「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
カテゴリ:季節の便り( 14 )
何故かしらん?
f0035962_913722.jpgf0035962_9131942.jpgf0035962_9133087.jpg
旅人として北国の里山を巡っていた頃、こんなことをよく思いました。「周りがこんなに自然豊かなのに、どうして原色の園芸種の花々を庭先に植えるのだろう?」
道路沿いにズラリと並ぶ、目にも鮮やかな花壇と、「緑を愛しましょう♡」の立て看板をみれば、何故?と首を傾げずにはいられなかったのです。



ところがデス。住人となり数年がたった頃から、私も家の周りに様々な園芸種の花の苗を植え始めました。f0035962_9171044.jpgf0035962_917184.jpgf0035962_9172721.jpg
宿根草が主なので、春先に無事芽を出せは、頑張った頑張った!と喜びます。花が咲けば、よくやったよくやったと喜びます。そんな自分を、時折 冷静に観察しては苦笑いしています。いつの間にか私も・・・と。
不思議ですね。こういうはっきりとした色形が欲しくなるのですから。何故かなぁーと自分で自分を分析してもみますが、よくわかりません。
今日も朝食後に、先ず家の周りをグルリと一周しました。そして、「おや、とうとう咲いたね」とか、「今年の色は少し淡いね」とか「まぁ、こんなところで、こぼれ種が芽生えていた」などと言っては嬉々とした私です。アハハハハ。まぁ、いいよね!


************************

★FC2ブログランキング
★ブログランキング
よろしければポチッ↑ お願いします。

[PR]
by chihoa3 | 2010-05-20 09:21 | 季節の便り | Comments(9)
ゆっくりね。
19日に小学校を卒業した結。
楽しかった小学校生活を懐かしんだり、
春からの中学校生活にドキドキしたり。

「小学校の教科書 そろそろ片付けたら?」
と声をかけても、まだその気にならないらしい・・・。
何から手をつけていいやらわからないみたい。
「そうだよね。」
春休みははじまったばかり。
ゆっくり心の準備ができたらいいね。


結ランチ。
ニンニクオイルで炒めたキノコのホットサラダと
トマトソースパスタ。
yuilunch.jpg
お父さんに手伝ってもらいながら・・・。
「おいしかったよ。ごちそうさまでした。」
[PR]
by chihoa3 | 2010-03-21 09:33 | 季節の便り | Comments(10)
こんな気持ちに・・・
「ひまわりの家の輪舞曲」
崖の上のポニョのサウンドトラックに収録されています。
といっても、映画ではつかわれていないらしい・・・。

この曲を聴くと、どうしたわけか、ウルルンとしてきます。
なぜなのか自分でも不思議なのですが。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あれもしたい、これもしたい、と
とても欲深い私だけれど、
でも、本当に望んでいることは、
たぶんこの歌でうたわれているようなことなんだとおもう・・・。

あれもしたい!これもしたい!
今はそういう思いに挑戦する活力が、
私の中にコンコンと湧きだしているから、
たのしみながら、一つ一つ挑戦していきたいとおもっています。
でも、
野原を散歩しながら、ふんわりとそよぐ風の心地よさをたのしんだり、
お日様の光を、いっぱい部屋に招き入れたくて、一生懸命窓ふきをしたり、
そんな身近な幸せを、なによりも大切にしたいなぁともおもうのです。

おばあちゃんになったとき、
この歌のような気持ちになれるかしら・・・。
雨の日もすき!って言えるかな?
おもいっきりお掃除をしたいと願えるかな?
そして、スカートが膨らむ心地よさを覚えているかな?
そうであったらうれしいなぁー。

メロディーと、麻衣さんの声も素敵ですよ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ひまわりの家の輪舞曲

