ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
日曜日が楽しみ
こんな暮らしをしている私だけれど、
やっぱり週末は楽しみです。
平日は学校があるから(結がですけれど)
やっぱりどこかトタパタしてしまう・・・。
なにより朝の7時から夕方の5時半まで結は留守なので、
三人で一緒に過ごせる休日はとてもうれしいものなのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

土曜は夜更かしをしてしまいました。
アジアカップの決勝を見たから・・・。
声も枯れ気味。
思わず叫んでしまったから・・・。
そんな訳でスロースタートな日曜となりました。

f0035962_10295550.jpg結は仙台のNさんからお借りした雪形のクッキー型でサブレ作り。f0035962_1030745.jpg











私は味噌の仕込み。結や正宏さんに手伝ってもらいつつ。
f0035962_10303856.jpgf0035962_1031278.jpg










お昼は正宏さんがタコ焼きを焼いてくれました。
f0035962_1031228.jpg
f0035962_10314338.jpg







どこにも出かけない、こんな休日が、
でも、一番心が元気になる気がします。
さぁ、今週もがんばりまっしょ!
[PR]
by chihoa3 | 2011-01-31 10:40 | Comments(7)
寒いけれど穏やか
昨日も今日もかなり冷え込みました。
でも日中はほどんど風が吹かず、どこか穏やかです。
f0035962_93328100.jpg

空に広がる雲もポワポワとのんびり。
散歩をしているみたいに漂っています。
たとえ気温が氷点下11度でも、こんな風に
「今日は穏やかだなー」と思える日があります。
飲料水にしている湧き水の出を確認したり、
崩れた薪をつみなおしたり、
生ゴミを捨てているコンポストの周りの足跡を観察したり、
散歩のような見回り。
こんな日は誘われるように外にでたくなります。
f0035962_9333944.jpg
「そうだ!ワラビの塩出しをしよう」
早速春に塩漬けしておいたワラビをザルにとり、沢辺へ。
見事な氷の造形を眺めつつ、
ワラビの入ったザルを流れの静かな場所に沈めます。
1日もおけば、塩はすっかり抜けますから、
そうしたらお揚げさんと一緒に炊きましょう。
f0035962_9335372.jpg

なんとなく穏やかな冬の日です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ワラビを入れているザルは、
会津の三島町周辺で盛んに作られているマタタビ製のザルです。
かれこれ10年近く使っています。
竹より柔らかな質感ですが、なかなか丈夫です。
新品の頃は、ミータンがゴロゴロニャーンとしていましたが、
成分がすっかりぬけたのか「フン」と見向きもしません。
真っ白だったのですが、使われた月日を吸い込んで、
すっかり年季ものに。
それがまた愛しい。我が手のしわを見るようで・・・。
[PR]
by chihoa3 | 2011-01-27 09:36 | Comments(4)
段どり
冬は毎日お風呂というわけにはいきません。
2日沸かして1日お休み。そんな感じです。

お風呂を沸かす日は、冬ですと2時すぎから準備開始です。

我が家のお風呂はもちろん桶風呂。
罐(かま)はいわゆる鉄砲罐(てっぽうがま)です。
湯船の中に金属の罐が沈んでいて、
その中で薪を燃やすことで湯船にはった水を温める仕組みになっているのです。
罐はU字型になっていて、片方の口は焚口です。
薪を投入するのはもちろん、
酸素を罐内部に供給する空気孔の役割ももっています。
もう片方の口は煙突に繋がっていて、煙を屋外に排出します。
U字型のカーブした部分が燃焼空間になっていて、
その部分が水没しているため、
中で薪を燃やすと熱が伝導してお湯が沸くのです。

