ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ミシンカタカタ

f0035962_10043815.jpg
あ~、やっちまったぁ。
今日は、
桶正が桶作りにつかう竹釘を作ろうと、
決めていたのだけれどなぁー。
昨夜から作り始めた縫物が気になって、...
やっぱりミシンに走ってしまった。
桶正よ、許してくれ。
明日こそ必ず作りますぞ・・・。

縫物が大好き。
始めると中断ができない。
結果、家の中は散らかるし、
家事も滞ってしまう。
毎回反省するのだけれどね。

f0035962_10044741.jpg
うん、結構いいかも。
ウールで作ったから背中も暖かいし、
袖なしなので、
重ね着しても腕も動かしやすい。
定番になりそうです。
エヘッ

ウール生地を縫うのは本当に久しぶり。
自由学園の生徒だった頃、
ウールのコートを作りかけ挫折したの。
縫物をしていると必ず学園のことを思い出す。
あんなに苦手だったのに、縫物が・・・と。...
苦手だっからこそ、
少しづつの上達が嬉しいし、
作ったものを着れる喜びもひとしおなのかもなーと思う。
苦手であることは、
だからある意味エネルギー。
学園生活はとても厳しくて、
自分の未熟さを嫌というほど味わった。
それでも支えてくれる友達がいたし、
創立者の思想もあって、
苦手なものともちゃんと向き合うことができたのだと思う
卒業してから、もう何年も経つけれど、
あの頃向き合った苦手なことを、
今も一つ一つ好きなことにかえる作業は続いていて、
それはとても楽しいこと。
縫物をすると、
あらためて学園への感謝の気持ちが湧いてきます。
自由学園
https://www.jiyu.ac.jp/

f0035962_10081709.jpg

なんかクリスマスっぽいので、ここ最近、手土産やら贈り物用やらに、このケーキをよく焼いています。
「たいまぐらのおやつ」に掲載しているリンゴケーキのリンゴを、冷凍ブルーベリーに替え、上にクラム代わりの砕いたクッキーをのせて焼いています。
仕上げに刻んだナッツをのせ、グラスロワイヤルをたっぷり。
是非作ってみてください。
このリンゴのケーキは、様々な果物で作ってほしいレシピです。...
バナナでもグレープフルーツでもおいしいよぉー。
f0035962_10045059.jpg
最近気に入っている、ココナッツとショウガとレモンのロッククッキー。ガリガリシャクシャク。歯ごたえも楽しい
f0035962_10042691.jpg

「たいまぐらのおやつ」は
↓こちらでも購入可能でしゅ。
http://tekuri.net/森の食卓たいまぐらのおやつ/





[PR]
by chihoa3 | 2017-12-11 10:07 | Comments(0)
暮らしを積み重ねて

f0035962_10041214.jpg
で、で、でけた。
でも、やっぱりすごく難しい。
昨夜は途中でギブアップ。
午前中一番に仕上げました。
気になって家事が手に着かないからね。...
そうして四苦八苦して
なんとか綴じ付けたけれど・・・、
う~む、む、む、む、む。

f0035962_10041726.jpg
密に編んだカゴの縁まきの場合、
縦ヒゴに割るように穴をあけ、
その穴に縁まき用のヒゴを通さなければならない。
やはりきれいに仕上げるのは至難の技です。。
あらためて職人さんの作ったカゴを見ると、
ただ、ただ、感嘆するばかり。
経験をつむって、本当にすごいことだ。
ということを、
「つくづく感じただけでも作った意味はある」
ということにしよう・・・。トホホ。
f0035962_10042114.jpg
でも折角なので使いますよん。
さてさて、使用に耐えるでしょうか??

