「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
冬 はじまりはじまり~
f0035962_911339.jpg
f0035962_9121651.jpg
今朝も冷えました。
霜柱シャリシャリ。
いくつになっても
楽しいな。
歩きにくくても
霜柱Roadを選択してしまいます。
お供する猫たちは迷惑そう・・・。
肉球冷たいもんね。
ゴメン
ゴメン。


f0035962_9204623.jpg

干し柿作ったよ。去年は、干し柿作った後、妙にぽっかりと暖かくて、心配で何度も焼酎の霧を吹きかけました。今年は幸い(?)連日寒いので、よい感じに干されています。そろそろモミモミしようかな。

f0035962_9174560.jpgf0035962_917573.jpg皮をむいて、ヒモにくくりつけて、熱湯消毒して、袋へ。焼酎をまぶして半日。その後風通しの良い場所に吊るします。
おいしくなーれ。

******************************

f0035962_925269.jpg昨日のおやつに作った胡桃餅。大阪で差し入れてもらった堺名物芥子餅&ニッキ餅。ニッキ餅に胡桃いれたらもっとおいしくなるなぁーと。
f0035962_9251687.jpg

おいしくできました。でももっと胡桃いれてもいいかも。胡桃大好き!!ムキムキホジホジ大変だけど・・・ね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

数日前の散歩の時・・・。
畑をトボトボと子タヌキが歩いていました。やせ細り、皮膚病にもかかっているみたい。「あの子は多分冬を越せないね」その小さな後ろ姿を見ながらせつなくなりました。猫たちもなんだか心配そうに見送っています。
柿の皮を畑にポイッ。いつもより少しだけ厚めに皮をむいて。なんの足しにもならないと思うけれど。もちろん甘柿の皮デス。
冬がくるね。
f0035962_9123188.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2016-11-28 09:14 | Comments(0)
寝る前の家
今朝も、朝食後は家の片付から開始。なんだかんだ、2時間以上かかってしまいました。
冬になると、夕食後はほとんど動かなくなってしまいます。台所はすっかり寒くなってしまうから、洗い物もそのまま流しに・・・。昨日はヘトヘトで、這うように寝間に行ったから、コタツの布団さえ、抜け殻のようにクッチャリとなってました。流石にびといぞ!これは!と自分に戒めつつ、片付れをしました。
自由学園に在学していた5年間は寮で共同生活をしていました。その時のルールに「寝る前の家」というのがありました。寝る前に、家の中をきちんと片づけてから休もうというルールです。
寝る前の家をちゃんと片づけていたら、朝のキラキラした時間を、きもちよくスタートさせられます。昨日の後片付けから始める1日、というのはやっぱりもったいないですものね。
そうは分かっていても、特に冬になると、寝る前の家はゴッチャゴチャ。はぁ~、ちょっと反省です。
f0035962_1025498.jpg

昨日のおやつは柿タルト。欲を出してイチヂクものせたら、なんだかすごい見た目になっちゃった。タルト作りは盛り付けも楽しいね!
f0035962_1031036.jpg


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

f0035962_1032477.jpg大阪からの帰路、吉野へ。その他にもちょこっと寄り道。
学園の卒業旅行は京都と奈良。その時、特に印象にのこった2か所へ。岡野弘彦先生とご一緒した当麻寺。そして念願かなって桶正と一緒に秋篠寺の伎芸天もお参りしました。
宇陀では摩訶不思議なお菓子をGET。
f0035962_1033737.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2016-11-24 10:04 | Comments(0)
ただいまぁ~
f0035962_12212379.jpg
f0035962_12213777.jpg大阪の陣から帰ってきました。山形でゆっくりしたこともあり、長い旅になりました。帰宅すると、森はもうすっかり冬枯れていました。でも今日はぽっかりと暖かい。ありがとうありがとう。旅の片付がはかどります。荷物を片づけたり、洗濯物と格闘したり、猫たちの楽園になっていた家の中も大掃除。まだ道半ばですが、ちょっと一休みでパソコンの前に座っています。
4年ぶりに関西方面に出向いたので、吉野へも。普段お世話になっている吉野の皆さんにお会いすることができました。お忙しいところ、あたたかく出迎えてくださって「ありがとうございました」。桶正がこうして桶屋として暮らしていられるのも、よい材料を仕入れてくださる皆さんのおかげです。皆さんにお会いして、素敵な職人さんたちに支えられていることをあらためてしみじみとおもったのでした。あ~、行けてよかったなー!

