ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
身近な「奇跡」
f0035962_9431410.jpg
カタクリがドッと咲きはじめました。
ルンルンルン。
なんてことのない、普通ぅ~の道路脇の土手ですが、
この時期だけは、
そこは特別な場所となり、散歩の目的地にもなります。
理由は簡単。
カタクリがたくさん咲くから・・・。

と、カタクリの花にまざって、
茶色く枯れたギンリョウソウの朔果がアチコチに。
えっ、ココにこんなにギンリョウソウが咲くんだ!
「初夏になったら、また必ずこようね」
と、正宏さんとうなづきあいました。
なんてことのない、普通ぅ~のこの土手が、
春だけではなく、初夏も特別な場所になりそうです。

f0035962_922356.jpg




時には
お母さんに
抱っこされるニャー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_925311.jpg
(きゃー、虫が嫌いな方はゴメンナサイ!)

アッチ、コッチでツチハンミョウをみかける季節です。
ピカピカのメタリックブルー。
初春の枯野ではとてもよく目立ちます。
猛毒をもっているツチハンミョウ。
こうして目立つことで身を守っているのでしょうね。

子どもの頃読んだ、ファーブル昆虫記。
たいまぐらで初めてこの摩訶不思議な虫を見たときは嬉しかった。
心の中で
「お~、君があのツチハンミョウ!!!!! 」と歓声をあげました。
図書館で昆虫記を借りてきて、
久しぶりに読み返しもしました。

ピカピカに光るメタリツクブルー。
その輝きが、私には奇跡の輝きに見えちゃう。
君がここにいるのは、本当に奇跡だよ!

羽が退化し(ファーブルが記しているように、洗って縮んでしまった燕尾服を着ているように見えますよね、本当に!)、飛べないツチハンミョウ。こうして時々、草や枝によじ登っている姿をみかけます。恋人はいないかと、見わたしているのかな? それとも、何か匂いを発していて、遠くに飛ばそうとしているのかしら? 
[PR]
by chihoa3 | 2012-04-27 09:06 | Comments(4)
歩くの大好き
f0035962_9375479.jpgf0035962_936576.jpg
ようやく

コレやら

アレやらが

ポッポッポッ

嬉しいな。



森を歩けば福寿草も花ざかり。キラリキラキラリ。お日様のような花です
f0035962_940636.jpg

f0035962_9401514.jpg



森の中は、今とても明るい・・・
f0035962_9432779.jpg


f0035962_944632.jpg散歩が大好きなのはこの子も。
興奮するのか、緊張するのか、シッポをフワーッと膨らませつつ、それでもちっちゃな足で一生懸命ついてきます。

「春の匂いがするの?」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、散歩のあとは散髪です。
カレコレ18年間、ずっと正宏さんの髪は私が切ってきました。どうせ伸びるもんね、と、失敗を恐れずチョキチョキチョキ。結構上手になってきました。(と思う・・・・、多分・・・。)

散髪をすると、いつも思い出す笑い話があります。
10年以上前のことです。

f0035962_1073437.jpg今日は、寒いので室内でしましたが、暖かい日は外に椅子を持ち出してチョキチョキチョキ。その日も外でチョキチョキしていました。散髪をおえ、上半身裸になった正宏さんの背中を箒でパンパンパンとはいていたら(もちろん毛を取るためです。一応書き添えておきますが・・・)ふと視線をかんじたのです。目をやると、郵便配達のおばさんが目をまんまるにして立っていたのでした。当時は、局員さんてではなく、一般の方が委託され配達に来てくださっていたのですが、そのおばさんが有名なおしゃべりさんで・・・トホホノホ。案の定、山に来た嫁っこが旦那を箒でたたいていたとの話を、ある方が聞いたそうで、後日「こんなこと言ってたわよ」とご親切にも耳打ちしてくれたのでした。
まっ、事実ですからね。
今も箒でパンパンしてるし、本人も気持ちいいよ、なんて言ってるし。
今となってはよい思い出話です。
アハハハハ。
今心配しているのは、年をとった私が、散髪をしていて、うっかり耳を切り落としちゃうんじゃないかってこと。旦那の耳を切り落としたら、こりゃー噂どころじゃすまないもんね。
f0035962_10858.jpg

