「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
カテゴリ:桶正( 2 )
蒸篭三兄弟
五月末に長野県松本市で開催される、クラフトフェアーまつもと。
桶正は、今年も参加します。

ご注文の桶を製作する合間に、
クラフトフェアーまつもとへの出店準備も.はじめました。
蒸篭三兄弟もデビューの予定。
seiro.jpg
蒸篭は、注文での製作はいたしません。
でも、ごくたまに展示会などで販売する予定です。

蓋の網代部分を編むのに、大層手間がかかる蒸篭。
網代編みをしているときは、人相まで険しくなってる桶正です。

まだ気が早いですが、
クラフトフェアーまつもとの詳細はこちらから・・・。
matsu.jpg
縣の森公園でお待ちしています。
[PR]
by chihoa3 | 2010-03-21 09:16 | 桶正 | Comments(2)
桶屋は橇もひく〜♪
味噌仕込みの季節ですね。我が家も今年は豆を半斗ほど仕込もうかと思っています。

桶正も味噌関連の仕事が続いています。味噌桶はもちろん、先日は、沿岸の麹屋さんから、米を蒸かす際に使う大きなコシキ(桶製の蒸篭のようなもの・・・)のご注文を頂きました。
麹屋さんは今がかきいれ時!なるべく早く作って欲しいとの切なる希望もあり、夜なべ仕事になりました。まーちゃん、ご苦労さまでした。
そうして出来たのが写真の桶です。
oke1.jpg  oke2.jpg
このままお湯の入った大きな鍋にのせ、桶に米を入れます。鍋が沸騰すると、底の丸い穴から蒸気が上がってきて米を蒸すという仕組みです。

さて、先日の大雪で、桶の仕事場は四方を雪に囲まれてしまいました。
通常、大きな桶を運び出すときは、いつも仕事場に車を横付けにするのですが、それも出来ません。う〜むどうしよう・・・。
そこで登場したのが、古い木の橇です。まさか、こんな風に役立つとは!
oke3.jpg
それはそれはよく滑るので、難なく桶を運び出すことが出来ました。あまりにスムーズなので、母屋まで橇のみで運ぶことに。たっのしぃー!
oke4.jpg
とはいえ流石に坂道は辛い・・・。とそこに現れし助っ人。持つべきものは頼りになる娘だねぇー
 oke5.jpg
と思いきや・・・おいおい乗ってどうする!!
[PR]
by chihoa3 | 2009-02-06 18:07 | 桶正 | Comments(0)