ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
きた、きた、きたぁー!
f0035962_9144278.jpgここ数日、
かなり冷え込んでいます。
この寒波が到来する前は、
「私、寒さに強くなったのかも」
なんてしゃべってましたが、
大いなる勘違い。
やはり-10度以下が続くと、
寒い寒い!
きた!きた!きたぁー!
という感じです。





寒さにめげず、毎日野遊びにくりだすヤンチャ猫のしずく。
肉球が冷たかろうに・・・。
f0035962_9145935.jpg


f0035962_9394291.jpg寒いときは思いっきりスパイシーなカレーが食べたくなるもの。トマトをきかせたチキンカレーと、ココナッツミルクをいれたヒヨコマメのカレーを作りました。胃の位置が分かるくらいお腹からポカポカになります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この冬は家にこもっています。なんだか「そうしたい」のです。ご飯は何にしようかなぁとゆっくり考えコトコト料理をしたり、チクチク刺繍したりアミアミ編み物したり、随分たくさんの本も読んでいます。こうしてバランスをとっているのだと思う。今はそういう時期なのだと思って、存分に冬ごもりを楽しもうと思います。

私の母は刺繍が得意でした。昔は・・・。応接間のクッションには、それは見事なバラの刺繍が施されていて、それでもかまわず枕にして、母によく叱られました。叔母は更にプロ級の腕前。それはそれは緻密なステッチで刺す戸塚刺繍がお得意で、素敵なバッグをいくつも作ってもらいました。私も、中学生のとき、一年ほどでしたが母の通っていた刺繍の先生に手ほどきを受けました。以来、時々思い出したように刺繍をして楽しんでいます。
f0035962_9322062.jpg

今取り掛かっているのはムーミンの図柄。以前紹介した刺繍もムーミンでしたよね。これは数年前にフィンランドに行った姉が、ムーミンミュージアムで買ってきてくれたポスターの図柄です。色や刺し方など、自分で考えながら刺していきます。確か・・・一昨年からはじめたはず。いい加減仕上ようと思って、ちょっとスパートをかけています。
先日、テレビでカモメ食堂を久しぶりにみました。で、やっぱり焼いたシナモンロール。ちょっとお行儀が悪いけれど、パクパク食べながらのチクチク。今日はムーミンママを刺す予定です。f0035962_9331993.jpg







f0035962_9344567.jpgこちらは大好きなミムラ姉さんです♡ 
[PR]
by chihoa3 | 2012-01-29 09:46 | Comments(8)
用の美しさ
去年の民藝館展に出品していた「切溜」が展示を終えて帰宅しました。20日間ほどの展示期間で少々乾燥気味・・・。空気が相当乾燥していたようですものね。労をねぎらってタガを新しくしめかえることにしたそうです。青竹色のタガが入ってきれいです。

このキリタメという道具は、このように入れ子になっています。
収納の為もあるのでしょう。
f0035962_7342252.jpg
タガが上手く入っていないとこのようにぴっちりと重ねて収納することはできません。

計7つの桶が重なっています。
更に、このように、小さいものの上に順に重ねることができます。
f0035962_7462424.jpg
f0035962_7464656.jpgつまり桶が桶の蓋にもなる・・・のです。

このキリタメは、もともとはその名の通り、切った食材をためておく、つまり一旦入れておく為の容器でした。昔からこの辺りでは七鉢とも呼び、桶だけではなく様々な素材、様々な形のナナツバチが作られていたそうです。
冠婚葬祭の時など、昔は、今のように仕出しを頼むことはなく、集落もしくは親族の皆さんで集まって、食事の用意をして客人をもてなしましたよね。今のようにボールやバットなどもありませんでしたから、切った食材を入れたりするのに、こういう容器が必要だったのです。しまうのに便利なように重ねることができ、また小さい順に重ねれば蓋にもなるキリタメは、とても重宝だったことと思います。
多くは漆を塗って仕上たそうです。

用に応じて生まれた形、その形を生み出すために磨かれる技術。
そうして出来た道具は自然と美しくあるものです。
優れた職人先輩が作りだした暮しの道具を見るたびに、
狙っていない「美しさ」にいつも感心します。
用からうまれた美しさ・・・。
f0035962_7485290.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そうそう、おねがいしていた(誰に?)雪のお布団が届きました。お陰で湧き水周辺もすっぽり覆われました。これで多少の凍結防止になるはずです。
f0035962_7502340.jpg




















f0035962_7504050.jpg
雪の照り返しで仕事場はとても明るく、仕事がしやすいそうです。がんばれ父ちゃん!
[PR]
by chihoa3 | 2012-01-24 07:23 | Comments(3)
繕い は 素敵
f0035962_1123137.jpg
塗師のTさんにお願いしていた指輪の金継ぎ。美しく繕っていただきました。ヒャッホー。嬉しい。
小さいし、形も特殊だし、1つは3片に割れていましたし、etc, 面倒な仕事だったのではと・・・。それでも快く引き受けてくださって、心より感謝です。Tさんありがとぉぉぉぉぉ!

