ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
始動!

薄暗いうちに起きだして、
薪ストーブに火をいれました。
「ヨッコイショ」と
ストーブの上に大きなボールを2つのせて、
また大慌てで暖かな布団へ。...
猫2匹、の間に割り込むようにもぐりこみ、
もう一眠り。

f0035962_16534495.jpg
再び目覚めた時は、
ほんのり甘い香りが寝間にもホワワーン。
朝一でストーブの上にドンとのせたのは、
一昼夜しっかり浸水させた、
艶々ふっくらの大豆。

今日、やっと味噌を仕込みます。

年末に仕込むつもりだったのです。
糀も早々と手に入れたのに・・・。
でもなんだかバタバタ忙しくて、
結局年を越してしまいました。
糀は、手に入れてすぐに塩切りしておきました。
その時点で
早くも逃げ道作ってしまったのがイカンかった。
出来立て糀をすぐに仕込んだ方が良いのにね。

今年は、
大豆3kg、
糀6kg、
塩1.3kg
の配合で作ってみようと思います。
いつもは豆と糀は同量にしています。
今回は糀が倍量なので、
水分加減に迷っています。
糀は多分すごく水分を吸うと思う・・・。
大豆を煮る時の水加減を
いつもよりかなり多めにし、
潰すときもかなり多めに煮汁をまぜていますが、
そうなると塩加減もちょっと心配だなー。
上に振る塩をいつもより多めにすることで
様子を見ようと思います。
味噌を仕込み始めて23年目。
毎年毎年工夫しながらの味噌仕込み。
楽しいな。
はてさて、どうなるかな?

f0035962_16535147.jpg
今年は桜の桶に仕込みます。
一昨年、大迫から買った薪は大半が桜でした。
それもとても立派で素性のよい桜。
特にまっすぐな部分を割り材にして干しておき、
今年、その材から桶を作ってくれました。
毎年何かしら手作りのお年玉をくれる桶正。
ここ2年は続けて味噌桶だね。
本当にありがとう。
桜の花の塩漬けが大好きな私たち。
桜のチップで燻した燻製も大好きな私たち。
さてさて、桜材の桶で仕込んだ味噌は
どんなお味になるかしら??
とーっても楽しみです。

去年はクルミの桶で仕込みました。
とてもよい感じに仕上がっているので、
桜の桶にも期待です。
あっ、
もっちろん杉の味噌桶も
軽くてとーっても使いやすい。
今年は新調した桜桶と、
6年目の杉桶、2つに仕込みます。
また味の比較も楽しみだ。

さて、ストーブの上で下茹でした大豆を、
圧力鍋でやわらかーく煮てはつぶしている最中。
タイマーがなったので、台所へ。
やっと半分だ。

f0035962_16540433.jpg

FB たいまぐら便り


[PR]
# by chihoa3 | 2018-01-09 10:52 | Comments(0)
初!

穏やかなお天気。
1週間分のホコリを掃きだして、
すっきりさっぱり。
遅ればせながら・・・
気持ち新たに1年のスタートです。...
今年はどんな毎日になるのかしら?

2018年
初お菓子はエクレア。
そしてクツキー。

f0035962_16553471.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2018-01-06 16:57 | Comments(0)
まきまきまき

お昼は娘の好物の海苔巻き。
今日はエビフライを入れてみたよ。
甘辛いタレを絡めてからね。
マヨネーズも一緒に巻いたよ。

f0035962_16563153.jpg
f0035962_16563775.jpg
2人ともおいしそうにパクパク。
おいしそうに食べてくれる人がいるって
ありがたいことだなぁー。

私は端っこが好き。
エビフライの尻尾もバリバリって食べちゃうよ。
猫がね、
何食べてんの?って不思議そうに見ていたよ。

f0035962_16564286.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-28 16:57 | Comments(0)
うっれしいなぁー