最近はこの小さな箒で、奥ゆかしくはいています。
[PR]
by chihoa3 | 2012-04-24 10:05 | Comments(2)
心おきなく
ここ数日「うすら寒い」たいまぐら。
火の気がないとなんとなく淋しく、
結局一日中薪ストーブを焚いています。
さむいのだから仕方がないのですけれど、
なんとなく「薪がもったいないなぁー」と思う。
そんな、心の居心地の悪さ、を払拭するために、
マーマレードを煮ることにしました。
実家の庭で実った夏みかん。
まだ20個ほど加工せずに残っていたからです。
一応天気予報をチェック。
週末まで気温は低いみたい・・・
ヨシヨシ、シメシメ。
今度はそんな風に思うのですから、
人間とは、気の持ちようで、どちらにも転ぶ生き物です。
えっ? あなたは特別だって? う~ん確かに。

f0035962_9355265.jpg


f0035962_9373298.jpgf0035962_9394341.jpg皮は数回茹でこぼし、水にさらして食べやすく下処理。果肉がたくさん入っているとおいしいのでせっせとムキムキ。ペクチンたっぷりの種は取り分けておき、別鍋で煮てトロトロのペクチンを抽出。それらとお砂糖をあわせてコトコトコト。

f0035962_939258.jpg





熱々のうちにビンにつめ、結手作りのハンコを押したラベルをペタリペタリ。

f0035962_9384836.jpg

お土産用に、ちっちゃなビンにもたくさんつめました。
部屋の中は暖かく、そしていい香り♡
今年は春が遅いけれど、そんなこんなの工夫をして、楽しく過ごしたいものです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、一枚目の写真を見てみてください。ミースケミータン福の神、通称ミータンが、鍋を覗き込んでおるのが分かりますか? マーマレードの出来に関心があるわけではないのですが、最近は、ストーブの上で煮炊きをしていると、こうして必ず中身をチェック。魚など煮ていようものなら・・・・・。

最近、ミータンの食欲は、尋常ならざるものがあります。
以前から食いしん坊ではありました。私たちが食事をしていると、必ず、脇にちょこんと座り、ジーッ。「クレクレおくれビーム」を目から発射させつつ・・・。それでも分をわきまえていて、食卓に乗ったりなど決してしなかったものです。
ところが、最近は、食べていると膝にのってくるは、食卓にはのるは、やりたい放題。コラッとしかっても、なかなか言うことを聞きません。しまいにはストーブの上の鍋から、チョンとおかずを吊り上げてムシャムシャ。一枚目の写真で鍋を覗き込んでいるのは、そういう訳なのです。猫舌といいますけれど、手はかなり熱くてもさわれるものらしい。先日は、焼きたてのピザの上をムンズムンズと歩いても平然としていました。ハァー。そうそう、数日前にはこんなことも。夜中にガシャーンと音がするので行ってみると、器の蓋が床で粉々になっていました。そして、テーブル上では、蓋ものの器に盛っていた小魚の佃煮を、ミータンがたべていたのでした。なんか、ちょっと怖かったです。うす暗がりの中でその姿を見たときは。

カリカリの猫餌が嫌なのかとも思い、最近は、高級(我が家にとっては)な生餌を各種買い揃え、まいにち品を変えながらあげています。それなりに食べているのですけれど、それでも足りないのかなー・・・。
そんな食欲だというのに、最近益々痩せてきて、腰骨もクッキリ。毛も随分薄くなりました。毎朝目やにがすごく、濡らしたティッシュでふきとってやらなくてはなりません。食べものに関心をしめしている時以外は、ほとんどずっと寝ています。今でも正宏さんのあぐらの上で寝るのが大好きで、そんな時は、ゴロコロと喉をならして、とても気持ち良さそうです。

たいまぐらに移住した翌年から、家族となったミータン。考えてみると、私たち夫婦のたいまぐらでの歴史に、ずっと寄り添ってくれていた大切な存在です。最近は、いろいろと手を焼かせられているけれど、でも、まだまだずっと長生きして欲しいと心から願っています。ガンバレ、ミータン。
f0035962_1061334.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2012-04-20 09:37 | Comments(12)
ちゃんときました。
f0035962_7533284.jpg4月4日の大嵐。
風景はまたまた真っ白に。本当に春は来るのだろうか・・・と愚かな考えが頭をよぎりました。
f0035962_7534938.jpg