f0035962_12232478.jpgお邪魔したにも関わらず、吉野の大好きなおいしいものをたくさん頂戴しました。ほんとっすみませんっ!
こんなにたくさんの柿の葉寿司。ずえいたくぅー。晩にありがたくいただきました。柿の葉寿司大好き!
f0035962_12253819.jpg
そして柿柿柿ぃーっ。それはそれは見事な柿をたくさんいただいて、ホックホクの私なのでした。こんな大きな柿、見たことない!という品ぞろい。道中疲れても、荷台につまれた柿の箱をみればニコッとできたほど。帰宅して早速いただいたらシャクッとして甘くて最高。柿、やっぱり大好きです。
左のは途中しいれた渋柿。片付けおわったら干し柿つくるどぉー。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

5月のクラフトフェアーまつもとに始まり、大阪灯しびとの集いまで、今年は6か所のクラフトフェアーに出店させていただきました。運営スタッフの皆さま、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
移動中の車内。下段に桶他荷物。そしてなんと上段が我々の寝台。これはこれで、なかなか居心地がいい??
f0035962_1226398.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2016-11-20 12:26 | Comments(0)
ご利用は計画的に
今年は寒くなるのが早い・・・。雪だってもう舞ったし・・・。
等とアレコレ言い訳をしながら、10月末にコタツを出してしまった私。
魔のスペース。夕食後、ほぼ動かなくなってしまいます。コタツを出すと。
でも、とまたまた言い訳しつつ、そうなったらいろいろと手仕事がはかどるのでした。たまっていた繕い物をしたり、編み物をしたり。コタツに入りながら、編み編み、チクチク。楽しいです。桶正は大きくため息をついているが・・・。

f0035962_12334993.jpg昨晩は、樺の皮、ネーベルで編み編み。先日、森君に切ってもらった樺の木から剥いだ皮です。カゴやら何やらを編んだ際に、切り落とした短いネーベル。それでももったいなくて捨てられずに貯めこんでいたものを利用しました。石畳編みは短いものも継ぎながら利用できるので、こんな時にとても重宝な編み方です。鍋敷きでも作ろうか・・・と編み始めたのですが、少し編み進めて、「あっ」と思いつきました。そうして作ったのがコチラ。なんだか分かりますか?
f0035962_1234171.jpg

ちょうどカーテンをとめる帯のヒモ部分が切れてしまい、繕おうと思っていたのです。でも、編んでいる内に、石畳編みしたネーベルでつくれるのではないかと・・・。ちょうどよい長さに編み、補強等の意味もこめて裏側にアケビツルを差し込みました。ひっかけるのもこのアケビを利用してみよう。そして今朝、カーテンをあけて早速はめてみたら、なかなか可愛いかも!!使用に耐えるのか、しばらく使ってみないと分かりませんが、しばにく様子をみて、使えそうなら、他の帯も取り換えようかな~。短くなったネーベルがまた宝物に見えてきました。
f0035962_12341927.jpg

どの木を切るかを決めるのは、いつも梅雨時です。その時期は、樹皮を剥ぐのに適しているからです。木を切るのは、葉が落ちて雪が積もる前のこの時期です。でも、どうしても切り倒すなら、使えるものは大事に利用したいと思う。結果、そんな流れになります。すべての木の樹皮が使えるわけではありませんけれど・・・。今回切った9本の木はカラマツと赤松を除いて樹皮を剥ぎました。その樹皮で、アレコレ暮らしの道具を作って楽しんでいます。自己満足かもしれないけれど、そうして無駄なく使いたいと思う。