クリスマスだというのに。
煮豆でお茶っこ・・・。
ションボリ

てなことになるかと思いきや、...
予定より早く帰ってきた娘ドノが、
可愛いクリスマスケーキ作ってくれたよ。
やっぱり嬉しいね。
華やぐね。

ありがと。

毎度のことですが遠巻きに眺めてドキドキ。
どんなケーキになるのかな?ってね。

可愛いケーキにホッコリ

f0035962_16555528.jpg
f0035962_16560259.jpg
f0035962_16560692.jpg
f0035962_16562369.jpg
クッキー作りも楽しいね。
f0035962_16561598.jpg
f0035962_16562049.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-25 16:59 | Comments(0)
CRAFT 春市 スタートします。

f0035962_14230887.jpg
CRAFT市2018  春市!スタートします。
 5月12日(土曜日)9:00~16:00
   13日(日曜日)9:00~15:00

2018年のCRAFT市は、...
春と秋の2回の開催となります。

応募を本日より開始いたしました。
参加希望の方は以下HPから資料をご覧いただけます。
http://www.geocities.jp/craft_ichi/index.html
ご応募をお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・

CRAFT市は、これまで年に1度、9月に開催してきました。回を重ねる毎に成長し、今ではたくさんの方から参加のご希望をいただき、またたくさんのお客様にご来場いただけるイベントに育ってきました。皆さまのおかげと感謝しております。ありがとうございます。
 
CRAFT市は、今後も、どんぐりコロコロの森で開催していきたいと考えております。しかし、ここ数年、出店者や来場者の増加にともない、窮屈になってきました。そこで今年は新たな試みとして、年2回開催することとしました。各回の出店数を減らすことで、ゆったりとした雰囲気の中、CRAFT市を楽しんでいただけたらと考えております。春市秋市、いずれも出店数は80軒(クラフト部門70 食品部門10)。春と秋の合計では160軒となります。これまで以上にたくさんの作り手さんに、CRAFT市に参加いただけることになります(※春市と秋市では出店者が異なります)。

初めての試みとなりますので、これまで以上に心をこめて準備を進めていきたいと考えております。
どうぞこれまで同様に、皆さまの応援をお願いします。   

CRAFT市事務局 安部智穂


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-25 14:23 | Comments(0)
カウントダウン

f0035962_16223646.jpg
冬至ですね。
明日から少しづつ陽が長くなる。
そう思うと励まされます。
冬はこれからだけれど・・・。

...

宮古の市場で沖ハモを買いました。
アナゴに少し似ている。
かなり大味だけれど。
それでも安価で新鮮なものが手に入るから、
見つけると買って甘辛く煮つけます。
今回は海苔巻きをつくろうかなーと思って
でも、あらら、半分以上なくなってしまった。
晩酌のあてにしちゃったからね。

慌てて海苔巻きクルクルリ。
キュウリと卵焼きと一緒にクルクルリ。

あ~、海苔巻き大好き。
巻くのがね。
食べる以上に。

f0035962_16171485.jpg


f0035962_16171926.jpg
f0035962_16172412.jpg
f0035962_16170710.jpg
f0035962_16210191.jpg

・・・・・・・・・・・・

f0035962_16211103.jpg
国産のレモン4個。
少しだけどウォッカに漬けました。
リモンチェッロです。
実家の庭のレモンは、
今年はたくさん実っているのかな?
1月に少しまとめて帰省する予定です。
f0035962_16215104.jpg
あっという間ですね。
もうあと9日間。

でも普段とあまり変わらない毎日。
いいのかな?
いいよね。


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-22 16:19 | Comments(0)
大掃除はしないけどね

f0035962_17111849.jpg
ちょっと調べたいことがあり、
数年前のblogをみたのですが、
あらあら、やっぱり今年の雪と寒さは普通じゃないのね。
12月末でも雪が全くない年もあり・・・。

