ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
いつでも どこでも
ビュービューと吹き荒れる風に雲が流され、
曇り 時々 晴れ 時々 小雨。
めまぐるしいお天気となっています。
午前中にはパラパラと音をたてて霰も降りました。

そろそろお昼。
晴れ間をねらって摘み草へ。
相変わらず雲の動きは早く、
駆け足で灰色の雲が近づいてきます。
今日の雨はとびきりの冷たさ。
濡れたらかないません。

「ほらっ急ごう!」
そう急かす私に、
「でも今日は虹がみられるかもね」
と結。

ちょっとハッとしました。
「・・・・・・・・そうだね」
どんな時でもキラキラを見つけられること。
大切にしようね。
no4.jpg no5.jpg

*******************

今日のお昼は
野草のチヂミ
沢辺で咲いているワサビの花とトウフのサラダ
タケノコのゴマヨゴシ
そしてフキノトウ味噌
no2.jpg
[PR]
# by chihoa3 | 2009-04-26 16:50 | 手作り・食卓 | Comments(0)
春を包みこんで・・・
昨日も
そして今日も寒い。

キャベツやブロッコリーの苗を植えつけるのは、
もう少し先にしよう。
ローズマリーの鉢は、また家の中へ。

南から届いた春の贈りもの。
その贈りもので、
結と二人でおやつを作りました。

d2.jpg
丁寧に丁寧に春を包み込んで・・・
パカッ!
d1.jpg
白玉粉で作ったお餅・白餡・そしてイチゴ
[PR]
# by chihoa3 | 2009-04-25 10:26 | 手作り・食卓 | Comments(0)
次々と・・・
カタクリが満開!
コブシの花も咲きはじめました。
畑仕事もようやく開始です。

畝を覆うようにはびこって、そのまま冬越しをしたハコベ。若葉ばかりか、もう、たくさんの白い花を咲かせています。その瑞々しい若葉が心底「おいしそう!」で、そのまま鋤きこむのが惜しくなり、鍬を投げ出し摘み草をはじめました。そのまま鋤きこめばいい緑肥になるんだけどね・・・。

ハコベを摘みながら畝から畝へ・・・。摘みながら「今日のお昼はチヂミにしよう」と決めました。

朝ご飯を済ませたばかりなのに、もうお昼のことを考えているなんて本当に呆れてしまいます。でも、畑仕事を始めると、つい夢中になって、時間の事など忘れてしまうのですから、「お昼の下準備をしておくにこしたことはないよね」そう自分で自分に言い訳しつつ、まだ一畝も耕していないというのに、一旦家に戻り、お昼の準備をしたのでした。
2009 2 029
小麦粉、上新粉、水、卵、塩、ゴマ油を混ぜ合わせた生地に刻んだ野草を加えます。ハコベだけではなく、畑付近で摘んだヨモギとアサツキとシロツメクサとフキの葉もいれます。香ばしい干し海老も一緒に。混ぜ合わせて半日程おいた方が、野草と生地が馴染んでおいしく焼けますよ。
2009 2 051


さぁ、仕切りなおして再び畑へ!ハコベを摘んだお陰で、心おきなくエイヤッと鍬が打ち込めました。

でも・・・荒起こしをした畝にすきこもうと堆肥を切り崩していたら、カブトムシの幼虫がポロリポロリ。
毎年の事ながら、正直、招かれざるお客の登場に「はぁ・・・」です。だって、幼虫の引越し作戦も
結構手間なのですから。でも仕方ありません・・・。で、またも鍬を投げ出して、引越し作戦に取り掛かったのでした。

畑仕事が遅々として進まないのはこうした訳なのです。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-04-21 12:28 | 手作り・食卓 | Comments(0)
とっとこ とっとこ
みなさん、こんにちは!
すっかりご無沙汰してしまいました。
お元気ですか?
私はとっても元気です。