f0035962_1123313.jpgひかえめに入った金のラインがまたアクセントになり、以前より素敵になりました。サイズも心もち大きくなり、以前は入らなかった左手の中指にぴつたりとはまるようになりました。これもまた嬉しい! というのも、右手は包丁や薪割り鉈をにぎるなど、衝撃がかかる仕事を、文字通り一手に引き受ける手。実はこの指輪も、カボチャを切るときと、薪を割る時にパリンと割れてしまったのでした・・・。左手は重いものは持つけれど、衝撃のかかるような仕事はほとんどしないので、安心してはめていられます。
あ~嬉しい。Tさん本当にありがとうございました。

27日から神楽坂にて「つかってみたい漆展」が開催されるとのこと。Tさんも会場におられるそうです。あ~近かったらな。東京近郊の方、足を運んでみては如何ですか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_11234658.jpg
のりちゃんから届いたf0035962_1124435.jpgおっきなおっきな鬼っこコンニャクイモ。こんなおっきなの見たことない!ツンととがった角も惚れ惚れするほど素敵です。田老の皆さんと一緒にコンニャク作りをしてください!とのメッセージが添えられていました。うんうん、それは楽しいぞ! 次回の田老訪問は、コンニャク作りとアミアミチクチクの会にしようと思います。

f0035962_1124347.jpg

一年ぶりなので先ず練習。昨日コンニャクを作りました。練りがたりなかったようで、少しボソボソのコンニャクになってしまった・・・・。でも煮汁をたっぷりと含むので、そういう風に調理しておいしくいただこうと思います。
いやー、見れば見るほど立派に鬼っこ芋。のりちゃん、ありがとぉ♡
[PR]
by chihoa3 | 2012-01-22 11:17 | Comments(2)
今年も
母屋のすぐ近くに
小さな山桜の木を移植したのは10年ほど前。
その木の下にコロンとひとつヤマピコ。
f0035962_9161027.jpg

大風でとうとう落ちちゃったんだね。

ウネウネと浮きでている筋。
まるで力強く脈打つ心臓みたい。
手のひらにのせるとドキドキする。
動いていないのに(もちろん)
なんだか脈を感じるの。
不思議です。

この桜の木の枝先に、初めてヤマピコを発見したのは三年前のこと。
二年前も一個。
去年は二個。
そして今年は三個のヤマピコが風に揺られていました。

うまれた川に戻って産卵する鮭のような習性があるのかしら?
詳しくは知りません。

でも毎年増えていくヤマピコを眺めるのは楽しみ。
この木は故郷なんだなーって思うとなんだか嬉しいから。

さて、その三個のヤマピコ。
二個は風で飛ばされ、枝先には一個だけ。
春まで残るといいな。
この季節、風景の中に柔らかな若葉色があると嬉しいから。
北風にまけるなー。

※ヤマピコ・ウスタビガの繭。今はもちろん空っぽです。
[PR]
by chihoa3 | 2012-01-20 09:16 | Comments(2)
雪のお布団は暖かい。
f0035962_1054688.jpg

今年は雪が少ない。
去年の大雪の印象があまりに強いせいか、
余計に少なく感じるのかもしれません。

日本海側では大雪になっているようですね。
雪おろし等々、どうぞお気をつけて。

少なければ少ないで心配なことも。
湧き水周辺も、例年ならすっぽりと雪のお布団に覆われているのに、
今年は管などが露出していています。
直接冷気に触れてしまうので、
凍るのではないかと心配しています。
毎年2月が一番水量が減るのです。
2月になる前に、雪のお布団が欲しいところです。
なぁんて・・・我がままですよね。

f0035962_10123867.jpg














しずくが
日向ぼっこ

「ここ、
気持ちいいの」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

冬の定番煮込み料理。
薪ストーブの上で調理できますからね。

f0035962_10201765.jpg
たんまり囲っていた大根も大活躍。しみじみ思う。大根はホントウにエライ! 久しぶりにブリ大根を作りました。のりちゃん家の柚子を散らして。ハフハフハフ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_10222394.jpg