あー、まだまだ桶正実験の産物や副産物がいっぱい。
でも、そろそろ腕の痛みがひどくなりそうだから、
夜な夜なの民芸道はしばしお休みにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そして始めるのはミシンカタカタ。
ウール生地で
何かよい普段着を作れないかと常々思っていたのだけれど、
少し昔の『暮らしの手帖」によい型紙が掲載されていたの。
ちょっとコレ、作ってみようかなー。

冬の夜は長いのです。
手仕事いろいろ、楽しいね。

f0035962_10043214.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2017-12-10 10:14 | Comments(0)
やりたいことがありすぎて・・・

11月末から寒かったせいか、
早くも寒さに体が馴染んできている。
今朝も、今季最高に寒かったらしいが、
「そぉう?」という感じ。
もちろん寒いは寒いのだけれどね。


f0035962_10001156.jpg
豆柿の木に取り残した実、ポツリポツリ。
寒風にさらされて干し柿みたいに。
ほんのり渋さが残るものの鄙びた味わい。

f0035962_09535277.jpg
今日は、猫ベッドにクウちゃんとキナコ。
仲良くお手手を重ねているね。
猫が仲良くしているのを見ると、
心底ホッコリして暖かくなる。

・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_10015086.jpg
夜なべ仕事。
昨夜は小さなカゴを。
桶正が箕を作ろうと栗の内皮をとりました。
その残りの外
皮を使って編み編み。
乾くとバリバリになってしまうの。
分かっているけれど、
捨てるのも忍びなく、もったいなく

カゴに。
銀杏を入れようと思う。
多分2,3年しかもた
ないと思うけれどね。

眠かったからね、雑デス。
f0035962_10015705.jpg
今晩の手仕事は初挑戦の丸く浅いザルの縁編み。
あ~、絶対に上手くいかないと思う。
f0035962_10020485.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2017-12-09 09:59 | Comments(0)
冬支度、急がなきゃ!

f0035962_09515106.jpg
気温はそこそこ低いけれど、風のない一日。
冬の寒さは風次第、みたいなところがあるから、
こんな無風の日は外仕事がはかどります。
今日は、朝から冬支度の追い込み。
先ずは薪割り。...


除雪の際、邪魔になるような場所に積んだ分だけは、
なんとしても片付けなければならなかったから。
ホッ!終了。

薪、いろんな樹種があり、燃やすのが楽しみ。
どんな火力かな?
どんな香りかな?
パチパチはぜるの?
等々。...
一口に薪と言っても、
樹種によって様々です。
オレンジ色のはハンノキ。
私たち的には、
ハンノキはあまり歓迎しない薪でした。
でも、山の達人てあるKさんが、
ハンノキは薪ランクで2位だ!
と言ってたと聞いて、
俄然、楽しみになりました。
何でも、灰が残りにくく、
きれいさっぱり燃えるらしい。
ほぉー。
そういう視点で見たことがなかった。
燃やすのはまだ先ですが、
とても楽しみです。

おそらく20種類以上の樹種が
ありますぞぉー。
ハンノキ
ケヤキ
サクラ
トチ
ハルニレ
サワクルミ
オニクルミ
ブナ
マカバ
クリ
ヤナギ
ナラ
ヨグソミネバリ
アサダ
ホオ
アカマツ
イタヤカエデ
クマシデ
ハウチワカエデ
ドロノキ
シラカバ
等々

手付かずの薪の山は来春に・・・。

今、桶正は除雪機のオイル交換しています。
さて、今年の降雪はどれぐらいになるのかな?

f0035962_09583363.jpg
午前中、めいっぱい働いて、
お昼はジャジャーン。
大阪の親戚から届いた551の豚まん!
中国茶を淹れ、
野沢菜と煮花豆も添えて。
あ~幸せのお昼。
551の豚まん、最高!...

野沢菜、いい感じに漬かってます。
まいなちポリポリ。
やっぱり漬物っていいね。
って、年のせい??


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_09515814.jpg
私は、午後は味噌桶の整理。
中途半端になっている味噌をまとめて、
今年仕込む味噌をいれるための桶を空けなければ。
今我が家で使っている味噌桶は5個。
去年新調したクルミの味噌桶は
まだ口空けしてないのですが、
(奥真ん中)
そろそろ味見してみようか?
楽しみです。

今年は早くも外水道が凍ってしまったので、
桶を洗ったり、
は湧き水のマチ船でしなくてはなりません。
ヤレヤレです。

冬支度を進めながら
心も少しづつ冬へヨーイ、ドン!

