035962_17284295.jpg
この時計の振り子はガラス製。
ボン(音を鳴らす渦状の部品)の台座もガラス製でした。
珍しいなーと思い調べてみると・・・
戦時中は、金属が不足していた為、
ガラスで一部部品を製造したとのこと。
時計からそんな時代背景が垣間見えて驚きました。
製造されたのは、
ですから戦時中と推測されます。
内部に、昭和39年10月と墨書きがあり、
どうやらその年に修理をしたようです。
昭和39年10月といえば、
東京オリンピックの開催された期間と重なります。
偶然だけれど、
なんだかいろいろと考えてしまいました。
この時計は、
あのオリンピックをどんな風にみていたのかな。
敗戦をのりこえ、
めざましい発展を遂げたと
世界にアピールする意味あいもあったあのオリンピックを、
どんな風にみていたのかなぁ、なんてね・・・。
「時計の部品すら武器にする戦争というものが、
僕の中にはこうして残っているんだよ。」
久しぶりに時を刻み始めた時計のチクタクという音が、
そんな昔語りにも聞こえました。

ご縁あって我が家にやってきたマルちゃん。
大事に長く長く暮らしを共にしていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

★『森の食卓 たいまぐらのおやつ』
ご希望の方はお知らせください。
詳しくは↓をご覧くださいませ。
https://www.facebook.com/taimagurachiho/posts/444844015966748


[PR]
by chihoa3 | 2018-04-19 17:28
<< 根比べ 知恵比べ タケノコ大好き >>