ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
器えらびも十人十色
料理も好きだけれど、出来上がった料理を器に盛りつける瞬間もとても好きです。ほとんどの場合、調理しながら「あの器に盛ろう」と心は決まっています。盛り付けた結果、器と料理が引き立て合って、とてもおいしそうに見えたときは、ヤッターと心の中で小さなガッツポーズ。

器を見て、「あ~、この器にはこんな料理を盛ったらおいしそうだろうな・・・」と器に触発されることもしばしば。

時に、母や友人がきて、何か食器取って!と頼み、思いがけない器ほ手渡されることも。でもアレ、この器にこの料理も結構いいね・・・。ということもある。そういうのもとてもおもしろいなーと思います。
この料理を、あの人だったらどんな器にどんな風に盛り付けるのだろうか。と考えるのも楽しい。そういう企画を誰かしてくれませんか?盛り付けや器選びには個性がでるから、とってもおもしろいなーと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_9122228.jpg

f0035962_9123742.jpgさて、ご紹介がすっかり遅くなりました。私も大変お世話になっている、まちの編集室から「いわてのうるし」という本が発行されました。是非手にとっていただきたい一冊です。私もちょこーっと参加させていただいています。

f0035962_914323.jpg

f0035962_9142119.jpgそしてもう一冊。民藝の教科書の第三弾「木と漆」で、桶正をご紹介いただいています。こちらも是非ご覧くださいませ。
[PR]
by chihoa3 | 2012-12-16 09:16
<< 籠城猫 簡単で難しいのが「適当」です。 >>