ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
そろそろかな?
f0035962_9241959.jpg2月も中旬。
時折、
かすかに、
冬の衰えを感じるようになります。
春の気配というほど確実なものではまだないけれど、
「あ、そろそろ冬も終わるんだな・・・」と
ふと感じるようになるのです。f0035962_9243983.jpg


朴の芽鱗も
小さく
パリン・・・


昨日は陽ざしが強く、それまではと明らかに違う暖かさとまぶしさでした。
木の照り返しをうけて、根元の雪はいち早くとけはじめます。
「大地君。久しぶりだね。」

嬉しくて、家の周りを少し片付けたり、先日届いた宿根草の苗のカタログをめくったり。
まだ気が早いと分かってはいるのですが・・・。


雪面の表情もまた、真冬のソレとは違います。昨日はこんな風に・・・。こんな布があったら素敵なドレスができそうです。木の影もきれいだなぁ。
f0035962_9303697.jpg


f0035962_9355029.jpgでも、とけたり凍ったりを繰り返すこの時期は足元に要注意!
雪どけ水が玄関先にながれこみツルツルに凍ってしまいました!の図。配達のお兄さんもツルッ。で、張り紙をしました。お~危ない。皆さんどうかご注意下さいませ。

(因みに、今朝はまたまた冷え込んで気温はマイナス15度でした!すすんではもどり、またすすんではもどり・・・)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大好物の大学芋。冬になると食べたくなる、冬のおやつの定番です。パリンと歯ごたえよく飴がけするのがなかなか難しいのだ。パリン ホクホク。大変おいしゅうございました。
f0035962_9402832.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2012-02-22 09:52 | Comments(2)
ありがとうございます!
例年より雪が少ないたいまぐら。
それでも、寒さではトップ3に入るのではないかな・・・。
かなり寒い冬となっています。
道路もツルツルピー。
雪道の運転が大の苦手なので、
ほとんど出かけることもなく、
冬の毎日を過ごしています。
田老の皆さんともなかなか会えぬまま・・・です。
その後もいろいろとご支援の品がお預かりしているのに。
お届けが滞ってしまっています。
気がかりではあるのですが何せ道路が。
皆さん本当にスミマセン。
何より田老の皆さんに会えないのが淋しい・・・。


昨日はそれでも1ヵ月ぶりに宮古へでかけました。もちろん正宏さんの運転で。「怖いい怖いと言ってる割に、よく寝るね」と憎まれ口をたたかれました。「ゆっくり走ってね。怖いんだから!」と言ってたと思ったらもうクゥクゥ寝てたそうです。エッそうだった? それは、ほれ、君を信用しているということですよ。

宮古の生協で、いつも一緒にアミアミしている方とバッタリ。皆さん今日もチクチクしているとお聞きして、すぐにでもまた出かけたくなりました。もう少し道路状況がよくなったら出かけていこうと思います。

さて、嬉しいお便りが届いています。
f0035962_11295091.jpg昨年の秋、宮古に住む友人のOさんから、東京のSさんをご紹介いただきました。Sさんは、自転車メーカーにお勤めです。そのSさんから、お勤めの会社のイベントの際、来場者に携帯ケースをプレゼントしたいとのことで、沢山のご注文をいただきました。イベントの際は、パネル等も展示してくださったご様子。ありがたいことです。
Sさん、Oさん、そして可愛いケースを編んで下さった田老の皆さん、「本当にありがとうございました」

大変お世話になっている京都の斉藤さんからも、嬉しいリーフレットが届きました。
以前ご紹介した野染めのおっちゃんです。その後も定期的に沿岸部を訪ねられ、心のこもったご支援を続けておられます。

今月末には、京都で
「大槌 田老 田野畑 手業(てわざ)展」
をひらかれるとのこと。
2月23日~27日まで。
京都市内の斉藤さんの工房での開催です。

素敵な展示会になりますね。
お近くの方は是非お出かけくださいませ。

詳しくは斉藤さんのブログをご覧ください。
今回の展示会のご案内はもちろん、
斉藤さんと、素敵な仲間たちが、続けておられる心のこもった支援の様子も詳しく綴られています。
とっても素敵なブログです。

あ~、それにしても本当にご縁とは不思議でありがたいものですね。
しみじみと感じます。
こうして斉藤さんとご縁が結ばれたことにも心から感謝です。
[PR]
by chihoa3 | 2012-02-16 11:42 | Comments(4)
せっかくなのに
バレンタインだいうのに、ちっともワクワクしていない我が家の中学生。親がけしかけるのも、なんだか変な話なのだが、こう盛り下がっているのも淋しい・・・
で、「誰かいないの? ねぇ、一人ぐらいあげたら?」と。
しかし、あまりにうるさかったのか、しまいには怒られました。
なんだかつまんないなー。