もういちど自由にあるけたら
おもいっきりお掃除をして
お洗濯をして お料理をつくって
お散歩に出かけよう

晴れたらなんて 明るいんだろう
お日様も笑っている
雨の日もスキ
おしゃれな雨傘
レインコートも着て歩こう

お迎えはまだ来ないから
その間に一寸だけ歩かせて
もういちどだけ踊りたい
そよ風になって

おむかえはまだ来ないから
窓のガラスをふくだけでいいの
もういちどだけ踊りたい
そよ風になって

くるくる回る 手をつないで
背筋をのばして ひざものばして
足を跳ね上げて スカ−トが膨らんで
みんなニコニコ笑ってる

お迎えはまだ来ないから
窓のガラスを拭くだけでいいの
もう一度だけ踊りたい
そよ風になって

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

そうそう!
最近、掃除をお掃除、洗濯をお洗濯、料理をお料理と言うようになりました。
影響されやすい、と自分でもおかしくなるけれど。
でも「お」の気持ち大切かも・・・
[PR]
by chihoa3 | 2010-03-15 09:32 | 季節の便り | Comments(0)
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2010年 本年もどうぞよろしくお願いします。
S8.jpg S9.jpg
初日の出。そして母のお手製のお節。
穏やかなお正月でした。
実家のありがたさをしみじみと・・・。

*************

さて、14日に岩手に帰ってきました。
いきなり強力な寒波の大歓迎をうけることに。
でも・・・あまり寒く感じない。
何故かしらん?
お正月に、更に蓄えた皮下○○のお陰?
喜ぶべきか・・・悲しむべきか・・・。

★☆★☆★☆★☆★☆★

お正月のお楽しみ!はもうひとつ。
正宏さんからのお年玉です。
留守の間に、何か手製の道具を作ってくれるのが恒例となって、
もう何年経つでしょうか・・・。
今年は蒸篭とお盆でした。
「ヤッター」
S1.jpg
蒸篭の本体は桶の技術で作られています。
S3.jpg S2.jpg
蒸気を通す、すのこの部分と蓋の竹細工の部分も正宏作。
すのこ部分は杉材を加工して。
竹の部分は二重になっていて表と裏で編み目が違う!スゴイ
・・・でもそうとう苦労したらしい。
その苦労は充分報われていると思うよ。
とっても素敵な道具です。「ありがとー」

***************

長いこと愛用してきた蒸篭は、正宏さんが中国から抱えてきたもの。
修理しながら使って使って、もうかなりボロボロになっていました。
愛着はあるけれど、そろそろ引退してもらいましょう。

というわけで、
今日、花マンを蒸しました。
S6.jpg S7.jpg
もっちろん、新蒸篭で。
使い心地も大満足。
S4.jpg
ほんのりと杉の香りがうつって、大変おいしゅうございました。

今年はいつも以上に、
蒸し蒸しホワホワ料理に励むことになりそうです。
[PR]
by chihoa3 | 2010-01-19 17:05 | 季節の便り | Comments(0)
それぞれの冬支度
積雪そして寒波。もしや根雪に? とおもいきや、その後の小春日和で雪はすっかり溶けました。お陰さまで冬支度も着々と・・・。

Shitaku2.jpg Shitaku1.jpg Shitaku3.jpg
薪割り、よーし!
スパイク長靴の準備、よーし!
大根の収穫、よーし!
金魚とチャボの避難、よーし!
湯たんぽ よーし!
風除けの板の取り付け、よーし!
エトセトラ、エトセトラ

やれやれ、なんとかととのったかな。でも、なんとなくソワソワ。暖かければ暖かいで、まだ何かやれることがあるのではないかとウロウロしてしまうのでした。
「こうなったらもう、雪が降ってくれたほうがあきらめもつくんだけどなぁー」なんて身勝手なことを考えたりもしていたのです。

そんな身勝手な思いをちょっと反省する出来事がありました。つい先ほどのことです。
仕事中の正宏さんから「お客さんだよー」と声がかかりました。トコトコと出むいたものの、仕事場には満面の笑顔の正宏さんが一人。「?」と私。「ほら、ここだよ」と正宏さんがお腹の上で丸めた掌を静かに広げました。中に包まれていたのは・・・。コロンとまるまったヤマネでした。
Yamana1.jpg Yamana2.jpg
なんでも、風呂桶を包む為の毛布を引っ張り出したら、中からコロンと転げ出たのだとか。もう冬眠にはいりかけているのか、コロンと転げたというのに丸まったまま。ただ、心臓がトキトキしているのはわかりました。「可愛いね」二人して、顔を近づけんばかりに眺めていました。と、掌の中で暖められたからか、鼻がヒクヒク、しまいにお目目もシバシバ。「えっ!えっ?」と思っていると、とうとう目をパチリとあけました。
Yamana3.jpg
「アレレ」と呆気にとられていると、チョコチョコと掌から脇腹へ。もぐりこみ、そして正宏さんの身体をグルリと一周したかと思うと物陰に走りこんでしまったのです。
「あーぁ、起こしちゃった。逃げちゃった。もうすぐ結が学校から帰ってくるから見せたかったのにぃ」
それにしても、なんというたくましさ。言葉通り「身一つの冬支度」。なんかスゴイなぁーとあらためて感心しました。我が冬支度のドタバタを反省しつつ・・・。もちろん、我々は冬眠するわけではないのですから、アレコレ準備が必要なのは当然のことなのですけれどね。でもやっぱりちょっと反省したのでした。