春休みは旅にでました。
とても楽しかったです。
その報告はまた追って・・・。
5.jpg 6.jpg 4.jpg

さて、
たいまぐらでは、
とっとことっとこ 駆け足で春が進んでいます。
2.jpg
も咲きました。
3.jpg
も咲きました。

そしていよいよ
1.jpg
も咲き始めました。
一年ぶりの再会を喜ぶ日々。
あぁ、忙しい。あぁ、楽しい。

そうそう
雪が溶けて外仕事もスタート。
こちらもなかなか忙しい。
雪囲いを外し、
薪を積みなおし、
窓ガラスを拭き、
畑仕事もボチボチ。
あぁ、腰が痛い。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-04-15 18:11 | 季節の便り | Comments(0)
これも春
昨日の夕方からまた雪が降りはじめました。

今朝はこんな感じです。
11.jpg

空気をたっぷりと含んだ春の雪は、
トロリと粘りがつよく、
本当に生クリームみたい!
どこもかしこもデコレーションされて、
とってもおいしそうな今朝の風景でした。

*************

一年半ぶりに「おとし文」ができました。切手をお預かりしていた皆さん、本当にゴメンナサイ。明日発送します。

読んでみたいと思ってくださった方は、メールでご住所をお知らせください。お送りします。(明日から一週間程メールが見られません。申し訳ないのですが、お返事と発送はその後になります)
[PR]
# by chihoa3 | 2009-03-26 11:48 | 季節の便り | Comments(0)
そこに皮がある限り・・・
フワーンと漂ういい香り。今日も薪ストーブの上で夏みかんの皮をコトコトと煮ています。

今日はピール。
一昨日はマーマレード。
その前はピール。
その前はマーマレード。
その前は・・・・・・・。

「どれだけ作るの?」
と家人が呆れるのももっともだと思う。自分でも、もう随分長いこと作りつづけている気がするもの。でも先日、また夏みかんがたんまりと送られてきたから、まだまだ続くなぁ、多分。夏みかんがある限り・・・。
Op2.jpg
ピールの場合、一鍋で、約100枚ぐらいのピースを煮ます(一枚一枚は小さいのですが)。途中何度か、シロップを絡めながら一枚づつ裏返すのだけれど、その作業を黙々としている私に向かって家人が小声でボソリ・・・。
「ちほは佃煮屋さんとかやったらすごく成功すると思う」
なんで佃煮やねん?
Op1.jpg
出来たピールはいろいろに。刻んでパウンドケーキやクッキーにも入れるけれど、細くスティックに切って、チョコをコーティングして紅茶の供にいただくのが一番好き。
0p3.jpg

当分の間、コメントは承認後の掲載とさせていただきます。いたずらコメントが届くようになってしまった為です。皆さんから届くコメントを楽しみにしているので、こういういたずらはとても残念。掲載にお時間がかかるかもしれませんがご了承ください。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-03-24 15:27 | 手作り・食卓 | Comments(0)
別れは複雑
今のたいまぐらはこんな感じです。
Haru.jpg
暖かさと大雨で、いつにないスピードですすんだ雪どけ。
嬉しいけれど、少し寂しくもある・・・。
というか、あからさまに喜ぶのは悪い気がするのです。
雪に対して。
かれこれ三ヶ月も、一緒に暮らしてきたのですから。

そうそう、
カマクラの屋根もとうとう落ちちゃって、
見るかげもなくなりました。

さっき、
インフルエンザで寝ている結が、
のどが渇いたと起きてきて、
窓越しにかまくらの残骸を見てがっかりしてたっけ。

「別れが寂しいんだって」
雪にそう話しかけてます。

つい先ほどから、また雨が降り出しました。
更にとけちゃうな・・・きっと。

**************

ソファーに新しいカバーを作りました。
草木染めした布のハギレを縫いあわせて・・・。
Haru2.jpg
どことなく初春の野に似た色合い。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-03-22 16:08 | 季節の便り | Comments(0)
いろんな味を混ぜ込んで!
Nちゃんから教わったコンニャク作り。
コンニャク芋は貴重品。
最後の一個になかなか手がだせず、
後生大事に温存しています。