でも・・・
それから約二週間。
ちゃんと春はやってきました。
f0035962_756039.jpg


f0035962_7563874.jpgマンサクはらり














カタクリふっくら
f0035962_7564059.jpg





















湧き水もとうとうと流れだし、ウグイスのさえずりも響いています。
f0035962_7594095.jpg


ここ数日は外仕事に精をだしました。冬囲いを外し、家のまわりのゴチャゴチャを片付け、冬枯れした枝の剪定もしました。我が家の第二の水道である沢水を復旧させ、洗濯干しを春仕様にし、窓ガラスを磨き、冬の間外している網戸も洗って取り付けました。そろそろ畑もはじめようかな・・・。エトセトラ、エトセトラ。
春はやっぱり楽しいね。

この子もあいかわらずウロウロしています。f0035962_87375.jpg
[PR]
by chihoa3 | 2012-04-18 08:07 | Comments(0)
秋田 大好き♡
一泊二日の小旅行。
行き先は秋田。毎年一回は必ず秋田へ出かけます。
でも・・・春の秋田ははじめて。

今回は県北を中心に回りました。
f0035962_15505334.jpgかわきりは大館。
曲げ物を製作販売している超有名店をのぞき、
犬の鍛冶屋さんへ。
刻印が秋田犬なのです。
可愛ゆい♡
92才のおじいちゃんもお元気で、
いろいろとお話を伺いました。
包丁を購入。もちろん犬の刻印がポン。f0035962_15512022.jpg

旅にでると、必ずと言っていいぐらい鍛冶屋さんへ行きます。地域色豊かな道具が見られるものです。こちらの鍛冶屋さんではリンゴ農家がつかう剪定鋏が人気。みせていただきましたが独特の形をしています。


三種町のピーチさんへ。買い過ぎないように、と自分に言い聞かせてから店内へ。古い道具は見ているだけで楽しい。・・・でも、やっぱり、見ているだけでは満足できず、いろいろと買ってしまいました。グフフフ。
f0035962_1742876.jpg
思いがけず、正宏さんも大収穫。ご存知の方なら、この車内の写真をみて、ドレがソレか分かりますね。はいソレです。
二人ともウホウホ気分♡でピーチを後にしました。

f0035962_16135494.jpgそして五城目にお住まいの知人宅へ。陶芸をされているY君のご家族です。作品を見せていただき、仕事場ものぞかせていただきました。親子二人、ここで並んで作陶されているんだなー。仕事場にたち、そんなことを想像したら、気持ちがほんわか暖かくなりました。
そ・し・て、お住まいへもおじゃま。 手づくりのおいしいお菓子とコーヒーをいただきました。それにしても、う~んいい感じ♡ 温もりがあり、暮しを大切にされていることが伝わってくる、それはそれは居心地のいいお宅なのです! 「いいですよ」と言っていただいたのをいいことに、お家の中をキョロキョロ。楽しくて、すっかり長居をしてしまいました。迎えて下さったYくん、そしてお父さんお母さんに、心から感謝。近かったら大工仕事も手伝いたいです(かえって邪魔か・・・)。また、ずえったいに遊びに行きますね。こっちにも来てね。まっていまーす。
f0035962_16141079.jpg
いただいたゴマおこわ。これまた絶品でした♡
仕事場と母屋にデンと置かれていた薪ストーブ。これがまた素敵なストーブで、500円貯金をはたいて買おうかな・・・とかなり真剣に考えています。よい情報をありがとう。

f0035962_16182947.jpg
こちらは鷹巣のロシアパン。目当てのシンデレラ(何故シンデレラ?)は売り切れ。二ツ井の曙食堂はまさかの定休日。ガガーン。そんなこんなもありましたが、充実の一日目。森岳温泉でしょっぱいお風呂につかり、早々にダウン。楽しかったけどチカレタ~。チカレタけど楽しかったぁ~!







さて翌日は秋田市へ。
またまたあちこちよりつつ南下。
秋田市内では、いつものルートをグルグルグル。市民市場をのぞき、鈴和商店さんでお豆を購入。blank+さんやまど枠さん等々、おされなshopにより、こだわり酒店で地酒も購入しました。秋田へ行ったら必ず寄る三松堂さん。予約必須の大人気のわらび餅も無事入手。

いつものお気に入りだけではなく、初めてのお店にも行きました。中華の「盛」。これが大当たり。食った、食った、うまかった!といいたくなるような、庶民的で、活気のあるお店でした。レバー苦手の私ですが、レバーっておいしいんだと思ったのであります。他にも食べてみたいメニューが一杯。次来たら、アレ食べようね、と食いしん坊な我々は、そんな話をしつつお店を後にしたのでした。
それにしても大人気のこのお店。ランチタイムギリギリの2時まで店先には行列ができていました。たまにはこういうお店でガツンと元気をつけるのもいいものです。レバニラ定食。お薦めです。