どうりで薪も減るわけです。

f0035962_17110917.jpg
この柱と柱の間の薪で、
12月分は足りると思っていたのにな。
薪、たくさんあるからいいけどね。

一輪車一台で2日もちません。
真冬並みですぞ、この消費量は。

f0035962_17111399.jpg
・・・・・・・・・・・・


少しづつ、少しづつですが、毎日一カ所と決め片付開始。
今日は保存食の棚を掃除しました。
時々拭き掃除をしてはいるけれど、
奥の方はギョッとするぐらいホコリが・・・。
お湯がたっぷり沸いているから、
冬でも拭き掃除が苦ではないのでけれど、
なんども布巾を濯いでいたら、
手がガサガサになっちゃった。
遠野の産直で買った馬油で手入れしながら拭き拭き拭き。

このところ、保存食作りは少し控えめにしています。
食べきれないほど作っても無駄になるし。
そう心がけていても、
気が付けば棚一つには収まらなくなっていて、
あっちこっちに瓶詰が。
半端なものはまとめたり、
もう絶対に食べない物は心を鬼にして堆肥に積んだりして、
棚もすっきりとさせました。
来年も作りすぎないようにしよう、と決心。
毎年のことだけれど。

f0035962_17104355.jpg
特大の栗で作った渋皮煮の瓶詰。
お正月に、と思っていたけれど、
えーぃ、空けてしまえ!
栗饅頭にしました。
山の栗の10個分はありそうな大きな栗。
餡子でつつみ、サックリ生地で包んで焼きました。
生地に加えるサラダ油が足りなくて、
ゴマ油で作ってみたのだけれど、
なんか月餅みたいでこれはこれでおいしいデス。
f0035962_17003609.jpg

明日は脱衣所の棚だな。


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-20 17:11 | Comments(2)
真冬です。12月ですけれど
f0035962_11443105.jpg
このところ、毎晩のように地震。
しかもそこそこ大きい。
ガバッと起きてしまうから、
その後の眠りが浅くなり、
少し頭が重い・・・ぞ。


またまたおでん。
今回は白おでんになったね。
車麩と生麩
もたっぷりいれました。
根曲竹も入れてみましたよん。
いま巷では、
グルテンフリーが流行っているようですね。
つい最近まで、
確かお麩は健康食と人気だったような気が
するが・・・。
おいしいものをありがたくいただくのが私
の健康方。
しみしみのお麩!おいちぃー。

f0035962_11372615.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0035962_11371958.jpg
昨夜はまたまた積雪。
15cm、いや20cmくらいは積もったかなー。
雪かきすべきか、微妙な量。
屋根の雪が落ちてからにする??

湿り気を含んだ雪。
屋根からトロリンと垂れ下がっている。
布のようデス。

・・・・・・・・・・・・・・・

先日稲わらを入手したので、
少し早いとも思ったけれど、
しめ飾り作って飾りました。

f0035962_11375219.jpg
たくさんのふしぎの「しめかざり」をみると、
この形は岩手の花巻と書かれているけれど、
宮古辺りでもこタイプが主に売られています。
それらを参考に編み編み。
f0035962_11373324.jpg
と言っても見様見真似で作ったから、
正式ではないと思います。
シンプルな形なので、
縄ないがヘタな私でもなんとか作れました。
左綯い、だんだん上手にできるようになった気がする。
ウメモドキや唐辛子の彩りも加えて。
イワシ、全部頭と腹を取ってしまってたから
アジを挿してみました。
神さま、如何でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_11373912.jpg
毎朝猫の寝床にも湯たんぽをいれている。
なんせお湯がボコボコ湧くからね、ストーブの上で。
クゥーちゃん、湯たんぽの上に寝転がり極楽の顔。
でもなんかアホみたいに見えるよ・・・。
すぐに一匹、また一匹とやってきて、
ギューギューに。
それはそれで幸せそうだね。
f0035962_11374388.jpg
f0035962_11374802.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-19 11:41 | Comments(0)
ミシンカタカタ

f0035962_10043815.jpg
あ~、やっちまったぁ。
今日は、
桶正が桶作りにつかう竹釘を作ろうと、
決めていたのだけれどなぁー。
昨夜から作り始めた縫物が気になって、...
やっぱりミシンに走ってしまった。
桶正よ、許してくれ。
明日こそ必ず作りますぞ・・・。

