ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
冬だからこその面倒さ 冬だからこその楽しみ

f0035962_11030659.jpg
時折ビューッと風が吹く。
そんな中、畑までバケツをもって
エッチラオッチラ。
生ごみは畑に設置しているコンポストに捨てています。
すぐ近くなのだけれど、...
場所によっては雪が1m近く吹きだまっているので、
なかなか面倒なのだ。

欠かせないのが輪かんじき。
輪かんじきをつけないと、
深みでは太ももまでスッポリ埋まってしまう。
輪かんじきを付ければ
深みでも20cmぐらい沈むだけで済むのだ!
すごいぞ輪かんじき。

この輪かんじきは
私が山登りをしていた頃から使っているもの。
去年、古道具店で岩手の輪かんじきを見つけ
手に入れました。
まだ縄を付けられていなくて使えずにいるのだけれど・・・。
箕についで
桶正が大好きな民具の一つ輪かんじき。
各地のものを集めています。
いろんな形があってとてもおもしろいのです。

今年の初めには、甥っ子と輪かんじき作り。
彼は山歩きが好きで
民具や手仕事にもとても興味を持っています。
思いついて取りかかったので、
材料の準備など不十分。
なので納得のいく出来ではなかったけれど、
甥っ子と2人でつくれて楽しかったみたい。
今年はちゃんと準備して、
また一緒につくれたらいいね。

f0035962_11023461.jpg

コーヒーの飲み比べ。
一度に2種類のコーヒーをいれるなんて
普段はしないこと。
でも飲み比べって楽しいね。

f0035962_11024009.jpg
先日のコーヒー講座の時に焙煎したコーヒー豆2種。
同じ生豆を時間もほぼ揃えて焙煎したのだけれど、
やっぱりお味がちがうのだ。
へぇー、おもしろいなー。
f0035962_11023587.jpg
私たちの好みにあった
焙煎の方法を見つけられたら楽しいね。
冬はゆっくりお茶っこタイム。
だからこそ
こんな贅沢な楽しみ方も出来るのだ。
f0035962_11030194.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼はおでんご飯。
土鍋に2つだけ残った茹で卵は晩勺のお供に・・・。
こういうしみったれた感じが結構好きです。

f0035962_11050936.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-13 11:05
<< 正念場 こだわりと言えばこだわり >>