ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
贅沢な春の過ごし方
f0035962_9524264.jpg久しぶりにひんやりとした朝。迷ったけれどストーブに火をいれました。「夏みかんのピール(夏みかんの皮のシロップ煮)を仕上げたいし、ワラビのアク抜きにたっぷりのお湯も必要だし。」心の中で言い訳みたいに理由をつぶやいてから着火。5月の下旬にストーブをつけることが、なんとなく後ろめたくて、ついアレコレ言い訳を考えてしまいます。実際には6月になったってストーブに火をいれることはあるのに・・・。薪に火がうつったとたんにポワーン。温もりに包まれます。あ~気持ちがいい。「5月下旬にストーブをつけたっていいんだよね!」またまた言い訳がましくつぶやく私です。

f0035962_953833.jpg
昨日は半日畑仕事に精を出しました。ここ10日間ほど、お出かけやら来客やら、アレやらコレやらで楽しくもちょっとパタパタしていたので、畑はすっかり放ったらかし。
草取りをし間引きをし、豆類の支柱を立てました。写真は手前からルッコラ・春菊・パクチョイ・レタス・サラダ菜です。草を抜き間引きをしてあげたら「あーすっきりした」という声が聞こえたような??
f0035962_955325.jpg今年は早々と鹿が畑に出没。まだ食べられる野菜はないのだけれど、でもムンズムンズと、畝も何も構わず歩き回られるのは迷惑至極。で、スズランテープで畑をグルッと囲みました。効果があるといいのですけれど・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_1041972.jpg半日かがんで畑仕事をしたせいか、昨夜は何度も腰がいたくて目が覚めました。で、今日はちょっとのんびり家仕事。折角ストーブもつけたんだし!!

f0035962_1053718.jpg朝、我が家ではパンを蒸していただいています。パンをトーストするのはたまぁ~に。正宏さんはフカフカモチモのパンが大好きなのです。手製の少し堅いパンも、蒸していただくと、とってもふんわりするしね。
さて、その際に使う蒸籠を乗せる小さな中華鍋。その中華鍋をのせる藁性の輪っか状の鍋敷きが随分煤けていて、そろそろ変えたいなと思っていました。で、おもいついて、アケビのツルで作ってみました。1時間ほど水につけたアケビツルをストーブにあたりながらクルクルキュッキュ、そして完成。なんとか使えるかな。
このアケビのツルは、10年近く前に、湯田町に住む知人Yさんから頂いたもの。驚く程たくさんのツルをいただいて、ずっと大切に使ってきました。ちゃんと乾燥させて保存すればこんなに長持ちするものなのですね。まだまだたっぷり残っています。これからも大切に使わせていただきますね。Yさん・・・お元気かなぁー。
f0035962_1055571.jpg


春なのに、ストーブにあたりながら、ちょっとした手づくり時間。おやつを食べながら・・・。もしかしたらこれって贅沢な春の過ごし方??

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


f0035962_1095559.jpg
ワラビシーズン、とうとうスタート! シャクッ、トロッ、ウマッ♡
[PR]
by chihoa3 | 2015-05-21 10:12 | Comments(2)
いつも通りのありがたさと、変化の楽しさ
すーっかりのご無沙汰です。
皆さんおかわりありませんか?

季節はぐんぐんとすすみ、その為か、今年はいつも以上に時が早く流れていくような気がします。ゆっくり楽しみたいのにな・・・。気ぜわしい春です。
たいまぐらに移り住んで21年。季節の巡り具合は、大凡見当が付くようになってきました。「この時期はあそこに行けばこの花が咲く。そしてこの花が種になる頃には、あっちではあの山菜が芽吹く。」というように。でも、今年は、予想もつかないスピードで季節は進みました。なんだか不安なものですね。ちょっと、ちょっと、ちょっと待ってよ。そんな気持ちです。
f0035962_921185.jpg
「もしかして今年はもう?」と思い、いつもより少し早めに、シラネアオイの咲く谷に出かけました。案の定、見事に咲いていました!・・・が、今年は本当に数が少ない。というか、ここ数年、年々少なくなっていて、今年は本当にわずかしか見つかりませんでした。初めてこの谷でたくさんのシラネアオイを発見したときは(それはそれは感動しました!)、もう少し森が明るかったような気がします。あれから10年以上。木々は茂って、谷はいつも薄暗くなりました。そんなことも影響しているのかもしれませんね。
でもこういうことはわりとよくあることです。例えこの谷から消えてしまっても、きっとお気に入りの(生育に適した)谷をみつけて、そこでたくさんのシラネアオイが、密かに、そして見事に群生していることでしょう。そんな谷と、またばったり出会えるかもしれないな・・・。
秘密の花園は、いつまでも秘密という魅力をまといつづけているのです。

変化と言えば、先日掲載したフルタ池。ガマガエルがたくさんいたあの池も、実は数年前まではニリンソウが群生するとてもロマンチックな場所でした。ところがある年、鹿に「ココはピッタリだ!」と見つかって、沼田場(ヌタバ)にされてしまいました。チョロチョロと水が湧いているので、ドロを浴びるには最高ですからね。沼田場とは、動物が泥を浴びる場所です。そうして泥を浴びることで、毛についた寄生虫などを落としたり予防したりする効果があるそうです。森を歩いているとよくそんな場所を見つけます。さぁ、そうして、ニリンソウのお花畑は一変泥が露出した池となりました。でも、シカの沼田場になったことで、フルタさんが産卵場所として愛用するようになったのです。そんな変化を見るのも、なかなか楽しいものです。10年後にはまた違う姿を見せてくれるかもしれないな。楽しみです。

さて、話がアチコチいきますが、シラネアオイの花が見頃なこの時期に、同じ谷でいつもシドケという山菜を摘みます。シラネアオイの花見の後は決まってシドケ摘みです。シャキシャキとした歯ごたえと山菜らしい風味。最高!
f0035962_922450.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_9382585.jpg

f0035962_9384788.jpg


八重桜とヨモギをたくさん摘んで、八重桜の花は塩漬けとシバ漬け風に。ヨモギは草団子に。草団子大大大好きです。今年もたくさん作るぞー。

この日のおやつはゴマおはぎ。
去年作った八重桜の花の塩漬けをトッピング。
f0035962_9405214.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お知らせをいくつか・・・

☆彡今年も長野県松本市で開催されるクラフトフェアーまつもとに参加させていただきます。クラフトフェアーまつもとの前は毎年のことなのですが、いつも穏やかな桶正の人相がキリリッと険しいものにかわるほど、今年もせっせと仕事をしています。一生懸命準備していますので、たくさんの桶を見ていただけるかと思います。是非お出かけください。そしていらした時は是非声をかけてくださいね。
※その後の野外イベントの予定も次々決まりつつあります。6月は新潟の三条クラフトフェアーへ。7月は青森のA-lineに参加します。また追ってご案内いたしま~す。

☆彡「私の蔵書票展」in仙台 Jギャラリー 6月19日~28日
こちらもまだ少し先のお話ですが・・・。お知らせします。
盛岡市の紙町銅版画工房さんのお仲間に入れていただいて、私も蔵書票を製作しました。初めての蔵書票作り。とーっても楽しかったです。Iさんに感謝!
7月14日より、盛久ギャラリーさんで開催される紙町銅版画工房展で、上記「私の蔵書票展」の巡回展示があるそうです。

そして、今日と明日は、モリブロ公会堂イベントですね。私は明日行く予定デス。う~ん、楽しみです。
[PR]
by chihoa3 | 2015-05-16 09:22 | Comments(2)