さてコンニャク作りとは・・・
コンニャク芋をよーく洗い、丸ごと茹でます。
kon1.jpg
分量のお水と一緒にミキサーにかけ、
石灰水を入れて形作ります。
茹でてさらしてアクを抜き・・・、
おいしいコンニャクの完成です。
料理というより実験のよう。
とってもマジカルなコンニャク作り。
たっのしぃー。
kon2.jpg
水を張ったボールにプワプワと浮くコンニャク。
水面に青空が写っています。
おいしいたいまぐらの清水に、
澄んだ冬の空気も溶け込んで、
益々おいしいコンニャクになりそう!

******************

moli.jpg
「森の暮らし たいまぐら便り」

アノニマ・スタジオ発行
ご希望の方には発送いたします。 

HP 「ちほの宝箱」
[PR]
# by chihoa3 | 2009-03-01 09:02 | 手作り・食卓 | Comments(0)
育てる喜び
そろそろ味噌を仕込みます。今年は甘めの麦味噌も作ろうかな。もぎたてのキュウリにチョンとつけたらさぞ美味しいでしょうから!
で、昨日初めて麦麹を仕込みました。
と言っても、うまく麹菌が育つかちょっと心配です。米で麹をつくるのと全く同じ方法で仕込みましたし、種麹も米麹なのですから。今のところ、所々うっすらと麹カビが繁殖を始めているのがみてとれます。頑張って育ってね。

我が家は甘酒や漬物、それにお饅頭を作る時など麹をよく利用します。これまでは市販の麹を利用していましたが、今年は友麹作りに挑戦。
市販の麹は、びっしりと麹カビが繁殖し、一体化して板のようになっています。同じように、とはいきませんが、そこそこうまくできるようになりました。例年以上に、麹が大活躍です。

米を蒸し・・・種麹を混ぜ・・・
kouji.jpg kouji2.jpg

麹カビの成長を見守る。
kouji3.jpg

そして4日目。ホワホワの白いカビに覆われた友麹の出来上がり!
kouji4.jpg


麹たっぷりの漬物とか・・・。
kouji5.jpg

*****************************

押し麦での友麹作り 三日目
mugikouji.jpg
結構いい感じ
[PR]
# by chihoa3 | 2009-02-27 21:04 | 手作り・食卓 | Comments(0)
これがあれば安心安心・・・
チクチクチク。カタカタカタ。
午前中はストーブのそばで縫い物三昧。
と、
ボーンボーンとお昼を告げる時計の音。
「あらら、お昼のこと全然考えていませんでした」

おひつにご飯はあるけれど、
冷蔵庫は驚くほど空っぽ。
でも大丈夫。
土間の甕から青菜漬けの古漬けを引っ張り出して、
酢飯をにぎったおむすびをくるりと包みます。
「目張り寿司」という名に負けないように、
おむすびは大きく!
お味噌汁を添えれば、
立派(?)なお昼ご飯の出来上がり。
あ〜、よかった。
mehari.jpg

午後もチクチク、カタカタ。
おやつは甘酒。
朝に仕込んだ甘酒がいい感じにトロりとしています。
結が帰ってきたら、温めていただきましょう。
安心、安心!
だから時計を気にせずに、チクチク、カタカタ。

******************

今年も五月末に
松本で開催される松本クラフトフェアーに参加します。
詳細は後日お知らせします。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-02-26 17:48 | 手作り・食卓 | Comments(0)
霜の不思議
キラキラキラ
tori1.jpg

朝日の中、白い鳥が飛び立っていきます。
tori3.jpg
光にすいこまれていくように、
きえていく白い鳥たち。

窓硝子に描き出される絵。

冬限定のこの展覧会。
しかも!
朝日があたればおしまいです。

今日のタイトルは
たぶん・・・
「北帰航」
[PR]
# by chihoa3 | 2009-02-19 09:02 | 季節の便り | Comments(0)
ほわほわーん 冬のご馳走
この冬は饅頭作りにはまっています。
プレーンな饅頭。金時豆の餡子を入れた饅頭。ココナッツミルクで作ったカスタードクリームを入れた饅頭。そしてやっぱり一番人気の肉餡入り饅頭、etc, 自分で言うのも何ですが、なかなかおいしいく作れるようになりました。

