ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
お茶碗の上のお花畑
f0035962_1601652.jpg桃色は桜海老。時計回りで、干しワカメ、ゆかり、白ゴマ、おぼろ昆布、そして真ん中が主役のスギナです。写真にはありませんが、小魚や、鰹節なども粉末にして、よーく混ぜれば、我が家特製のスギナふりかけの出来上がりです。(素材はすべてミキサーで粉末にします。)
スギナは、もともと水分が少ないためか、乾かすのにあまり時間がかかりません。雨がちな梅雨でも、一日晴れさえすれば、カラカラのパサパサに乾かすことができるので、この時期の野草干しはスギナがメインになります。干したスギナは、海苔などに入っている乾燥剤と一緒にビニール袋にいれ保存します。
スギナは、粉末にして利用することが多いかな。ふりかけのほかにも、青海苔に混ぜたり、蒸しパンに入れたり、etc, 野草にありがちな「青臭さ」が少なく、色合いもきれいなので、さまざまに利用できる優れものです。薬効もあるので、少量づつを定期的に食べることは健康にもよいようです。

f0035962_161378.jpg時間のあるときは、更に一手間かけて、卵をプラスします。ゆで卵の黄身をつぶし、塩少々を加えてから、目の細かいザルで裏ごしします。フライパンに入れ、ぱらぱらの状態を保つようにさっくりと混ぜながら乾煎りをします。保存させたいときは、しっかりと乾くまで気長に炒りましょう。そうしてできた黄色い「玉」を入れれば、ご飯のお供にピッタリのふりかけの完成。我が家では、スギナの緑と、梅干や桜海老のピンク、そして卵の黄色がそろったこのふりかけを、お花畑ふりかけと呼んでいます。キャラクターが描かれた袋には入っていないけれど、充分子ども心を捉える魅力がありますよ。是非お試しください!
[PR]
by chihoa3 | 2008-06-29 15:53 | Comments(12)
梅仕事と慈雨
さて、いよいよ梅雨らしい日々の幕開けです。
その前の十日間ほどは、とても暑い日が続いていましたから、まさに慈雨という言葉がピッタリです。畑の野菜たちもシトシト雨にシットリと潤って、ホッとしているように見えます。この時期なのだからいつか雨が降るだろうと高をくくって全然水遣りをしませんでしたから「野菜たちよ、よかったね」私もホッとしました。(でも地震で被災された方にとっては不安な雨ですね。二次災害がでないようにと祈るばかりです)

梅雨といえばやはり「梅」ですよね。
今年は去年につづいて実家の梅の木がほとんど実をつけませんでしたから、さてどうしよう・・・と気をもんでいました。けれど、なんというタイミング!正宏さんが和歌山に行くことになりました。もちろん、南高梅を箱一杯に買ってきてもらうことに。

梅農家で直接分けてもらった梅はもぎたてで青々としていましたから、しばらく半日陰で追熟させることに。木漏れ日と暖かな風を受けて、梅はふっくらと黄色く熟していきました。
その時に漂う香りのすばらしいこと! その甘い香りに包まれている時は「この香りが何よりも好き」と宣言したくなります。
梅の香に微笑むのは私ばかりではありません。郵便屋さんや、立ち寄った人の中にも、その香に意識をとめる人がすくなくありません。みなさん先ず「ん?」というように庭先で立ち止まり鼻をヒクヒクとさせます。そして干している梅を見て「あーぁ梅の香かぁ」というようにニツコリと微笑むのです。
その表情が、私はとても好き。しとしとと雨が降り続く梅雨というと、うっとうしいと眉間にしわを寄せて首を振り振りためいきをつきたくもなるけれど、梅の香に「あーぁ」とニッコリと微笑んだ時のように、この季節の中に喜びを見つけ出したいものです。努めて・・・努めて・・・。
f0035962_920789.jpg(水につけた梅)
その梅ですが、ほとんどは梅干に。今塩漬けの最中です。梅酒や梅コンポートも作りました。今年は正宏さんが、梅農家で聞いた方法で梅シロップを作ってくれました。梅を先ず冷凍します。そしてカチカチに凍ったまま同量の氷砂糖と一緒にビンに漬け込むのです。こうすると早くにシロップが染み出すのだとか。果たして「なるほど」でした。自分で作ると愛着がわくらしく、頻繁にビンを回してシロップを梅に絡めたりしている正宏さん。今年の夏は梅サイダーが楽しめそうだね。

f0035962_9204166.jpg
「森の暮らし たいまぐら便り」が昨日から発売となりました。取り扱いをしてくださる書店さんの店頭にもそろそろ並ぶはず。ドキドキしますね。やっぱり。
すでに100冊ほどは、先行でご注文いただいた方にお届けをしました。「ありがとうございました」どんな風に読んでいただいているのかな・・・やっぱりとても気になります。本作りの過程で感じてきた緊張感(心地よい緊張でしたが)とはまた別のドキドキがスタートしています。手にとって下さった皆さん、また感想など聞かせていただけたら嬉しいです。
[PR]
by chihoa3 | 2008-06-24 09:25 | Comments(8)
とり急ぎ・・・
昨日の地震、県南では大きな被害が出てしまった様子。
被害にあわれた方には、心からお見舞い申し上げます。

私は車で移動中でした。
地震そのものより、
慌ててたあまり、危ない運転をしてしまいそうになりました。
自分の運転の弱点をまざまざとみせつけられた感じ。
気をつけます。