先日ご注文いただいたつるべ桶。本当に井戸で使うのですって!滅多にないご注文。桶正も手がけるのは4個目です。弘前の櫛引親方に教わった通り、丈夫さと重さを出すために厚い底を入れています。かなり苦労してようやく完成。
[PR]
by chihoa3 | 2012-01-19 10:27 | Comments(2)
笑満
あけましておめでとうございます。

もう15日ですから、
寒中お見舞い申し上げますと書くべきなのでしょうが、
やはり最初のご挨拶はこれでなくては
しっくりきません。

今年もどうぞよろしくお願いします。

これからはまた折々に更新していきたいと思います。
ブログの方もどうぞよろしくお願いします!

f0035962_1020538.jpg今年の書初め。
「家庭円満」と書くつもりが、
間違えて
「家族笑満」と書いてしまった結。
「あっ!間違えた!」と、
書き上げてから本人も気がつき、
書きなおししてました。

でも、こう書いてしまった気持ち。なんだかわかる。

間違えたの貼るなーと本人には怒られたけど、私は結構気に入ったよ。これ。

f0035962_10225397.jpg泣いたり、怒ったり、しょぼくれることも、
暮していればもちろんあるけれど、
でも、足し引きしたら、笑いが一番多い!
そんな日々が積み重なっていきますように。

「万事機嫌よく」by正宏
これは我々夫婦の合言葉。
大好きなことや、楽しいことは、
機嫌よくできるのはあたりまえのこと。
大変なことや、ちょっと嫌なことも、
なるべく機嫌よくやれたらいいよね、
といつも話しているんです。

皆さんはどんな思いで新年を迎えましたか?

今年がよい一年になりますように!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_10241962.jpg
一昨日仕上がったご注文の味噌桶。もうそんな季節です。そろそろ味噌仕込みの準備もしなくちゃね!
数日前は、マイナス14度。今日も風が強く、気温以上に寒く感じられます。でも、この寒さだってお恵みです。冬の寒さが醸しだすおいしさだってあるのですから! 物は考えよう!万事機嫌く!冬も元気に過ごしましょうね♡
[PR]
by chihoa3 | 2012-01-15 10:31 | Comments(6)
フキノトウのお味噌汁
岩手日報 季節の糧(ごちそう)いただきます 1月に掲載したものです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日当たりのよい水辺。「確かこのあたりに・・・」と目星をつけ、積もった雪をかきわけます。枯れ草をよけて探すと、果たして小さなフキノトウを発見!冬ごもりの準備を万端整えたところを申し訳ないと思いつつ、プツンプツンと摘みとり、枯れ草を戻してその場を後にしました。苦味が少ない初冬のフキノトウ。雪がカッチカチに凍りつく前に一度はいただく、これも一種の旬の味です。
この時期のフキノトウは、硬くつぼんで成長をとめてしまったかのように見えます。でも、そうではないのです。寒さの中、こうして過ごす冬の時間も、生命の営みの上では欠くことのできない尊い時間なのです。今、フキノトウは静かに育んでいるのです。芽吹きの春にむけて。
人間にだってそういう時間が必要です。春はきっと巡ってくる、そう信じる心さえ失わなければ、時には硬くつぼんで、そーっと過ごす時間があってもよいのです。
2011年は激動の一年でしたね。頑張りすぎちゃった人も多いのではないでしょうか。そうでなければ過ごせないような大変な一年でもありました。
時にはそーっと休みましょう。なぁんて・・・新年のご挨拶としてはふさわしくないかしら?
ようこそ2012年。今年もよろしくお願いします。

f0035962_9255564.jpg


フキノトウのお味噌汁
材料
長芋 10cm
油揚げ 1枚
フキノトウ 2個
味噌 適量

作り方
長芋は皮を剥き1cmの輪切り。油揚げは短冊切りにする。
出汁をいれた鍋に長芋をいれ火にかける。長芋に半ば火が通ったら油揚げをいれ、長芋がすっかり柔らかくなったら味噌を加える。再びふつふつと沸いたら小口切りにしたフキノトウを加え、すぐに火を止める。

★フキノトウは加える際に刻むこと。そして火を通しすぎないこと。

★フキが茂っていた辺りを探してみると、きっと小さなフキノトウが見つかりますよ。
[PR]
by chihoa3 | 2012-01-04 16:39 | Comments(0)