ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
チャボを探せ!
風も穏やかな小春日和。
チャボを冬の家にお引越しさせました。
冬の家といっても、母屋の横に置いたケージです。毛布で囲いをし、簡単な風よけを施しただけのもの。「ここで大丈夫でしょうかね?」となんとなく心配そうな二羽。真冬になったらハッポウスチロールで囲ってあげるからねと言い聞かせました。
明日から寒くなるらしい。積雪はまだまだ当分先でしょうが、早めに冬の家に慣れてもらおうと思います。
とはいえ、日中は外に放し飼い。パタパタと飛び出したと思ったら、トコトコと迷いなく進んで、正宏さんの仕事場わきの桑の木の下で気持ちよさそうに日向ぼっこをはじめました。
「さぁ、どこにいるかわかります?」
f0035962_12282691.jpg

f0035962_12284981.jpg「はい、ここです」気持ちよさそぉ~♡
そういえば、初春も、この場所で日向ぼっこをしていたのだっけ。キツネにやられて今はなき母さん鳥も一緒だったね、春は・・・。


夏の家は畑の真ん中に立つ小屋。お気に入りの場所で土浴びをするのが日課でした。これからしばらくは枯葉浴びが日課になりそうだね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_12291996.jpg縁側で、先日漬けた青菜漬けの様子をみていたら、ジージーという鳴き声が聞こえてきました。みるとすぐ横の樺の木の枝に一羽のヤマガラがとまっています。「おーよしよし、きたか、きたか」とつぶやきつつ、軒下に吊るしたバードフィーダーにヒマワリの種を入れました。部屋にひっこみ、しばらく様子をうかがっていると・・・来ました!来ました!ヤマガラが飛んできて早速ヒマワリの種をついばんでいきます。大胆な子。すぐに味をしめて、見ている間だけでも何回もやってきました。一羽来だすと、すぐに森に噂がひろまって、沢山のカラたちが訪ねて来るようになります。冬が終わるまで、ずぅっとなんですよ・・・。今度、街にでたらひまわりの種を買ってこなくっちゃね。「しょーがないなー」と言いつつ、なんとなく心がウキウキとしてくるのでした。f0035962_12293611.jpg













ところで、このこたちは何時引越しをさせようか。
f0035962_12295520.jpg


f0035962_12301740.jpg
咲かずに終わってしまいそうなバラの蕾たち・・・。
[PR]
by chihoa3 | 2010-11-13 12:35
<< 心踊ること よろしくね 冬 >>