「ヤマネさん、また寒波が来るらしいよ。生命がけの眠りにつこうとしていた矢先に起こしちゃってゴメンネ。毛布使っていいからね。でも猫に見つからないところにもぐりこんでね」
ヤマネがもぐりこんだ棚の隅に向かって、そう声をかけたのでした。

心静かに迎えたいと思いました。冬を・・・。

*****************

お知らせ
農文協発行の「うかたま」vol,17の特集は「酒の友」。下戸の私ですが、酒の友という言葉には、そんな私もそそられる響きがあります。実際、酒の友はご飯の友であることも多いのだ!
さて、おいしそうな酒の友が並ぶいくつかの宴が紹介されている今号。我が家の、ある夜の食卓も”山の宴”としてご紹介いただいています。また”小皿のつまみ”として我が家で定番の数品も掲載されています。
憧れだけでとどまらない、作ってみよう!やってみよう!情報が満載の「うかたま」は、私たち親子のお気に入りです。今回も「うまそーぉ」な品々が満載。是非お手に取ってみてください。
料理する人の笑顔、そして食べる人の笑顔、写真にうつっていなくても、そんな沢山の笑顔が次々浮かんできて、なんだか幸せな気持ちになりました。おいしいものは、やっぱり人を笑顔にしますね。
さぁー早速作ってみよーっと。今日はどれにしようかなぁ?

(お隣のフィールドノートの山ちゃんこと山代さんの連載コーナーもありますよ!)
[PR]
by chihoa3 | 2009-12-02 14:32 | 季節の便り | Comments(0)
ふりました。
2.jpg
今朝のたいまぐらです。ワッホホーォ。



産まれて初めての雪。
とまどったのは最初だけ・・・。
ピョンピョーンと雪野原にかけだしていきました。
30分ほどの散歩からもどってきたしずくの肉球。
まっかかぁー。
3.jpg
[PR]
by chihoa3 | 2009-11-18 10:53 | 季節の便り | Comments(0)
今日は葉っぱ降り
ハラハラハラ・・・美しく色づいた葉が散っていきます。
今日は雨降り。
でも、葉っぱ降りといいたいぐらい、
雨に打たれた葉がハラハラと降るように散っています。

今年も美しかったなぁー。
皆さんに紹介できなくてごめんなさい。
来年のお楽しみに・・・

Mukago1.jpg
昨日ムカゴを収穫しました。
ずっと植えっぱなしの長芋。
ねっちりと味の濃い芋そのものももちろんおいしいのですが、
ムカゴも毎年楽しみです。
今年はどんぶりに一杯ほどの収穫。
ごはんに炊き込みました。
身体が温まりそうな味。おいしゅうございました。
収穫の途中で結がこんなものを発見!
Mukago2.jpg
ムカゴから葉っぱが一枚。
かわゆーぃ!!

さていくつかおしらせです

「おとし文 寒露 霜降」が出来ました。
13号です。
ご希望の方は下記までお便りください。
028-2421
岩手県下閉伊郡川井村江繋5-101-1
安部智穂
大変申し訳ないのですが、
切手420円(冊子300円 送料120円)を同封ください。
すでに切手をお預かりいただいている方には順次発送しています。

今号のコンテンツは・・・
言葉の暦「雲」 結の手作り暦より
たいまぐら便り 実験料理 風景の中の物語 他
フィールド ノート カンタン
季寄せの楽しみ 鰯雲 他
Mother Earth Kitchen 例えば↓他
Mukago3.jpg Mukago4.jpg
暮らしのポケット 手作りひざ掛け 他
「 掌 」 斉藤さんの布
「手仕事ノォト」 ちゃんぶくろ
Home sweet home ぶらさげの術
私の本棚 山からの絵本 他
つぶやき
です。