見たことのない方ですと思い浮かばないかとは思いますが・・・。

形が特殊なため、空気の流れも複雑です。
この罐を使いこなすのはなかなか難しく、私も随分苦労しました。

順調にお風呂を沸かすための一番のポイントは、
なんといっても燃料の段どりです。
焚きつけにつかう鉋屑と竹くず。
薪もなんでもよいという訳にはいきません。
着火しやすく、ガーッと一気に燃えるカラマツなどの針葉樹。
着火しにくいけれど、一旦燃え出すと、長時間燃えてくれるナラ等の広葉樹。
それらがよく乾いているのはもちろん、
太さも、太いものや細いものなど数種類そろえると具合がよい!
そうそう、マッチと、送風につかうウチワと吹き竹も必需品です。
どれひとつ欠けていてもスムーズにお風呂を沸かすことは出来ないのです。

火がうまく燃えはじめたら、
後は30分おきに薪を足すのを忘れないように注意します。
うっかり、火種を絶やしてしまったら、
また一からやり直しなのですから・・・。
(なんて・・・こう書くとかかりっきりでお風呂をわかしているように思われるかもしれませんが、もうすっかり慣れて、家事や仕事の合間にうまくこなせるようになっています。)

冬ですと水温も室温も低いので、沸くのに約三時間~四時間かかるんですよ。

かれこれ17年、薪でお風呂を沸かしてきて、
今では、段どりが必要なことも、時間がかかることも、
当然のこととおもえるようになりました。
でも最初の頃は、うまく燃えつかないし、煙が目にしみるしで、
なんども泣きたい気持ちになりました。
スイッチポンでいつでもお風呂が沸くのが当然の世界にいたのですからね。

今年、連載させていただいている「婦人之友」。
今年の通しテーマは「段どり」です。
毎号、様々な視点から段どりについて紹介されていて、
とても興味深く読んでいます。
暮らしの段どり。仕事の段どり。そして生き方の段とり。エトセトラエトセトラ
暮らし上手、生き方上手、そしてお仕事も達者な方は、
やはり段どりを大切にされているのですよね。
しかも皆さんその段どりの過程をとても楽しんでおられる。
学ぶことがとても多いです。

お風呂をわかす、ただそれだけでも、
薪を乾かすことから考えたら、
数ヶ月にも及ぶ段どりが必要なたいまぐらの暮らし。
今年は今まで以上に、段どりを大切に、しかも楽しみつつ、
暮らしを整えていきたいなとおもっています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先日の柚子仕事の成果。
f0035962_9531514.jpg

いつもよりサラリと仕上げたマーマレード。
種はアロエと一緒にホワイトリカーにつけました。
そして柚子胡椒。f0035962_9534581.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_9568100.jpg短くなった蝋燭がたまってしまいました。
全部まとめて湯煎で溶かしてリメイク。
型はクッキーの型。
f0035962_956439.jpg
f0035962_9565466.jpg







結は蝋燭作りが大好き♡
f0035962_9571732.jpg






       私は蝋燭の灯火が好き♡
[PR]
by chihoa3 | 2011-01-25 10:01 | Comments(18)
幸せな時間といっていいと思う。
f0035962_11271047.jpg今朝、バターケースがからっぽになりました。
朝食は、パンの日とご飯の日、半々ぐらい。パンをいただくにしても、バターをたくさんはつけないので、バターケースが空っぽになるのに、いつも2.3ヶ月ほどの間隔があきます。

今日がその日でした。
小さくなったバターのかけらを、
ストーブの上でこんがりと焼いたパンにのせました。

久しぶりに空っぽになったバターケース。
小さく切ったさらし布でキュッキュとみがきます。
ケースの壁に残っているわずかなバター油脂を摺りこむような感じで。
そうして使い続けてかれこれ6,7年が経ちます。
桜の木が柔らかく光っています。
f0035962_1129481.jpg

よい色になってきたなぁ・・・。
といっても、最初はどんな感じだったか、
もうよく思い出せませないのですが。

ちょっとした幸せな時間です。f0035962_1130236.jpg

★今年は少しづつ愛用の道具たちも紹介していきまーす。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_11333185.jpg