・・・・・・・・・・・・・・

5日は免許の更新をすませ、一路一戸へ。
どうしても見たかったアスファルト展へ。
縄文時代にアスファルトは
重要な接着剤として利用されていたのです。
天然のアスファルトを精製して、
矢じりや、漁具などの接着や防水に使ったり、
土偶の修理にも使ってたんだって。
興味深い展示でしたが、
疑問は深まるばかり・・・。
今度は是非アスファルト研究会の方がいらっしゃる時に
伺いたいデス。
質問攻めにしちゃいそう。
縄文時代ってやっぱりすごい!!

f0035962_09534539.jpg
道々、産直によりつつ。
知人から一戸の産直でカヤの実が売っていたと聞き、
半信半疑で行ってみたらありました!買いました!
そしてまたまた、売場の方とカヤの木談義。
どんだけ榧の木が好きなんだ、私たち。
春ぐらいまでのカヤの実をGET。
もう、ローストしたカヤの実をかけないサラダなんて
考えられないぐらい、
とても気に入っている私たちです。


f0035962_09525877.jpg
久しぶりに玉山でお昼時に。
で、支所前食堂に数年ぶりに行きました。
駐車場に着いた途端、すごいニンニクの香り。
ボリューム満点でしたが、
とてもおいしかった。
なんかスタミナついたどぉー。
身体ポカポカ。
f0035962_09532386.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2017-12-07 09:51 | Comments(0)
作るって楽しいね。

f0035962_10264745.jpg
洗濯物が、バリッと凍る季節です。
風もあり、乾燥もしているのだから、
よく乾くはずなのだけれど、
凍った洗濯物は簡単に水分を手放さない。
室内に干せば煙の匂い。
煙の匂い、嫌じゃないけどね。
物干しが足りなくなることもしばしばで、
もうひとつ買い足そうかと思いつつも場所とるしなーと。

f0035962_10271518.jpg
f0035962_10310271.jpg
桶正がニギョウを蒸した時には、
使えないツルを選り分けます。
それをもらってU字に整形して干しておくと、
いろんな細工の材料に。
カゴの取っ手にしたり輪かんじきにしたり。
一番利用するのが物干し作り。
こんな単純な物だけど、意外と人気で、
作ってみたいという方も多く、
手作りの材料にもします。
いつもは小さな物干しをつくるのだけれど、
試しに大きなの作ってみました。
使えそうだけど、アハハ、かえって場所とるね。
それでも買ってきたものより、
たとえ不細工でもなんか使っていて楽しいから、
まぁ、いいか。

f0035962_10272233.jpg
冷凍庫の掃除。ブルーベリー、まだまだあるね。
ジャムにしたりケーキにしたり。
ムスメドノに送るようにとケーキは数種類焼きました。
早速お友達と食べたんだって。
冬はオーブンをつけると台所がホワーンと暖かくなって、
なんだか幸せ。
つくづく思うがホント台所仕事が好きだ。
掃除は苦手だけどね。
手土産用に袋へ。クリスマスシールペタッ。
f0035962_10273425.jpg
f0035962_10263915.jpg
f0035962_10263131.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_10265612.jpg
桶正の蒸し蒸し実験は続いております。
今、家の前には様々な樹種の丸太が転がっているので、
実験やり放題。
成功もあれば失敗もあり。
f0035962_10270752.jpg
桜の皮は大成功。
本来は初夏にしか剥けない桜の皮だけれど、
よく蒸すと、いつでも外皮がきれいに剥けることが分かりました。
たまたま冬に伐採された桜の木と出会っても、
いままでみたいに、
皮の向ける季節だったらよかったのに・・・
ともったいながる必要がなくなりました。
まぁ、桜の木を丸ごと蒸すのは大仕事だけどね。
桜の樹皮をもらって、小さなポットマット作りました。
桶正の実験の恩恵を一番受けているのは私ですな。
実験万歳!
f0035962_10274148.jpg


[PR]
by chihoa3 | 2017-12-04 10:31 | Comments(0)