あ~、2日目も大満足♡家路についたのでした。

さて、明けての今日。
早速戦利品の整理。
先ずは古道具たち。
f0035962_1639344.jpg

先ずきれいに掃除をし、どう使おうかと思案に思案を重ねます。あっちに置いてみたり、こっちに置いてみたり。これがまた楽しいのであ~る。
刺繍糸を整理して入れようと購入した棚はココへ。
f0035962_16393521.jpg



















中里小学校と焼印の入っている小学校椅子は本棚の前におく事に。
そしてサブレの型にはとりあえずお花を飾りました。
f0035962_16405897.jpg
















f0035962_16415799.jpg小引き出しは、
白い器を入れている
食器棚の中へ。
使い道は・・・・・


ガラガラガシャンとなりやすかった豆皿をいれることに。
f0035962_16421765.jpg


そしてやっぱり買ってしまった瓢箪もの。
とりあえずここへおいて愛でようかな・・・
f0035962_1643646.jpg


















こういうのに弱いんだから・・・と正宏さんに言われつつめげずにGetしたアルミ製のイロイロ。
f0035962_16442130.jpg















そんなこんなを片付けてから、ホッと一息いただいたわらび餅♡ 大変おいしゅうございました。
歯型つきの写真でスミマシェン。
f0035962_1645142.jpg


やっぱり大好き。秋田。今度はいつ行けるかな・・・。
f0035962_1715173.jpg

宿泊した森岳地区は、大好物のジュンサイの産地。池では手入れが始まっていました。よし、次はジュンサイの時期に行こう!楽しみ楽しみ。
[PR]
by chihoa3 | 2012-04-12 16:02 | Comments(10)
裏技?!?!
f0035962_9333958.jpgやんちゃ猫のしずくが、毎晩繰り広げる大運動会。壁のぼりは必須競技らしく、カウンター背面の壁はもうポロッポロ。毎朝、無残に散った壁紙の破片を履くのが日課でした。
冬が厳しく、長かったのに比例して、運動会も激しさを増し・・・結果、壁は益々大変なことに。壁紙はではなく、中の石膏ボードの粉末がハラハラとおちてくる始末。いい加減なんとかしなくては・・・。

で、先日、とうとう漆喰を塗りました。一年ほど前、トイレの壁で経験済みの漆喰塗り。もちろん素人仕事丸出しですが、結構気に入った仕上がりに。
今回も、ですから、わりと気楽に取り掛かったのです。

f0035962_9343794.jpgと、と、ところが、これが大変な仕事でした。先ずゴチャゴチャと置いている「ものたち」をどけて、数年分のホコリを掃除するだけでもお仕事。
マスキングテープと新聞で養生して、やっと塗り始めたのはいいけれど、角がなかなかうまくぬれないのです。トイレのときは内角だったので、苦労しなかったのですが、外角に漆喰を塗るのはなかなか難しく悪戦苦闘。結局苦肉の策をとらざるをえませんでした。少し乾きかけたら、スポンジでポンポンと表面をならすことにしたのです。あ~、ものすごく納得がいかない・・・。でも仕方がありません。

そうしてやっとこさっとこ塗り上げたのでした。
f0035962_93759.jpg

そう!この ↑ かすかな編み目は、食器洗い用スポンジの跡です!・・・と、何も皆さんに公表することはないか・・・。
もし、この壁を目にする機会がありましたら、あっ、スポンジの跡ですね、と楽しんでいただければ幸いです。たはははは。

f0035962_944342.jpg
大量の「ものたち」もおさまり、壁塗りも終了。
さて、その後、早速、いつものように壁にのぽろうとしたシズク。漆喰には爪がたたないらしく、手をかけて「アレ?」という顔をしています。「やーぃ、ざまぁーみろぉーだ。」仕上げには不満足だけれど、そんなシズクをみて、ようやく気分が晴れた私です。嫌な性格・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_947583.jpgこちらは友人からお土産にいただいた「きゃばもち」。浄法寺周辺ではメジャーなこびるなんですって。おー、素晴らしい!実に「ツボ」にはまるお姿とお味でした。蒸かしていただくと、尚おいしい♡
ところで、きゃばとは何ぞや?柏葉のこと? そしてどうやって作るの? Mさん、リサーチお願いしまーす!!
[PR]
by chihoa3 | 2012-04-03 09:51 | Comments(8)