ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
秋深まって
CRAFT市 2010
 たくさんのお客さまにおこしいただき、無事終了しました。皆さんのお力添えで楽しい2日間になったこと、心より御礼申し上げます。

 初日は、曇りで推移。天気予報を見て「雨かな?」と覚悟していたので、本当にホッとしました。
 2日目は、時折パラパラと通り小雨。時折木漏れ日。きまぐれなお天気にハラハラドキドキしました。

 そんな空模様にも関わらず、両日共に、オープン前からたくさんの方が会場へ。「楽しみにしていたのよー」この言葉をどれほど多くの方から言っていただいたことか! そして帰り際には、「来年も楽しみにしているわよー」とこれまた多くの方からいっていただきました。
 用意した参加者名簿1500部は2日目の午前で終了。いつもは少し余るぐらいなのになぁ・・・。びっくり。そして感謝感謝です。
 年々、CRAFT市を目的に足を運んでくださる方が増えているように感じます。今年は特に強くそう感じました。皆さんがとっても熱心に、そして楽しそうに、会場を回られていて、主催者として嬉しかったですし、とても励まされました。「本当にありがとうございました。」
f0035962_913026.jpg f0035962_914585.jpg
器をゆっくりとじっくりと選んでおられるお客様。ふんわりホカホカのマフラーを見ておられるお客様。その姿からは、その品を使う時間を、暮らしを、大切にしたいという思いが伝わってきます。
CRAFT市でみつけた道具たち。今、それぞれのお宅で、豊かな時間を醸しだしていますように。こころからそう願っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日はのんびりと片付けをしつつ気持ちをクールダウン。
そして今日からはまた明日に向けて一歩一歩です。

晩秋にかけて小さなイヴェント予定がいくつか。また随時ブログでお知らせしますね。
そしてそして、来春、『夢』がひとつ形になる予定です。さぁーそろそろスパートをかけなくては!


秋深まりつつ・・・。
f0035962_965940.jpgf0035962_953455.jpg
f0035962_954486.jpg
ススキの花の卵色。好きな色の一つ。
[PR]
by chihoa3 | 2010-09-22 09:12 | Comments(5)
CRAFT市
いよいよ日曜日、そして月曜日とCRAFT市がオープンします。
f0035962_11322776.jpg

お天気が少々心配ですが、
きっと降らない!と信じています(なんの根拠もないのですが・・・・)。
それに
多少の雨になんか負けないもーん。

皆さんのお越しを心よりお待ちしています。
[PR]
by chihoa3 | 2010-09-17 11:32 | Comments(4)
朝陽の中の二人♡
以前に比べれば随分仲がよくなったとは言え、まだまだ完全にはうちとけていないミータンとしずく。でも、朝陽のあたるこの場所は猫たちのお気に入り。それで自然と並んでゴロリ。それだけならいいのです。

f0035962_9182532.jpg



最初は気持ちよく日向ぼっこ。






f0035962_9184454.jpg



ちょっと飽きてきたしずくが寝たふりしつつズリズリとミータンににじり寄り・・・







  f0035962_9192427.jpgf0035962_9193711.jpg  










一応降参のポーズ(お腹を上にして)をしつつ、あっちから、そしてこっちから、チョイチョイとミータンの足やシッポにちょっかい。
ミータンが知らんぷりしているのをいいことに段々とエスカレートしてくるシズク。で、とうとうミータン得意の威嚇。「ハァーッ」。これがトラ顔負けの怖い顔なんだなぁー。
で、シズクはまたまた寝たふり。
f0035962_92024.jpg


「フン!こんなもんよ」と涼しい顔のミータン。
f0035962_9201062.jpg


あ゛―、しかし、この展開がこの後何度も繰り返されるのでした。
[PR]
by chihoa3 | 2010-09-15 09:17 | Comments(9)
好きったら好き
f0035962_16334315.jpg目にとまったら買わずにはいられないもの。「青イチヂク」もそのひとつ。この時期にしかいただけない、旬の味ですものね!

今回はなんと、生協の共同購入のチラシに「青イチヂク」を発見。八百屋さんの店頭で、ザルに山盛りにされた青イチヂクを見つけたときの喜びには負けますが、心ひそかに「やったー」と叫び、もっちろん注文書に2と書き込んだ私です。

f0035962_16345011.jpgそうして一週間後に届いた青イチヂク。早速調理開始です。

イチヂクはよく洗い、ザルにのせて水をきります。鍋に重ならないように並べ(皮のまま)、お砂糖をふりかけ(お砂糖は2㌔のイチヂクに対して400g。保存するのでかなり多めです。)しばし置くと、ジワンとイチヂクが汗をかいてきます。のりちゃん家のすだち汁を贅沢に絞りいれ、義兄の白ワインをよびみずとして注ぎ、火にかけます。沸騰したら弱火にして5分煮て火をとめ冷ます。それを数回繰り返しトロリンと、でも形が崩れないように煮あげます。

f0035962_16351553.jpg

保存の分は、熱いうちにビンに詰め、粗熱がとれたら冷凍庫へ。タルトに、ヨーグルトに、ゼリーに。何にしても美味しいイチヂクのコンポート。もちろんそのままでも「最高ぉー!!」です。

f0035962_16353241.jpg出来立てホヤホヤを半分に切って盛り付け。紅茶と一緒に。ねっとりとした果肉の舌触りとプチプチとした種の食感。それに独特の香り。あ~幸せ ♡ やっぱりイチヂクは素敵です。
さて、来週の生協の共同購入のチラシにまたまた発見した青イチヂクの文字。もっちろん、3と書き込んだ私でありました。でも・・・ちょっとため息。あ~、折角冷凍庫掃除してすっきりさせたのに、こうしてまたも保存食で埋まっていくのであった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