それでもやっぱりチョコを作りました。
私が張り切っても仕方がないような気もするが・・・。
愛のチョコカステラ。愛のチョコケーキ。そして愛のトリュフ。
あ~自分で言ってて情けなくなる。
まっ、せっかくのバレンタインですものね♡
途中から結も参加。結構楽しそうに作っているのをみて、何故かホッとする母なのでした。

f0035962_1195440.jpg
こちらはトリュフ(もどき)。
いつもは製菓用のチョコでつくるのですが、
今回は市販の、普通の板チョコで作りました。
ガーナです。
テンパリングが心配でしたが、
結構できるものなのですね。
びっくり。

f0035962_11101260.jpg
という訳でチョコ三昧のおやつです。
[PR]
by chihoa3 | 2012-02-16 11:15 | Comments(8)
ふかふか!

f0035962_1254780.jpg家でチマチマと暮している冬の毎日です。先日は半日ミシンかけ。3年ぶりに生理用の布ナプキンを新調しました。無漂白コットンのネル生地を四角くきって、二枚重ねてミシンカタカタ。しめて30枚縫いあがりました。

初めて「布ナプキン」とであったのは、京都に住んでいたころ。かれこれ20年前のことです。オーガニツクな食材とか、フェアトレードの品々が並ぶお店でのことです。正直「エッ!そこまでするんだ。」と驚きました。「洗うの大変そう・・・」とも思い、手にとってしばし悩んだものの、結局その時は手がでませんでした。
それから数年後、たいまぐらの隣人の山ちゃんの薦めもあって布ナプキンを使いはじめました。丁度結を出産した頃です。以来ずっと、外出時以外は布ナプキンを愛用しています。

最近は、様々なメディアで紹介もされ、可愛い(?)既製品も多くあるようですね。私の布ナプキンは可愛くはないけれど、すごくいいですよ。
もし使ってみようかな・・・と迷っておられる方がいたら、是非つかってみて下さい。案ずるより易しですよ。
洗うのもそれほど手間ではないし、使い心地もよいし、身体にもよい。経済的だし、おまけに資源の節約にもなります。
私はこの本を参考に手作りしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さてさて、おじちゃんと呼んでいる、先だって紹介した野良くんのその後です。あいかわらず滞在していますよー。それどころか、我が家のしずくに感心があるらしい。しずくもまんざらではない様子。
f0035962_1272817.jpg先日、クルルルルクルルルルと可愛い声でしずくがないているので「どうした、どうした?」と目をやると、なんと窓のすぐ向こうにおじちゃん。ガラス越しになにやら会話をしている様子! おやまぁいつの間にそんなに仲良くにったのでしょう。何を話しているのかな?と近づいたら、おじちゃん逃げ腰。やはり野良ですね。そしてとうとう匍匐前進で逃げ出しました。
f0035962_129822.jpg

坂道を降りる前にふりかえり、名残惜しそうにしずくを見つめるおじちゃん。しずくもじっと見つめ返します。
とまぁ、本当にそういう風に見えるのですよ、コレが。

どうでもいいんだけどね。

冬は、こんなどうでもいいことに、ついじっくり付き合ってしまうのでした。
[PR]
by chihoa3 | 2012-02-13 12:17 | Comments(2)
冬もよいのであ~る
「マーガレット」とかいう肩掛けを編んでいます。袖のところだけ筒状になっている代物です。しかし、何故マーガレット? 不思議な名前だ・・・。まっ、名前はさておき、ズルズルッと落ちてこなくて良さそう♡というわけですこしづつ編み進めてきました。それがいよいよ仕上げの縁編み段階に。

f0035962_9255143.jpgストーブ脇に腰掛けてせっせと編み編み。ストーブの上でお茶を焙じつつ・・・。
古くしてしまった緑茶や、そのままではあまりおいしくいただけなかったお茶などが、ある程度貯まったら、焙じて焙じ茶をつくるのです。
編み物をしながら同時進行するのにはぴったりの作業。部屋もよい香りに満たされます。f0035962_9262982.jpg焙じたお茶は笊で漉して、粉々になった粉茶を取り除きます。すっかり冷えた茶葉はビンにつめて・・・。ふるい落とした粉茶も、もちろん活用します。鍋に粉茶と水をいれ、煮立てて濃~い焙じ茶を煎じます。砂糖とゼラチンと豆乳をくわえて冷やし固めれば完成。我が家の黄金比率。ゼラチン5gに水分計500g。フルフルユルユルのゼリーになります。砂糖を控えめにし、上に餡子をトッピング。
f0035962_9271080.jpg
ポカポカのストーブ。フンワカフンワカと漂うよい香り。そしてフルフルユルユルの焙じ茶ゼリー。あ~しあわせ。
そうそう、マーガレットも完成しました。
めでたしめでたし♡