私が子どもだった頃、母が饅頭作りに凝った時期がありました。学校から帰ってきて、家の窓ガラスがうっすら蒸気で曇っていれば、それは饅頭を作っている合図。「ワァーッ」と歓声をあげたものです。
あの母の味が目標です。
今年はなんだかコツがつかめたような気がする・・・。
man.jpg
プレーンな饅頭。
饅頭の主役はなんと言っても皮。朝食にもピッタリ。
man2.jpg
肉餡の饅頭
タマネギをとにかく大量に。タマネギはあらかじめ透きとおるほどに炒めると甘味が増しておいしい。肉汁を閉じ込める役割も果たす春雨は不可欠。キノコやクワイもいれて・・・。お肉は思いのほか少しでも大丈夫。高菜漬けをきざんで入れてもステキッ!
mancoco2.jpg mankoko1.jpg
ココナッツクリームの饅頭
牛乳の半量をココナッツミルクにして作った固めのカスタードクリームを包む。最後にぬるま湯にくぐらせてからココナッツフレークを絡める。そして蒸す。中国茶にも珈琲にも合います。
manan.jpg mankawa.jpg
そして金時豆の餡子入り饅頭。
艶艶ぷっくりの皮の表面がうすーくむけるのは成功の証・・・と誰かに聞いて以来、つい、むいてしまいます。

(なんかすごいボリュームのある写真・・・でしたね)
[PR]
# by chihoa3 | 2009-02-17 17:34 | 手作り・食卓 | Comments(0)
散歩の途中、
マンサクの木を見つけるたびに、
自然と足がとまります。
まだかな?
まだかな?
やっぱりまだかな?
見上げて、見つめて・・・。

そうしてどれほど歩いたでしょう。
あった!咲いていた!
マンサクの花です。
mansaku.jpg
ピロリっとのぞく黄色い花びら。
じっとみつめていたら目が痛くなりました。
首も痛くなりました。
でも、うれしいな。

いろんな春一番があってもいいよね。
「いよいよ春近しです」

さて
午後から、また雪が降りはじめました。
しん、しん、しん。
mansaku2.jpg
でも、春近しです。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-02-15 17:14 | 発見・自然 | Comments(0)
楽しく予防
村内の中学校で、インフルエンザによる学級閉鎖があったようです。思い返せば、去年は家族三人で枕を並べたのでした。今年はひかずに済ませたいものです。

そんな訳で、あれこれ予防に励んでいるこの頃です。

背中がザワザワすれば、ホカロンのように温めたコンニャクを背中にあてます。クシャミが出ればカリンシロップをたっぷりと溶いた紅茶を飲みます。そしてショウガのスライスをお風呂に入れもします。
nade2.jpg
そ・し・て、山梨在住の友人が送ってくれる柚子も大活躍。柚子果汁で作る柚子ネードも、もっちろん風邪予防に効果有りですからね。たっぷりの蜂蜜も入れて頂くその味は、「あ〜、幸せの味」

「今年はインフルエンザにかからないようにしようね」なぁんて言いながら、おいしい柚子ネードをフゥフゥーいただいています。「あー、おいしい!」予防も楽しくね!
kinkan.jpg

こちらも風邪の予防になりそう・・・。Nちゃんから届いた金柑です。木のお皿に山盛りにして。愛でて嬉しい、食べて嬉しい金柑です。
パリッ。独特の皮の歯応えがたまりません!
[PR]
# by chihoa3 | 2009-02-11 17:55 | 手作り・食卓 | Comments(0)
桶屋は橇もひく〜♪
味噌仕込みの季節ですね。我が家も今年は豆を半斗ほど仕込もうかと思っています。

