ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
大切なお友達
早池峰山の向こう側。旧大迫町に住むおじいちゃん三人組。折々にふらりと遊びに来てくれます。
今日も三人揃って遊びに来てくれました。

手には苗木の入った袋。「柿渋をつくりたいから豆柿の苗が欲しいなぁー」と話していたのを思い出し、庭から三本ほりあげてきてくださったとのこと。「うれしぃー」。いつもありがとうございます。
皆さん山暮らしの達人です。柿渋の作り方はもちろん、ここぞとばかりにアレコレと質問攻め。今日もいろいろと教えていただきました。

f0035962_163375.jpg

干していた朴の葉をみて懐かしそうに思い出話も始まりました。昔は豆腐を買いに行くと朴の葉に包んでくれたそうです。焼餅や、おむすび等を包むのにも利用。この時期に沢山拾って干しておいたもんだ。そんな話、こんな話をたくさん聞かせてくれました。
数年前から、私もこの時期に200枚ほど拾って干しています。もっぱらお皿として利用。今年は朴葉焼きにも挑戦したいなぁーなんてことを話したら、嬉しそうにウンウンとうなづきながら聞いてくれました。
朴葉の話題だけで30分は話せちゃう!こんな素敵なお友達(大先輩に失礼かもしれませんが・・・)がいることに感謝です。

我が家にある猫ちぐらは最高齢のおじいちゃんが作ってくれたもの。木に詳しいおじいちゃんは、お母さんが作ってくれたという手作りの麻(麻から手作りなんですよ!)のシャツを着ています。豆柿を掘ってきてくれたおじいちゃんはキノコとりの名人です。

次に会えるのは春かな? 皆さんその日までどうぞどうぞお元気で。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


秋深まりつつ・・・
f0035962_1684961.jpgf0035962_169252.jpg


f0035962_1692036.jpgf0035962_1693148.jpg
[PR]
by chihoa3 | 2010-10-13 16:11
<< 今日の発見 好きな理由 >>