周囲でもこれから伐採のシーズンが始まります。切る理由は様々でしょぅけれど、もし、その森が切られると早めにわかっていたら、森からもっといらんな恵みをもらえるのではないかと、いっつも悔しい思いをします。樹皮だけではなく、山椒の木の実生を掘り起こして移植することだってできるかもしれないし、クロモジの枝を集めておくことだってできる。そういう情報交換がもっとできたらいいのになぁーと思います。
利用は計画的に。なんだかよく聞くキャッチコピーですが、森だってそうだよなぁーと思うのですが・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

f0035962_12352974.jpg昨晩はこちらもチクチク。
「暮らしの手帖」最新号に載っていた毛糸での繕い方法。なぁ~る。で早速やってみました。キノコのような形のそれ専用の木製の道具があるらしいが、ピンポン玉などでもよいと書かれている。それらしいものはないか、とグルッと家を見まわして、目にとまったのがヒョウタン。育てたヒョウタンで作った、これ茶こしです。家族から匂いがヤダと却下されていた品。なかなか使いやすいぞ。第二の人生コレにきまりだヒョウタン君。
[PR]
by chihoa3 | 2016-11-08 12:35 | Comments(0)
ポキポキ ほきほき
寒くなってきたので、お風呂を沸かし始める時間を少し早めました。
お風呂を沸かす薪は、先日切り倒したハリエンジュの枝を使います。
春先に種皮を剥いでおいたので(箕作りの材料にします)、もう木は大方枯れて乾いています。枝先などはポキポキと簡単に手折ることができます。昨日は写真のカゴ2杯でお風呂が沸きました。11月はすくなくとも、この枝だけでお風呂に入れそうです。

f0035962_15324662.jpg
『枯れ枝ほきほき折るによし』
尾崎放哉の俳句を思い出しながら。
この句はきっととてもさみしい心持ちを詠ったのだと思う。
私は、ただただ、手に伝わってくる感覚を楽しみつつ、ほきほき。
f0035962_1533599.jpg


facebookを始めました。投稿がらくなこともあり、ブログよりFBへの投稿が多くなりつつあります。今後もブログは続けていきますが、もしFBも御覧頂ける方は是非そちらもどうぞお付き合いくださいませ。
https://www.facebook.com/taimagurachiho
[PR]
by chihoa3 | 2016-11-06 15:33 | Comments(0)
冬ごもりの準備 いろいろ
f0035962_11331464.jpg昨夜からの雨があがりました。気温もポワンと高い。久しぶりにたっぷり森歩き。リースの材料も集めてきました。
結がいたころは毎年一緒に作っていたね。
先日のお料理会に参加してくださった笑顔のとっても可愛らしいKさんが、『リースにしよう』とアケビのツルで土台作り。うんうん、そういう時期だよね。
私もなんだか久しぶりに、クリスマス飾りを作りたくなりました。

f0035962_11345533.jpgツルと針葉樹、そして苔等で土台作り。彩を考えながら木の実を挿していく工程も楽しいけれど、このグリーンベースを作っている時の爽やかな香りがたまりません。針葉樹の香り。身体がきれいになるような気がする・・・。
f0035962_1135234.jpg

シンプルなものと、ちょっとモリモリのリースを作りました。シンプルなものは玄関脇の壁に。モリモリリースはちょっと重たいから置いて飾ろうかな。先日のお料理会に参加くださった宮古のOさん。今年のお料理会最多参加で4回ご参加くださいました。いつもお庭からいろんな草木を摘んで来てくださいます。今回は、お友達のお庭からいただいてきたという、立派な椿の実とハンカチノキの実。少しリースにも挿してみました。椿の葉が意外に可愛い!のでびっくり。Oさんありがとうございました。
f0035962_11354352.jpg