桶正も味噌関連の仕事が続いています。味噌桶はもちろん、先日は、沿岸の麹屋さんから、米を蒸かす際に使う大きなコシキ(桶製の蒸篭のようなもの・・・)のご注文を頂きました。
麹屋さんは今がかきいれ時!なるべく早く作って欲しいとの切なる希望もあり、夜なべ仕事になりました。まーちゃん、ご苦労さまでした。
そうして出来たのが写真の桶です。
oke1.jpg  oke2.jpg
このままお湯の入った大きな鍋にのせ、桶に米を入れます。鍋が沸騰すると、底の丸い穴から蒸気が上がってきて米を蒸すという仕組みです。

さて、先日の大雪で、桶の仕事場は四方を雪に囲まれてしまいました。
通常、大きな桶を運び出すときは、いつも仕事場に車を横付けにするのですが、それも出来ません。う〜むどうしよう・・・。
そこで登場したのが、古い木の橇です。まさか、こんな風に役立つとは!
oke3.jpg
それはそれはよく滑るので、難なく桶を運び出すことが出来ました。あまりにスムーズなので、母屋まで橇のみで運ぶことに。たっのしぃー!
oke4.jpg
とはいえ流石に坂道は辛い・・・。とそこに現れし助っ人。持つべきものは頼りになる娘だねぇー
 oke5.jpg
と思いきや・・・おいおい乗ってどうする!!
[PR]
# by chihoa3 | 2009-02-06 18:07 | 桶正 | Comments(0)
雪の中で・・・
昨夜からサラサラと雪が降り始めました。
今年一番の大雪になりそうです。
まだまだ降り続くらしい・・・。

屋根に降り積った雪が、ミシッという音をたてて割れ、しばらくするとザザッーと音をたてて流れ落ちます。今朝一度雪かきをしたのですが、屋根から落ちてきた雪で、また窓が半分近く埋もれてしまいました。お昼を食べたら、再度雪かきをしなくてはならなさそうです。やれやれ。

結は午前中いっぱいかかって、クレープを作っています。今は、せっせと皮を焼いています。レモン風味のカスタードクリームを、皮にのせ、四角く袱紗包みにします。上にレモンのスライスの蜂蜜づけをのせ、冷蔵庫で休ませれば出来上がりです。
私の母が昔よく作った一品。「昔、ばぁばが、こういうクレープをよく作ってくれたんだよ」と話したら、「今度作ってもらおう!」と言ってました。ばぁば覚悟しておいてね!
三時には、しっとり馴染んでおいしくなっていることでしょう。クレープのおやつを楽しみに、雪かきをすることにしましょう。
ware.jpg
さて、そんな雪の中でも、小鳥たちが足しげく、軒下のバードフィーダーに通ってきます。最近我が家で人気者のゴジュウカラ君もやってきました。
この子、一般のゴジュウカラより動きがのんびりしているのです。のんびりというより、ぼんやりしているといった方がピッタリなぐらい。「大丈夫?」と見ていて心配になります。
でも、なんだかとっても和むんですよね、この子をみていると。
写真は、数日前の様子。バードフィーダーに尻尾を突っ込み、ポケーッとしてすること約五分。時折首をかしげたりはするものの、まるで何か考えことをしているみたいに見えます。
後ろの枝で待ちぼうけを食っているヤマガラ君にしてみれば、いい迷惑でしょうね。
「はやくどいてくれない? ヒマワリの種が取れないんだけれど?」
とブツブツ言っている声が聞えそうです。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-01-31 12:38 | 発見・自然 | Comments(0)
お昼ご飯
家でのんびりと過ごす休日。お昼は、結と一緒に作ることが多くなりました。お料理や裁縫に益々興味が出てきた結。二人で「何作る?」とか言いながら、お料理の本を一緒に眺めるのは幸せな一時です。
negi1.jpg
一昨日の日曜日は、二人でキッシュを作りました。賞味期限の切れかかった(?!)生クリームを冷蔵庫に発見したからです。
タルト型に、薄切りした食パンをしきつめます。1cm程に筒切りした長ネギと、エリンギとしいたけのスライスを炒め、パンの上に広げます。生クリームと牛乳と卵を混ぜ合わせたソースにアサリの水煮を入れ、塩と胡椒とナツメグで味を調えてから型に流し込みます。上にたっぷりととけるチーズをのせ、オーブンで焼くこと20分。コンガリとおいしそうに焼けました。カロリーを考えると恐ろしい・・・。でも、食べ始めたらとってもおいしくて、そんなこと忘れちゃいました。エヘッ。
大きなカットを二切れづつぺロリ。おいしい紅茶と、リンゴケーキもいただいて、大満足のランチになりました。

