ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
ピリッ シャキッ
f0035962_85135.jpg
肌をさすような冷気。
いよいよ冬将軍さまのお出ましです。
ピリッとしてシャキッとした、こんな冬の空気が好き・・・。
駆け込める暖かな家があってのことだと思いますが。

f0035962_8511576.jpg













さて、たくさんの大根。煮物や漬物にしてせっせと食べています。おいしいですよね。大根って。
f0035962_857298.jpg

f0035962_857234.jpg今日は数本を凍み大根に。ありがたいことに?!大きな寒のゆるみはもうないでしょうから、安心して作業が開始できます。皮をむいて柔らかく茹で、ヒモに通します。ザルの上において一晩外においておけば、カッチカチに凍ります。それから竿に下げて寒風にさらします。夜間と日中の気温差、そして乾いた北風で、次第に干されて、しまいにはカサカサからからと音がたつほどに乾きます。

煮汁をたっぷりと含むおいしい食材、凍み大根。「冬の寒さもお恵みだ」今は天国にいるおばあちゃんの言葉を思い出しつつ今年も作りました。おいしくできますように。
f0035962_8574976.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

陶工のM君 Aちゃんにお願いしていた品が届きました!想像以上の可愛らしさ。胸キュンです(古いぞ!この言い回し)。グフフグフフグフフ。嬉しくて笑いがとまりません。お二人に心より感謝です。
「ありがとぉー!!」

f0035962_975298.jpg
f0035962_98746.jpg









さて、これなんだか分かりますか?あ~でも今はまだ秘密なのです。次回(と言っても、はるか先の春のことですが)のひめくりさんでのお茶会でつかう予定です。どうぞお楽しみに♡ 
f0035962_994543.jpg
グフフグフフグフフ。この子たちもいるんですぅ。うれしぃ~♡

ちっちゃいものが大好き。風景などを見ていても、大きな景観より先ず、足元の細々した世界に目がいく・・・。それは昔からのことです。
小学生の頃、姉と二人で九州の叔母のところに旅行しました。叔母がアチコチつれて歩いてくれたのですけれど、「阿蘇に連れて行っても、風景を見ずに、足元の草花ばかりみているんだもの・・・ちほは」というのが語り草になったほど。叔母ちゃんゴメン。今も、写真の大半はそういう小さなものばかり。そういうタイプなのでしょう・・・。

と前置きが長くなりました。

先日も、ちっちゃな額縁から素敵な世界をのぞいてきました。
木羊日さんの展示会にて・・・。
Yさん、そしてYさんのお嬢さんであるAさんは、同じ旧川井村に住んでいます。最初、彼女のお母さんとお知り合いになりました。私がたいまぐらに移住したばかりの頃、まだ小学生だったAさんが、今は素敵な作品を作る作家さんになっているのです。
お母さんの作品もとても素敵。そしてAさんの作品もまた本当に素敵で、私は大ファンなのです。
先日の展示会の日は寒波が到来し降雪の予報も出ていました。普段なら、そんな日は、盛岡に出かけるのはやめるのですけれど、とうしても拝見したくて出かけることに。ゆっくりゆっくり車を走らせて・・・。
f0035962_9325873.jpg

アクセサリーはほとんどつけないいけれど、Aさんのブローチやネックレスは、身を飾るというより素敵な世界への扉をそっとしのばせるような気持ちで、いつも身につけています。木に彫刻をし、そして彩色をして作られているのです。すごいっ!

f0035962_9364638.jpgこの本の形のネックレスもお気に入り。先日の幼稚園でのコンサートにもしていったのですが、子どもたちが興味深深で、中には必死で本を開こうとする子も。こ、こ、壊れるとヒヤヒヤしつつ苦し紛れにこう話しました。「この本には魔法がかかっているの。ホラッ表紙にお星さまの絵が描いてあるでしょ。夜にならないと開かない魔法がかかっているのよ」と。神妙に聞き大きくうなづいた子どもたち。ウフフ。ほんと子どもって可愛いです。
f0035962_93737.jpg
でも以来、本当にそんな気がしています。いつの夜か、ふっと魔法がとけて、本がふわりとひらくんじゃないか・・・って。そうだったら嬉しいな。この彫刻の細かいこと!あ~たまりません。

Aさんの作品を拝見した後、必ず読みたくなるのが安房直子さんのお話し。こちらもまた大好きな世界。読むたびに益々好きな気持ちが増えて、よんでいてちょっと苦しくなります。
f0035962_9402289.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_9423924.jpgさてさて、暮しの手帖掲載のミトン。編みこみ模様にとりくむ前に、先ず縞々模様で挑戦。思っていたより簡単でビックリ。帽子作りのときもおもったけれど、「きっと難しいにちがいない」と決め付けて遠ざけるのはよくないなー、と反省。次はいよいよ編みこみに挑戦しようかと・・・。ガンバルゾー。
[PR]
by chihoa3 | 2011-12-14 09:28
<< しばらくお待ちください! めんこぉ~い♡ >>