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

f0035962_11373729.jpg
昨日は、ここ数年、気がかりに思っていたことが解決しました!
畑周りや家周りの木が、気が付いたらとても大きくなっていて、とても自分たちでは伐採できないほどにそだってしまいました。結果日当たりがとても悪くなってしまいました。畑の1/4は日中ほぼ日陰になってしまうので、ここ数年は全く作付できない状態でした。家のためにも、やはりある程度の日照時間は必要です。
木の達人森君に相談したところ「俺、切りますよ」と思いがけない言葉。ツリークライマーである森君は、大工でもありますが、最近は、手に負えなくなった木の手入れをするお仕事もされているそうです。ヤッホー。本当に??
f0035962_11382352.jpgそして昨日、1日かけて、計9本の大木を倒木してくれました。なんだか空が広くなった気がする。あ~、本当にありがとうございました。
「本当は木を切り倒すのは好まない・・・。切り倒さないで済むように、こまめに手入れをするといいよ」とご指南いただきました。本当にそうだね。そんな森君ですから、木を切り倒す前に、9本の木すべてにお清めのお酒とお塩をそなえてくれました。今回切ってもらった9本の木に対して、ここ数年、厄介者のように思っていた私。でもよく考えてみたら、それぞれの木にやっぱり思い出もあるのです。森君がお清めをしてくれたお蔭で、私もそんな思いでを思い返し、あらためて手を合わせることができました。森君に切ってもらえて本当によかった。心から感謝です。
それにしてもスゴイ技術。写真の木↑はそれでもまだ低い方なんですよ。もーっと大木も見事に安全に切り倒してくれました。切った木はもちろん薪にします。枝はお風呂の焚きつけに。大事に利用させてもらうね。
f0035962_11385443.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2016-11-05 11:42 | Comments(2)
週末が楽しみ
この時期は特に、週末ごとに楽しみなイベントが開催されます。間もなく冬がきて、お出かけもままならなくなると思うと、ちょっと無理してでも出かけようと思う・・・。結果毎週のようにお出かけの私。この時期、特に忙しい桶正。ホント、ゴメンナサイです。
f0035962_1004491.jpg

先週末は北上で開催されていた町分マルシェ&東和で開催されていたアート&クラフトへ。
どちらの会場でもたくさんの方にお会いできました!それぞれ個性的なイベント。ある意味対照的な雰囲気なので、はしごするのにとてもよかったです。10人ぐらいの友人と、「あっ」と両会場でバッタリ。ぐふふ、同じコースですね、と。本当に盛りだくさんの週末になりました。

f0035962_9523032.jpg

f0035962_953253.jpg町分マルシェではたくさんの「おいしい」をGet!広々とした芝生で皆さんのびのび過ごされていてうらやましくなりました。イベントに足を運ぶと、つい運営視線でも見てしまう・・・。本当に気持ちよく楽しませていただきました。スタッフの皆さんありがとう!
今朝は大好きな菊池牧場のソーセージと岩本農園さんの菜っ葉でサンドウィッチ。レナさんのジャムはなんとサルナシ! 和み農園さんの生落花生もおいしかったなー。

f0035962_952775.jpg
さてさて、夕飯はちゃんと作らなきゃ、と早めに帰宅。朝はすっぽり雲に隠れていた早池峰山山頂が、帰宅時にはすっきりと晴れ渡っていて、そしてやっぱり白くなってました。まだ山頂付近のみの積雪のようですが、とうとうです。きたきたきたぞー。冬へのカウントダウン開始です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

f0035962_9534029.jpg木の実や草の実が少なくなってきたのでしょうか。餌代にくる鳥たちの数が増えてきました。中には窓ガラスにぶつかるコも。慌てて、今年もガラスに麦わら細工を吊るしました。ぶつからないように気を付けてね。
そしてこの時期、家のすぐ近くで頻繁にみかけるようになるミソサザイ。小さな小さな茶色い小鳥てせす。イソップ童話にもでてくるミソサザイ。どんな鳥かしら、と小さな頃図鑑を開いたものです。今は、春先には美しい声で春の訪れを告げてくれますし、この時期には、家の周りをチョコチョコ飛び回って、冬が近いと教えてくれます。ツンとそりあがった可愛いしっぽ。茶色の羽も目をこらすととてもきれいです。
これからの季節は、鳥たちが一番の近しい隣人になります。冬もよろしくね!
f0035962_9542388.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2016-11-01 09:56 | Comments(0)