ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
町づくり、家づくり
昨日は宮古市田老地区に出かけてきました。避難所となっている多目的ホール内のプレイコーナーの設えをしに・・・。
前回出かけた際、おもちゃや絵本それにマンガがたくさん届いているものの、ゴチャゴチャとして煩雑な状態になっているのがとても気になりました。
とてもとてもお忙しいのですから、そこまで手が回らないのは最もな話なのです。
もともと、保育室の設えが大好きで得意でしたから「これは!私の出番だ!」と勝手にはりきった私。で、隣人のNさんとTちゃんと一緒にでかけたという訳です。

避難されている友人のYさんと相談をし、そこで遊んでいる子どもたちにも意見を聞いてからとりかかりました。

幼児が喜びそうな絵本と、少年マンガの雑誌などがゴチャゴチャと混ざってその辺に積み重ねられていたり、トランプやパズル、クレヨンなどもバラバラな状態で箱に突っ込まれていました。ゴミもかなり散らかっています。その状態を改善するには先ずは区分けが必要と、早速作業を始めました。中学生ぐらいのお兄さんのコーナーと、お姉さんのコーナー。幼児のコーナー、と小学生のコーナーとを区切ることに。

↓は幼児向けのコーナーのAfter写真です。
f0035962_11332013.jpg
いくつかあったカラーボックスと、ダンボール箱で作った本箱、それに、避難している方たちの目隠しとして使われているダンボールの仕切りも分けていただいて、コーナーを区切りました。
そして、それぞれの年代に適した本やおもちゃを整理して箱にいれ(Nさん大活躍!!)、それぞれのコーナーに置きました。ただそれだけで、随分すっきりした感じに。
f0035962_11335889.jpg

更に、ちょっとおめかし。もっていった布をテーブルクロスにし、結とつくった折り紙の切り絵をペタペタと貼り(小学二年生のTちゃんが大活躍しました♡)、ぬいぐるみも並べました。

早速二才の子どもさんをつれたお母さんや、赤ちゃんをつれたお母さんが来てくれて、絵本を読んだり、お絵描きをしたり。こうして、親子連れがプレイコーナーで過ごすことで、プレイコーナー全体の雰囲気もよくなっていくのではないでしょうか。

f0035962_1134762.jpg


お兄さんたちはウロウロされたり、「一緒に運んでくれる?」なんて手伝わされてうるさかったかもしれませんね。ゴメンネ。


でも・・・
また時々でかける予定。少しでも楽しく過ごせるように、お手伝いをしたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一日、プレイコーナーで過ごしてあることに気がつきました。
ずっとレゴブロックで遊んでいる女の子たちがいたのです。小学校高学年から中学生ぐらいでしょうか。熱中しているというわけではないのですが、お友達としゃべったり、時々マンガをめくったりしつつも、数人の仲間たちで、何か共通の空間を造っている様子でした。
Yさんに「町を作っているみたいなのよ」といわれ、あらためてそっと見てみると、たしかに町並らしきものが出来上がっています。
「ここは台所なのだ」
「こっちは学校ね」
なんていう声も、もれ聞こえてきます。
町や家を失った彼女たち。こうしてブロックをしながら、気持ちをなぐさめたり、癒しているのかもしれません。憶測ですが、そう感じました。こういう遊びをすることはとても大切なのではないでしょうか。

レゴブロックは数が少なく、また、女の子たちのコーナーにのみ置かれています。女の子たちからは「女子と男子を分けて欲しい」というはっきりとした要望がありましたから、今ある少ないブロックを共有するのはちょっと無理そうです。でも、多分男の子たちも、レゴブロックがあったなら、同じように町を作ったり、学校をつくったりするのではないでしょうか。
レゴブロックコーナーを設けて、そこにたくさんのブロックを置き、やりたい子たちが共同で町を作ったりする。そういう遊びが発展したらとてもいいのではないかと思ったのです。
Yさんも同意してくれました。

というわけで、突然ですが、これからしばらくはブロックの寄付を募りたいと思います。ブロックと言いましても種類がたくさんあります。我がままを申すようですが、今回はレゴブロックに限らせていただきます。お子さんが使っていたものでもちろん結構です。ケースなどなくてもちろん結構です。ご寄付いただけるレゴブロックがありましたら、以下の住所まで送っていただくことを切望します。どうぞよろしくお願いいたします。
また、今回は、他の品は申し訳ないのですがお断りします。これまでに本に同封して下さった品々がまだ手元にたくさんあります。本当に我がままをもうして心苦しいのですが、どうぞご了承ください。
送り先は、
028-2421
岩手県宮古市江繋5-101-1
安部智穂
0193-78-2730です。
できましたら郵パックでお願いします。
[PR]
by chihoa3 | 2011-04-23 11:48
<< 春は紅 ところがどっこい! >>