さて、平日のお昼は・・・もっぱら残り物。
因みに今日のお昼は、冷ご飯を鉄器でコンガリと焼いたもの。切干大根の煮物と沢庵、そして味噌汁。腰掛けるなり、「茶色いねぇー」と正宏さんが一言。「そうですねぇー」と私。平日は大体こんな感じです。
oni1.jpg oni2.jpg

でも、救いは、コンガリと焼けたご飯のおいしさ。
タミさんのパン焼き器というネーミングで売られているこの鉄器は知人からのいただき物。本来は、その名の通り、パンやバターケーキを焼くのに使われます。でも、我が家ではもっぱら焼きご飯器として使っています。もちろんストーブで。仕上げにタラリと醤油をたらしてジュッ。キッシュのような華やかさはないけれど、なかなかおいしゅうございますよ!

**************

冬休み・こぼれ話 vol,2
黒磯のSHOZO CAFÉに行ってきました。那須方面に大好きな温泉があるので、毎年のように出かけているのですが、SHOZO CAFÉに伺ったは初めて。ちょこちょこ噂は聞いていて、行ってみたいと思っていたのですが、なかなか叶わずにいたのに、たまたまいつもと違うルートで行ったら、ヒョイとSHOZO CAF;に出くわしたのです。こういうことってあるんですよねぇー。

とても落ち着ける雰囲気のcafe。併設の雑貨屋さんも、古道具屋さんもいい感じ!でした。古道具屋さんには、本のコーナーもあり、アノニマ・スタジオの本も並んでいました。そして「森の暮らし」も・・・。
旅先でこんな風に出会うと嬉しいものですね。ありがたいなぁー。

でも、写真を一枚も撮らなかったぁ!くぅー残念。黒磯方面に行かれる方は、是非、たっぷりと時間をとって、ゆっくり訪ねてみてくださいね。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-01-27 14:47 | 手作り・食卓 | Comments(0)
なくてならないもの
「やっぱり雪がなくっちゃね!冬には」
ようやく完成したカマクラを満足そうに眺めながら結が言いました。ホッペが透きとおるほど真っ赤です。私も同じように感じていると、まるで疑っていないような、その口ぶり。返事さえ期待していません。その素直な単純さが、とても愛しい・・・。

年を重ねるほどに、思考は複雑になって、『こたえ』は単純にひきだせなくなります。あんな雪。こんな雪。いろんな雪が浮かんでは消え、消えては浮かび・・・。そうして、ようやく「そうだね」とこたえたら、結は(なんのこと)とキョトンとしました。「だからさぁ、やっぱり雪がなくっちゃね!冬には、ってこと」といったら、(あぁ、そのことか)というように軽くうなづきました。その『間』にちょっと戸惑いながら・・・。
kama.jpg
夕方、そのカマクラにロウソクを灯しました。「ホォーッ」その様子にしばし見とれた後、今度は私から・・・「やっぱり雪がなくっちゃね!冬には」
kama2.jpg

****************

去年に続いて今年も、結が版画カレンダーを作ってくれました。
yui ca
[PR]
# by chihoa3 | 2009-01-23 15:03 | 手作り・食卓 | Comments(0)
反省もしつつ・・・「ようこそ!」
とうとう、帰ってきました。たいまぐら。
部屋に入ると懐かしい煙の匂い。
旅も楽しいけれど、帰ってくるのも嬉しいなぁ。
「ただいまぁー!」