もう一つお知らせ
盛岡の「ふだん」を綴る本『てくり』
そのてくりが別冊「てのて」を発行しました。
岩手のてしごとを紹介する一冊。
16人の作り手さんと作品が紹介されています。
因みに・・・桶正もご紹介いただいています。
さて、その関連イベントとして、
ごはん会をてくり主催で催します。
「てのて」で紹介されている道具を実際に使いながらごはんをたべよぉーという会です。
なんと、料理担当は私・・・う〜ん、私でよいのかしらん?
上記写真の豚肉のリンゴ巻きも一品に加える予定です。
岩手のリンゴをたっぷりつかった一品。この季節にぴったりのお味です。
まだ若干名余裕があるらしい・・・
ご都合のつく方は是非食べにきてくださぁーい。
11月10日まで受付けるそうです。詳しくはこちらから・・・

あっ、もうひとつあった。
大阪の堺市(正宏さんの生まれ育った場所です)で
10月31日と11月1日に開催される「灯し人の集い」というイベントに
桶正が参加します。
詳しく知りたいかたは検索してみてください(不親切でスミマセン)
私も初日だけですが会場におります。多分・・・。
お近くの方は是非おでかけください!
桶正は故郷に錦が飾れるのでしょうか??
[PR]
by chihoa3 | 2009-10-26 14:41 | 季節の便り | Comments(0)
たった数日の間にも
CRAFT市、たくさんの方のお力添えのお陰で、今年も盛況の中終了しました。
例年よりたくさんの方にお出でいただきましたが、森の中はそれなりに落ち着いた雰囲気。でも、会場の外では大変な混雑だったようです。道路も大渋滞していたらしく、いつもの何倍もの時間をかけて、ヘロヘロになってやってきてくれた方も多くおられました。本当にお疲れ様でした。そして「ありがとうございました。」

さて、CRAFT市が終わった翌朝(22日のことです)。2日ぶりにチャボ小屋を覗き込んでビックリ。なんか小さいものがたくさん走り回っているのです。
Piyo.jpg
「ヒヨコだぁー!!」
もっちろん、「まぁちゃーん、ゆいぃー、すぐ来てぇ」と叫んでしまいました。な、な、なんと、九羽ものヒヨコが誕生していたのです。世話をたのんでいた隣人に聞くと、21日に生まれたとのこと。ピヨピヨピヨ。その可愛いこと。親鳥のお腹にもぐりこんだり背中に飛び乗ったり。本当にめんこい! 全身白いのは一匹だけ。他は母さん譲りの黒斑。黒斑は取り合えずひっくるめてカリメロと呼び、白い一匹はとりあえずプリシラとよんでいます。

ようやく通常の暮らしに戻った今日。ゆつくり畑を見回ってがっくり。採りそびれた野菜が大変なことに。どから手をつけていいものやら。とりあえず、花盛りの菊の花を全て摘み取り、菊海苔を作りました。菊を蒸かしたいい香りが部屋の中一杯に漂っています。
Nori1.jpg Nori2.jpg
Nori4.jpg Nori5.jpg
菊の花を摘み 酢水で蒸かす
薄く広げて干す カンタンさんの為に数輪残して 
[PR]
by chihoa3 | 2009-09-26 12:00 | 季節の便り | Comments(0)
雨のせいではないけれど
大変ご無沙汰しております!!
またもやってしましました・・・。こう度重なると、我ながら情けないです。

さて
皆さん如何お過ごしですか?