盛岡の神子田界隈の道路沿いに、イチヂクの垣根があります。数えたことはないが、立派な木が5,6本はあるのではないだろうか。その道を通るたびにそのイチヂクの木が気になって仕方がありません。あの実はちゃんと誰かが取って、ちゃんと食べているのだろうか?と。全くもって余計なお世話なのですが・・・。
イチヂクでティータイムを済ませ、ふーっと満足のため息をつきつつ、私の頭に浮かんだのはまたしてもあのイチヂクの木。そしてこうつぶやいたのでした。
「誰かちゃんととってるのかなー。そしてちゃんとたべているのかなー。」
相棒は呆れて無言。
「だってぇ~・・・。イヂチク大好きなんだもーん。」
[PR]
by chihoa3 | 2010-09-09 22:15 | Comments(16)
心は一緒に
f0035962_9385218.jpg
台所に立ち、夕飯の準備をアレコレ。

ふと、美しい光を感じで窓の外に目をやると・・・
風景がほんのりバラ色に染まっています。
「あっ」。
とりあえずガスをとめ、外へ。
そして
「わぁーっ」。
久しぶりに美しい夕焼けです。

数十メートル離れた仕事場を見れば
正宏さんが窓から身をのりだすようにしてやはり夕焼けを眺めています。
「きれいだね」
ニツコリ声を掛け合いました。

「結も見ているといいなー」
時計をみれば、スクールバスに乗っている時間です。
もう一度つぶやきました。
「結もみているといいなー」

しばらくして帰ってきた結に尋ねると、
バスの窓から夕焼けを眺めていたとの事。
なんだか嬉しくなりました。

これから益々、いつも一緒というわけにはいかなくなります。
いつまでも、楽しいことや美しいこと、そしてもちろん大変なことを、共に分かちあっていたいと願います。でもそういうわけにはいかないですよね。そう思うとちょっと寂しい。

でも離れていても、例えば今日のように、同じ夕焼けを眺めて「きれいだなー」って一緒に感じられたら嬉しいな。そんなことを思った夕焼けでした。
[PR]
by chihoa3 | 2010-09-09 09:39 | Comments(12)
9月というのに・・・
いつまでも暑いですね。残暑とは言いがたい、盛暑にも勝る暑さが居座っている地方も多いとか。どうぞご自愛くださいませ。

こちらも日中はまだまだ暑く、会う人、会う人と、「もう9月なのにねぇー」と言葉を交わしています。いつもならお盆を過ぎればめつきりと涼しくなり、9月ともなれば秋の気配も濃厚になるたいまぐら。今年はまだまだ残暑が居座っています。

その暑さの為か、今年は夏野菜が過去に例を見ないぐらい大豊作。夏野菜は暑いのが好きなんだね。やっぱり。納得したり感心したり。いつもと手間のかけかたは同じなのに、ナス ピーマン トマト キュウリ カボチャ インゲンマメ 等々はいつも倍近くは採れているのではないだろうか・・・。嬉しい悲鳴を上げています。

今年新しく定番メニューに仲間入りしたカボチャの花の詰め物フライ。ズッキーニーの花のフライは有名ですが、カボチャの花もなかなか美味しいと聞き、早速試してみることにした私。
f0035962_15591984.jpg

リコッタチーズを詰めるのがお馴染みですが、リコッタチーズなどなかなか手に入りません。そこでいつもの実験料理となりました。アレコレと随分試してたどりついたのは・・・水切りした豆腐、ご飯、粗くきざんだゆで卵、すりゴマにパセリ、そしてピザ用のチーズを混ぜ合わせたフィリングです。これを花に詰めてフライにします。花は実にならない雄花を使用。
f0035962_15594671.jpgf0035962_15595417.jpg










毎度の事ながら、何度も試食をさせられる家族には「ごめん」。でもおかげで先日イタリアからいらっしゃったベアーナさんも「おいしい」と言ってくださいました。(たしかコレってイタリア料理だったよね。)我が家の夏の定番メニューがまた一つ誕生です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ナスが好きとは言え、こんなにたくさんあるとねぇー。いくらトマトソースのパスタが好きとはいえ、結もうんざりしてきた様子。まあーそう言わないで食べて頂戴!
f0035962_160244.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_1693596.jpgf0035962_1694330.jpg
以前紹介したリンゴ酢のその後。原形をとどめないほどくつたりとソースのようになっていたリンゴ。先日布巾で漉してみました。フワーンとただようよい香り。「これは!」と期待しましたが、あんまり酸っぱくない。でもそのよい香りは捨てがたく、邪道かもしれませんが、酢とブレンドして使うことにしました。酢飯やサラダにぴったり。大満足とはいきませんが、また挑戦する意欲がわいてきました。
どうしたら酸っぱくなるのかなぁー。どなたかご存知でしたら教えてくださいませ!
[PR]
by chihoa3 | 2010-09-06 16:11 | Comments(10)