ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
いつまで続くかわかりませんが。
先日、断捨離という言葉をはじめて知りました。
NHKのクローズアップ現代で取り上げられていたのです。

巷では話題になっていたそうですね。
そう知ってみると、
確かに本屋さんでも断捨離についての本が何冊も平積みにされています。

「断捨離か・・・」

本を読んだわけでもないし、
知っていることといえば先の番組で知りえた情報のみ。
ですから「断捨離」宣言をするのはおこがましいのですが、
時期も時期。
一日一断捨離を実行することにしました。

手始めに取り掛かったのは、
最近、散らかり方が最も目に余っていた脱衣所。
タオルや靴下や下着などは、あきらかに必要以上の数が押し込まれています。
かなりくたびれた品もまだなんとか使えるからとしまいこんでいましたが、
心を鬼にしてそういう品々は処分しました。
そしてからっぽにした棚に、必要な数だけをしまいました。
半分ほどの品数になったのではないかしら。
随分とすっきりしました。

以来、
今日は小器具の入っているこの引き出し。
今日は、文房具の入っているこの引き出し。
というように、すこしづつ一日一断捨離を実行しています。
小さい引き出しの片付けなら、一時間もかければ済んでしまいます。
そして労力以上の気持ちよさが得られるものです。

無理はしない。
数を減らすことだけを目的にしない。
暮らしを見直しつつ、
その品が自分に必要なものなのかを考える行為が大切なのですよね。

何時まで続くかわかりませんが、
楽しめる限り、一日一断捨離を実行したいなーと思っています。


寝間の押入れも大変な状況に・・・・。
でもあそこを断捨離するにはかなりの熱意と体力が必要だと思う。
もうしばらく、機が熟すのを待とうと思っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_1034331.jpg今年初の甘酒を仕込みました。餅米と麹だけで驚きの甘さ。今回は温度管理がよかったようで、いつも以上に「甘っ!!!」すごいなー。麹って。

ショウガの絞り汁などをいれてそのままでもいただきますが、中華まんの皮や漬けものの素にと活躍する甘酒。冬の楽しみの一つ。
[PR]
by chihoa3 | 2010-12-21 10:35
<< もう いくつ寝ると・・・ 限定メニュー >>