ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
作るって楽しいね。

f0035962_10264745.jpg
洗濯物が、バリッと凍る季節です。
風もあり、乾燥もしているのだから、
よく乾くはずなのだけれど、
凍った洗濯物は簡単に水分を手放さない。
室内に干せば煙の匂い。
煙の匂い、嫌じゃないけどね。
物干しが足りなくなることもしばしばで、
もうひとつ買い足そうかと思いつつも場所とるしなーと。

f0035962_10271518.jpg
f0035962_10310271.jpg
桶正がニギョウを蒸した時には、
使えないツルを選り分けます。
それをもらってU字に整形して干しておくと、
いろんな細工の材料に。
カゴの取っ手にしたり輪かんじきにしたり。
一番利用するのが物干し作り。
こんな単純な物だけど、意外と人気で、
作ってみたいという方も多く、
手作りの材料にもします。
いつもは小さな物干しをつくるのだけれど、
試しに大きなの作ってみました。
使えそうだけど、アハハ、かえって場所とるね。
それでも買ってきたものより、
たとえ不細工でもなんか使っていて楽しいから、
まぁ、いいか。

f0035962_10272233.jpg
冷凍庫の掃除。ブルーベリー、まだまだあるね。
ジャムにしたりケーキにしたり。
ムスメドノに送るようにとケーキは数種類焼きました。
早速お友達と食べたんだって。
冬はオーブンをつけると台所がホワーンと暖かくなって、
なんだか幸せ。
つくづく思うがホント台所仕事が好きだ。
掃除は苦手だけどね。
手土産用に袋へ。クリスマスシールペタッ。
f0035962_10273425.jpg
f0035962_10263915.jpg
f0035962_10263131.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_10265612.jpg
桶正の蒸し蒸し実験は続いております。
今、家の前には様々な樹種の丸太が転がっているので、
実験やり放題。
成功もあれば失敗もあり。
f0035962_10270752.jpg
桜の皮は大成功。
本来は初夏にしか剥けない桜の皮だけれど、
よく蒸すと、いつでも外皮がきれいに剥けることが分かりました。
たまたま冬に伐採された桜の木と出会っても、
いままでみたいに、
皮の向ける季節だったらよかったのに・・・
ともったいながる必要がなくなりました。
まぁ、桜の木を丸ごと蒸すのは大仕事だけどね。
桜の樹皮をもらって、小さなポットマット作りました。
桶正の実験の恩恵を一番受けているのは私ですな。
実験万歳!
f0035962_10274148.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2017-12-04 10:31
<< 冬支度、急がなきゃ! 小さな旅 >>