雨や地震の災害が各地でおきていますね。
心がいたみます。
どうか、一日も早い復興を、と願うばかりです。

今年のたいまぐらの八月は、雨、雨、そして雨の毎日です。今年の夏はいずこへ行ってしまったのでしょうか?明後日からは青空が戻ってくるとの予報がでていますが、頭上にひろがるのはきっと秋の空でしょう。たいまぐらの夏は、例年でもお盆までなのですから。

畑の野菜たちも、日照不足で少々しょんぼりしています。特にトマトがなかなか色づきません。ズッキーニやモロッコ豆、それにピーマンなどは、雨にも負けず、すごい勢いなのですけれど。雨の合間に、少しづつ草取り。今年は草取りをしている私の後ろから、とことことチャボがついてきて、ミミズやら青虫やらをつついていきます。
chabo.jpg

お日様が恋しいのは野菜ばかりではありません。
青空がのぞくと、屋根の上に現れる人影・・・。日向ぼっこのつもりらしい。
2009 7 037

お知らせをいくつか
★今年は「おとし文」をいつもより多く発行しようと思っています。五月末に発行した穀雨・立夏号につづいて小暑・大暑号ができました。前号から、料理のページを多めにしています。
aa1.jpg
内容は
言葉の暦 「笹かざり」
たいまぐら便り
フィールドノート
季寄せの楽しみ
Mother Earth Kitchen
暮らしのポケット
『掌』
手仕事のノォト
Home sweet home 
私の本棚
つぶやき
です。
aa4.jpg aa6.jpg
(17ページの冊子となります)
ご希望の方は、大変申し訳ないのですが、切手420円(冊子代300円+送料120円)をお送りください。028-2421 岩手県下閉伊郡川井村江繋5-101-1 です。

★和みの道具展もやく二週間後にせまりました。今日ご紹介するのは今野君です。
7.jpg
使いやすく、あきのこない今野君の器は我が家でも大活躍。きをてらわず、暮らしにしっかりと寄り添う、今野君の器がたくさん集います。どうぞ皆さん足をお運びください。

★「婦人之友」という雑誌があります。母校の自由学園を創立した羽仁両先生が創立された雑誌で、なんと、現在1276号。大変歴史のある雑誌です。とっても読み応えのある一冊デス。暮らしに即活かせる知恵が多く掲載されていますし、特集ではいろんなテーマが取り上げられ、深く思考するきっかけを与えてくれます。
その最新号(9月号)で私たちの暮らしが紹介されています。よろしければ、ご覧ください。
[PR]
by chihoa3 | 2009-08-13 10:54 | 季節の便り | Comments(0)
毎日のいろいろ
今年は畑がとっても順調です。一昨年仕込んだ熟成堆肥をたっぷり仕込んだお陰かな・・・。カブトムシの幼虫君たちには強制的に引越ししてもらって悪かったけれど、これでよかったのだ!
菜物は食べきれないぐらい・・・。大根や絹サヤ、スナップエンドウはそろそろ食べられそうです。楽しみ楽しみ!
Hata.jpg Hatake2.jpg

結は、お父さんの仕事場の窓辺が大好き。お天気で、時間にゆとりのある休日などは、よく窓辺で長いこと本を読んだり絵を描いたりして過ごしています。時折お父さんとの会話を楽しみながら。何を話しているのか、笑い声が聞こえてくることも・・・。
その光景をみていると、私もとても幸福な気持ちになります。そして遠くから、しばらく眺めてしまうのです。
Yui.jpg
理由はわからないけれど、ふんわりと心に沸いてくるこの幸福感。おおくは望まない・・・。この時間を大切にしよう・・・と思います。
結も六年生。いつまでこんな時間が過ごせるものやら・・・

しずくちゃんの毎日・・・
Neko.jpg
とうとう庭先の金魚鉢に気がついてしまいました。日に何度も鉢のへりにのぼり、スイスイと泳ぐ金魚を眺めています。時には無謀にもチョイチヨイと手を伸ばしてヨロリ。いつの日か、絶対に落ちると思う・・・。

さてしっばらくぶりに仕事の話題を・・・。
今週末は青森の鰺ヶ沢で開催されるC−POINTというイベントに出店します。
8月の末には今年も和みの道具展を開催します。案内のフライヤーを印刷に回したところ・・・。出来上がったらまたおしらせします。送付希望の方はご一報ください。9月のCRAFT市の準備もすすめていますよー。今年は例年以上に素晴らしい作り手さんが集います。こうご期待!

和みの道具展に参加くださる仲間を一人づつ紹介していきます。
星耕硝子さん。
Itou.jpg
今年も涼しげで暖かな硝子の器で参加してくださいます。
[PR]
by chihoa3 | 2009-06-29 10:40 | 季節の便り | Comments(0)