取り急ぎ・・・ですが
「私たちは元気です」
お電話やメールを下さった皆さんありがとうございました。

今日も滝沢村で開催中の
ブックカフェ・てくりに参加します。
お近くの方は是非!
[PR]
by chihoa3 | 2008-06-15 05:25 | Comments(10)
ポンもどき
今、確認しているだけでも三匹の野良猫がたいまぐらを徘徊しております。通称「うしねこ」「くろ尻尾」そして写真の「ポンもどき」
f0035962_7322949.jpgさて、問題は、このポンもどきなのであります。
我が家のミースケは過去に二度、子どもを生んだことがあります。二回目の出産でうまれた子猫のうち一匹は、近所の青年Tくんが飼ってくれることになりました。でも彼がたいまぐらで暮らしているのは、農期の春から秋の間だけ。そこで、その間は彼の家に住み、冬は生家に里帰りするというシステムで、飼い始めたのです。その猫の名がポンなのです。ポンはもちろん、夏場もしょっちゅう遊びに来ていました。ところが二年目の夏だったと思います。ある日パタリと姿を消したのです。何か獣にやられたのでは・・・旅にでたのでは・・・いろいろと憶測しましたが確かめようもなく、そうして、かれこれ七年ほど経ちました。
で、その失踪猫にこのポンがそっくりなのであります。しかし、あまりに昔過ぎて確認のしようもない。でも、ミースケの、他の野良猫に対する態度と、ポンに対するそれとは明らかに違うのも「やっぱり」という気にさせます。いつもなら、フーフー言って威嚇しまくるミースケが、ポンもどきには寛容で、網戸越しにではありますが、鼻をくっつけあって匂いを確認したりもしています。まっ、外をお散歩中のミースケに、ポンもどきがなれなれしく近寄ってきたりすると、前足でパンチパンチを繰り出すのですが。でもそうされているポンはといえば、「かあちゃん、痛いよぉー」てな感じでなんかまんざらでもない様子に見える。(考えすぎか?)でも、隣人いわく「ポンにしては若すぎない?」「確かに・・・」という訳で、なかなか真偽が確かめられないまま月日が経っております。
しかし、このポンもどき、足元にすりすりしてくるほど人なれしているのに、ゴミをあさる癖がついていて、ちっょと油断すると、ゴミ袋をヒッチャカメッチャカにしていきます。妙な縁も感じているけれど、最近、その悪行に形勢不利のポンもどきです。
「ねっ、ホント、お前、誰なの?」「ニャー」「・・・・・」「ニャー」
f0035962_732957.jpg
[PR]
by chihoa3 | 2008-06-08 07:32 | Comments(1)
野菜にも個性
しとしとと降り続く雨、そして季節はずれの寒さ。十日間ほど変なお天気が続きました。おてんと様に恨み言を言ってもしかたのないこと。そうわかっていても、つい、ドンヨリとした空をにらまずにはいられなかったのです。
でも、一昨日、昨日と、本当に久しぶりによい天気となりました。結を学校に送り出すと、もっちろん、早速、畑にくり出したのでした。

なんでも雨のせいにするのも気が引けますが、そういえば、一週間ほど、まともに畑を見回っていませんでした。その間も、冷たい雨なんかヘノカッパな雑草は、当然ながら成長を続けていました。そのジャングル化した畑の中で、肝心な野菜たちは身をちぢこませています。「すまん、すまん」とあやまりつつ、せっせと草取りにいそしみました。
一日かけて大まかな草とり終了。覆いかぶさっていた草がなくなって、光も新鮮な空気もたっぷりと降り注ぐようになり、野菜たちもひと心地ついているように見えます。そんな野菜たちの息遣いが、私には、何よりの労働のご褒美のように思えます。

泥にまみれ、汗だらけになった体をお風呂でさっぱりとさせた夕間暮れ、改めて畑をゆっくりと見回りました。
よく見れば、野菜たちもそろそろ個性を現し始めています。
発芽したての頃は、手入れの仕方は、ほとんど、どの野菜も一緒です。草に覆われないように草取りをしてやり、込みすぎているところは間引いてやればいいのですから。
ところが、本葉が伸びだすと、そういう訳にはいかなくなります。野菜ごとに世話の仕方が異なってくるのです。
つるありの豆類にはネットをかけてやらなくてはなりません。トマトは脇芽をかき取り一本仕立てにし、ナスは三本仕立てにします。ジャガイモは5本も6本も茎を伸ばしますから、特に健康優良児の2本だけを残します。浅植えにしたネギにはたっぷりと土寄せをしてやり、キュウリなど株元の蒸れに弱い野菜には敷き草をしてやらなくてはならないのです。
その上、更に成長していくと、一本一本の個性も強まってきます。同じ野菜でも育ち具合が随分違うものなのです。このトマトは、葉ばかり茂って花芽がつかないから、少し根を切って、水遣りを控えよう。こっちのトマトは花芽はたくさんつくが、葉に少し元気がないから油粕の液肥を少しやろう。というように一本一本の状態に適した世話が必要になってくるのです。
今年は寒いから野菜の育ちも遅いだろうと油断していましたが、そろそろ個性に即した手入れが必要な時期に入ったようです。
 
 サラダにいれるルッコラと二十日大根。お味噌汁にする大根の間引き菜。そして、炒め物にするチンゲンサイ。広げたエプロン一杯に、晩のおかずの食材を入れて家に戻りながら、食卓に直結している畑を大切にしようと、改めて思ったのでした。
[PR]
by chihoa3 | 2008-06-06 09:17 | Comments(0)