ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
ゴクン ゴクン
すっかりご無沙汰しております。クラフトフェアーまつもとに出店した後、二週間ほど横浜の実家に帰省しておりました。とある事情で人手が必要になった為、馳せ参じたというわけです。大した手助けにはならなかったと思うけれど、いつも助けられてばかりなので、こうした形ででも、少しづつ恩返しができればいいなーと思っています。なぁんて、そんな大げさなことではないのですけれど・・・。

さて、さて、たいまぐらもすっかり初夏の装い。まぶしい日差しにも夏を感じます。
そ・れ・に・し・て・も、この乾燥! 畑の土もカラカラに乾ききって、土もサラサラに。縦横無尽に根をはり、通常なら簡単には抜けないスギナやシバさえも、サラサラの土にはしがみついていられないのか、驚く程簡単に抜ける始末。それはそれでいいのですが、草を取るたびに立ち上る土ぼこりのすごいこと。こんなに乾燥しているのは見たことがありません。

・・・と、ここまでは昨日の話。昨夜ひっさしぶりに雨がふりました。6月に入って初めての降雨。夜半に雨音で目が覚めました。バラバラバラバラ・・・屋根を打つ雨音はかなりの勢い。「あ~、よかった!」寝ぼけつつもホッと胸をなでおろしました。ゴクンゴクンゴクン、木々が、草が、そして畑の野菜たちが、おいしそうに水を吸い上げている音まで聞こえるような気持ちがしました。「よかったね。おいしいね。」とても嬉しい気持ちになって、またまた眠りにつきました。

f0035962_1154837.jpg
f0035962_11543058.jpg今朝の空気はしっとりと潤って、そしてそしてとっても甘い香りに満ちていました。今、満開のハリエンジュが、雨の影響か、益々濃厚な香りをはなっているからです。次には野ばらが、そしてその次にはマダが、よい香りを放ってくれることでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_1155229.jpg先日、ミータンが死にました。捨て猫だったミータン。最初は情けをかけるつもりで飼いはじめたけれど、いえいえミータンは私たちにとってはお恵みでした。ミータンが我が家に来てくれたことに心から感謝しています。ミータンにも何度も何度も「ありがとう」と伝えました。大往生だったのではないでしょうか。とても満足気な顔で旅立ちました。正宏さんがつくった棺桶に、たくさんのお花と一緒に納め、仕事場のすぐ近くに埋葬しました。畑に行く時に、仕事場に行く時に、一日に何度もお墓のそばを通ります。その度にミータンに話しかけています。時折くーちゃんがお墓のそばでゴロンと横になっています。なんとなく嬉しい・・・これからもずっと猫と一緒に暮らしていくと思います。でもミータンはずーっと、特別な猫です。天国に行ったら、香りがご馳走なのだとか・・・。このハリエンジュの香りもきっとミータンは味わっていることでしょう。
たくさんの方に応援していただいて、可愛がっていただきました。皆さんありがとうございました。
f0035962_11554296.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2013-06-15 11:40
<< 人それぞれに好きなもの 日に日に・・・ >>