さて、それからの二日間は、アレコレと片付けに終始しました。ダンボール箱を1つだけ送ってスタートした横浜での冬休み。な、の、に、玄関先には特大のダンボール箱が4つ、ドンドンドンドン。
ふぅーむ。
毎回毎回「なんでこんなに増えちゃうの!」と首を傾げたくなります。荷解きすれば、一目瞭然なんですけどね。

この店でしか買えない食材やお茶たち。
日暮里の問屋でまたしても買い込んだリネン。
冬の日本海満喫旅のお土産いろいろ。
あったら便利だろうなー、とつい買ってしまった道具たちや、同じくあったら暖かいだろうなー、とつい買い込んでしまった靴下やパッチ。
そしてたくさんの本たち・・・。
よく考えてセレクトしているつもりなのですが、
ちりもつもればなんとやらで、
上京の度にこうして物が増えていくのでした。

そんなアレコレに「居場所」を作ってやるのは至難の業。でも、ダダダーっとエプロンを数枚縫ったり、
薄くなった靴下でせっせと靴磨きをしたりして、なんとか隙間を作り出しようやく全て収めることができました。

h2.jpg
さて、そんな新しい仲間の中に少し目立つ子がいます。正宏さんに「まぶしいね」と言われたその子は、真っ赤な琺瑯の鍋。琺瑯を買いに行った際、つい衝動的に買ってしまったこの子。お店ではそれほど目立たなかったのに、原色の物があまりない我が家にあっては「あ〜ら、まっかか!」とにかく目立ちます。でも、たまにはいいね。特に冬には・・・。
早速シチューを煮たり、リンゴを煮たり。
活躍しています。H12.jpg


***************

冬休み こぼれ話 vol,1

福井県に行ってきました。
何度か「通る」ことはあったけれど「行く」のは初めてかも・・・
と、道中で気がつきました。
ザブーンと荒々しく打ち寄せるのは「これぞ日本海」。
フワフワと舞う潮の華。
リアス式海岸に沈む夕焼け。
芯まで温まる温泉と水羊羹。
そして蟹。
f2.jpg f.jpg f3.jpg
私の中でぼんやりとしていた福井県が、
パシッとピントが合ったように感じられました。
もちろん旅で出会うのは、ほんの一面にすぎないのでしょうけれど。
でも、やっぱり旅っていいですね。
[PR]
# by chihoa3 | 2009-01-22 10:07 | Comments(0)
寒中お見舞い申し上げます
松の内もとうに過ぎ、
新年のご挨拶もせぬまま、15日になってしまいました。
遅ればせながら・・・
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2009年が、健やかな一日一日によって紡がれていきますように。
2009 1 106 2009 1 194
    ありがたく・・・/冬の日本海

しかし、新年早々、辛いニュースが多く聞かれます。
その都度、憤慨したり、心痛めたり・・・。
私の礎は、
家族や友人たちとはもちろん、
国や世界とも繋がっていることを改めて実感します。

世界を構成しているのは、やはり一人一人ですから、
一人ひとりの礎が健やかであるのはとても大切ですよね。
もしどこかで危うさが生じても、
それぞれがお互いに補い合える構造が構築されていくよう願わずにはいられません。
理想論とわかりつつ・・・でも心からそう願います。

****************

さて、年末から横浜の実家に来ています。
なんと、ほぼ一ヶ月間の滞在です。
のんびりさせてもらいました。
楽しませてもらいました。
旅もしました。
18日に岩手に戻ったら、
パソコン環境も通常に戻りますので、
ブログにて随時紹介していきたいなーと思っています。

ブログ「たいまぐら便り」も、
今年こそは!ドシドシ???更新していきたいと思ってます。
(毎年言ってないか?と自分で自分に突っ込みをいれたくなりますが・・・)
今年もどうぞお付き合いをよろしくお願いいたします!!
[PR]
# by chihoa3 | 2009-01-15 10:58 | Comments(0)