いくつか締め切りの仕事を終え、
これから柚子仕事。
実家からもらってきた小ぶりの柚子。
皮は柚子胡椒とマーマレードに。
果汁は搾ってビンに詰め、ポン酢等々に。
種は洗って干して化粧水に。
内袋や白いワタからはペクチンをとります。
う~ん、午後いっぱいかかりそうだなぁー。
柚子仕事。
がんばるぞー!
[PR]
by chihoa3 | 2011-01-22 11:14 | Comments(11)
また、お家でTeaTime
10時と3時にいただくお茶。
夫婦みずいらず、ゆっくりと会話をする大切な時間でもありますし(といっても大したことを話しているわけではないのですが・・・)、工房でコツコツと仕事をしている正宏さんにとっては大切な気分転換の時間でもあります。

f0035962_101243.jpg
お菓子はもっぱら手作り。昨日焼いたのはレモンの皮と果汁をたっぷりといれたシフォンケーキ。横浜の実家で、今年はレモンが豊作でした。お土産にたくさんもらってきたので、贅沢にたっぷりといれました。うーんよい香りです。
f0035962_1011488.jpg

















f0035962_1014281.jpg旅さきでも、アチコチでお茶をしました。
ゴージャスなケーキもいただきました。






でも、またお家でのTeaTime。
つつましく静かに・・・。

   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お休み中に、酵母のワークショップに参加しました。
ウエダ家さん主催のみかん酵母のお教室。パンやお菓子にはもちろん、だしとして、ソースにして、と様々な活用方法があることを知りました。今年はいろいろと試してみようと思います。実家でとれたみかんを使って試作中。楽しみ楽しみ。
写真は試食でいただいたみかん酵母のパン、スープ、そしてソース。f0035962_1022044.jpg
[PR]
by chihoa3 | 2011-01-20 10:04 | Comments(5)
本年もよろしくお願いいたします。

みなさま!
あけまして おめでとうございます。

・・・と一月も半ばを過ぎてのご挨拶。
すっかりのご無沙汰失礼しました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

旅やら里帰りやら、で長らく留守にしておりました。
一昨日ようやく帰宅。
昨日は、家の大掃除をしました。
部屋の隅にふわふわっとたまっている綿ぼこりの量に驚愕とし、
いたずら猫のしずくがビリビリに破いた障子には唖然憮然。
それでも、一日がかりで何とか片付け終了。
今日から平常の生活に戻りました。

今年も正宏さんが数日をのぞき、留守を守ってくれました。ありがとう。
結は、一足はやく、初めて一人で帰宅。大人になったものです。
結局私が一番長い冬休みをいただきました。

実家の家族と栃木の温泉でのんびり湯治。黒磯のSHOZOCAFEやTAMIZEにもいきました。
東京でも気になっていたお店巡りを満喫し、一日中、本屋さんで過ごすという、私にとっては贅沢な楽しみも存分に味わいました。相模湾から美しい富士山も眺めましたし、おいしいお寿司もいただきました。あ~、楽しかったな。

とは言え、森の暮らしに戻れば、やっぱりホッ♡ともするのです。
旅も楽し、日々もまた楽しですね。

今年もそんな日々のあれこれを「たいまぐら便り」にのせてお届けします。
おつきあいいただけましたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一足先に帰った結は、橇すべりやらかまくら作りに興じた様子。
猫のしずくは、こたつも好きだけど、雪も好きらしい。
橇にもみずから乗ってきたんだよ♡ と結が嬉しそうに報告してくれました。
かまくらも好きらしい。
外にでると、何故かかまくらにも入っていきます。

今日も・・・
f0035962_14332119.jpg

f0035962_14334066.jpg
ほらっ!
鼻も肉球もきれいなピンク色♡
[PR]
by chihoa3 | 2011-01-19 14:41 | Comments(8)