ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
毎日すこしづつ
毎日、
出来れば毎日、
何か一つ道具の手入れをするように心がけています。

シンプルライフとは程遠い「もの」にあふれた暮しをしている私。
でも、言い訳になりますが、
「もの」といっても、
どれもこれもとても大切な道具ばかりなのです。

数年前からは、シンプルを求めるのはもう諦めました。
シンプルというのはどうも性に合わないと、やっとわかったからです。
ただ、こう肝に命じています。
愛着を感じない「もの」は増やすまい。
生活に、もしくは心のうるおいに、必要な「もの」以外は増やすまい、と。

さてさて、話をもとにもどしましょう。
昨日は、写真の竹カゴを磨きました。
f0035962_9414626.jpg

外にでて、ササラという道具で、目の間のほこりを飛ばします。裏返し、ポンポンと叩いて、間につまっているほこりもしっかりと飛ばしたら、今度は亀の子たわしで磨きます。力はいれず、でも隅々まで丁寧に亀の子たわしでこすります。その後、手のひらに伸ばした椿油を薄く薄くぬり、手ぬぐいでからぶきをして終了。ほんの十数分の作業ですが、ほんのりとした艶が増しとてもきれいになるんですよ。
全ての竹かごにこの手入れがむいているわけではありませんが、水にぬらすカゴ以外は、ほぼこの方法で手入れをしています。掃除用の道具はまとめて一つのカゴにいれておき、すぐにとりかかれるようにしています。
数え上げたら、100以上はカゴやザルをもっているので、なかなか全てに手入れはいき届きませんが、だからこそ、まとめてするのではなく、毎日すこしづつ手入れをしています。

f0035962_9424451.jpg
今日は木の道具を磨きました。
盛り皿やお盆、スプーンなどなど、アチコチにおいている木の道具を集めて「さぁ、開始!」です。
盛り皿やお盆は、普段は、使った後さっと乾拭きするだけ。でもたまに丁寧に手入れをするように心がけています。
先ず硬く絞った布巾で丁寧に汚れをふきとります。木目につまったものなどは、乾いた亀の子たわしで優しくこすって落とします。きれいになり、湿気もしっかり乾いたら、手の平に伸ばした食用のoil(私は椿油やクルミ油、グレープシードオイル等を用いています。)を丁寧にすりこみます。薄く薄く丁寧にすりこんだら、最後に手ぬぐいで乾拭きして終了。とてもきれいになりますよ。
おまけに、oilマッサージの効果があるのか、私の手もなんとなくホカホカしてシットリするのです。

きれいになった道具に囲まれてニッコリ♡
あ~、幸せ。
そしてつくづく思うのでした。
シンプルに暮すことには憧れるけれど、
やっぱり私には無理だなぁ・・・ってね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先日の、ちっちゃな卵。
いただきました。
中身も当然ながら・・・「ちっちゃ!!!」
f0035962_958972.jpg

右はちゃぼの卵。
[PR]
by chihoa3 | 2011-03-10 09:54
<< おーい! ち、ち、ちっちゃい・・・ >>