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_1283046.jpgたいまぐらで越冬しようというツワモノが一匹。さぞ寒かろう・・・。こっちのホカホカ世界に入れてあげられればいいのだけれど、ゴメンネ。
なぁんて、野良の君にとって、こっちが本当に幸せな世界かは分からんよ。それにしても、この野良君、よぉー肥えておりまする。流石!
[PR]
by chihoa3 | 2012-02-08 09:31 | Comments(4)
流行とマンネリ
先週から急に欠席者が増えはじめた中学校。かく言う結も、金曜に帰宅するなり頭が痛いとダウン。土曜日曜と発熱し、月曜は大事をとって欠席。月曜は約1/3の生徒が欠席したらしく午後から休校。その結果、水曜まで学校閉鎖となりました。熱は下がったものの、あいかわらず咳コンコンの結。こう言ってはなんですがよい休暇になりました。ストーブにあたって読書三昧。棚からボタ餅ののんびりした2日間となりそうです。

全国的に例年以上の大流行となっているようですね。私も昨日からなんとなく頭痛が・・・。正宏さんはノドが痛いらしい。年末のアレはインフルエンザではなかったのかな?型が違った?もうかかったもんね、とたかをくくっていましたが、油断は禁物ですね。
皆さんもどうぞお気をつけくださいませ。

f0035962_9512943.jpg
先日の晴れ間に早池峰山をパチリ。きれいです。

f0035962_957161.jpg家の横に置きっ放しにしていた風呂桶。去年滞在していたサスケが小屋にしていたあの風呂桶です。その風呂桶の周りに妙な筋があるな・・・とは思っていたのです。数日前から。そして今日、テラスで洗濯物を干していたら、道路をテクテクとヤマドリが歩いてきて、そして迷わず桶の中へ入るののを目撃!そっか、君が冬の住まいにしていたんだね。すっぽりと雪に覆われていますし、総木作りですから、そりゃー暖かいことでしょう。いいところをみつけたね。
その後しばらくカメラを構えて待ち構えていましたが、姿を見せず。根負けして家に入りました。通いなれている様子でしたから、シャターチャンスがきっと巡ってくるでしょう。
なんだか楽しい出会いでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はオーブンの日。今日は掃除の日。今日は常備菜作りの日。そんな具合に、毎日の家事とは別に、今日は「何の日」ときめて、その決めた家事を念入りにする日を設けています。

常備菜はとても便利ですよ。毎回、5,6品を作りおいておきます。常備菜が数品あれば、食事の用意も、主菜と汁物を用意すればすぐに整いますからとっても重宝です。朝食にも昼食にも大活躍です。

食事の支度が嫌いではない私。でも、その都度その都度、ゼロから全て用意しようと思うと大変ですよね。でも常備菜があれば、半分はあらかじめ出来ていますから、労力も精神的負担も半分ですむ。心をこめて主菜を作る余裕が、時間的にも精神的にも出てくると思います。
よく「どうしたら楽しく食事の準備ができるの?」と尋ねられます。実は先日もメールでそんな質問をうけました。「いつも楽しそうに料理をしてますよね。どうしたら料理が好きになれるのですか?」と。よい答えはないけれど、もし食事の準備を負担に感じているなら、是非常備菜をつくることをお薦めしたいです。料理を好きになるには、心をこめて料理をし、料理の楽しさを知ることが大切だと思います。料理が苦手な人ほど簡単にできるものを作りたがるけれど(もちろん簡単でおいしい♡というのは素晴らしいことです)簡単に、簡単に、と、そればかりを追求していたら、本当の意味で料理の楽しさは分からないのではないかなーと思うのです。丁寧にちょっと時間をかけてでも一生懸命料理をすると、料理というのは本当に楽しいものです。いろいろと工夫もしたくなるし、アレンジのアイデアも次々と沸いてくるのではないかしら? そんな風に料理を楽しむためにも、常備菜をつくり置くのはよい作戦です。主菜だけはその都度、時間をかけて丁寧に作ろうとおもえるのではないかしら?

常備菜は、でも大分マンネリ化してきている我が家。それでも家族からはあまり不平不満が出ない。ちょっと不思議です。なぁんて言わず、もう少しレパートリーを増やしたいものですが。

今日作ったのはこの六品。
f0035962_10185112.jpg
・ひじきの炒り煮・切干大根のふくめ煮・かみなりコンニャク・ゴボウと出汁昆布の炒り煮・モヤシとエノキダケと糸こんにゃくのナムル・そして高野豆腐の含め煮。
これから2,3日はとっかえひっかえ食卓に。
常備菜に少し手をくわえて目新しく(??)いただくこともできます。ナムルとピリ辛く炒り煮したそぼろをご飯にのせてビビンバ風どんぶりに。切干大根の煮付けに溶き卵をくわえてふんわり炒り卵に。等々。
[PR]
by chihoa3 | 2012-02-07 10:33 | Comments(2)