縫物が大好き。
始めると中断ができない。
結果、家の中は散らかるし、
家事も滞ってしまう。
毎回反省するのだけれどね。

f0035962_10044741.jpg
うん、結構いいかも。
ウールで作ったから背中も暖かいし、
袖なしなので、
重ね着しても腕も動かしやすい。
定番になりそうです。
エヘッ

ウール生地を縫うのは本当に久しぶり。
自由学園の生徒だった頃、
ウールのコートを作りかけ挫折したの。
縫物をしていると必ず学園のことを思い出す。
あんなに苦手だったのに、縫物が・・・と。...
苦手だっからこそ、
少しづつの上達が嬉しいし、
作ったものを着れる喜びもひとしおなのかもなーと思う。
苦手であることは、
だからある意味エネルギー。
学園生活はとても厳しくて、
自分の未熟さを嫌というほど味わった。
それでも支えてくれる友達がいたし、
創立者の思想もあって、
苦手なものともちゃんと向き合うことができたのだと思う
卒業してから、もう何年も経つけれど、
あの頃向き合った苦手なことを、
今も一つ一つ好きなことにかえる作業は続いていて、
それはとても楽しいこと。
縫物をすると、
あらためて学園への感謝の気持ちが湧いてきます。
自由学園
https://www.jiyu.ac.jp/

f0035962_10081709.jpg

なんかクリスマスっぽいので、ここ最近、手土産やら贈り物用やらに、このケーキをよく焼いています。
「たいまぐらのおやつ」に掲載しているリンゴケーキのリンゴを、冷凍ブルーベリーに替え、上にクラム代わりの砕いたクッキーをのせて焼いています。
仕上げに刻んだナッツをのせ、グラスロワイヤルをたっぷり。
是非作ってみてください。
このリンゴのケーキは、様々な果物で作ってほしいレシピです。...
バナナでもグレープフルーツでもおいしいよぉー。
f0035962_10045059.jpg
最近気に入っている、ココナッツとショウガとレモンのロッククッキー。ガリガリシャクシャク。歯ごたえも楽しい
f0035962_10042691.jpg

「たいまぐらのおやつ」は
↓こちらでも購入可能でしゅ。
http://tekuri.net/森の食卓たいまぐらのおやつ/





[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-11 10:07 | Comments(0)
暮らしを積み重ねて

f0035962_10041214.jpg
で、で、でけた。
でも、やっぱりすごく難しい。
昨夜は途中でギブアップ。
午前中一番に仕上げました。
気になって家事が手に着かないからね。...
そうして四苦八苦して
なんとか綴じ付けたけれど・・・、
う~む、む、む、む、む。

f0035962_10041726.jpg
密に編んだカゴの縁まきの場合、
縦ヒゴに割るように穴をあけ、
その穴に縁まき用のヒゴを通さなければならない。
やはりきれいに仕上げるのは至難の技です。。
あらためて職人さんの作ったカゴを見ると、
ただ、ただ、感嘆するばかり。
経験をつむって、本当にすごいことだ。
ということを、
「つくづく感じただけでも作った意味はある」
ということにしよう・・・。トホホ。
f0035962_10042114.jpg
でも折角なので使いますよん。
さてさて、使用に耐えるでしょうか??

あー、まだまだ桶正実験の産物や副産物がいっぱい。
でも、そろそろ腕の痛みがひどくなりそうだから、
夜な夜なの民芸道はしばしお休みにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そして始めるのはミシンカタカタ。
ウール生地で
何かよい普段着を作れないかと常々思っていたのだけれど、
少し昔の『暮らしの手帖」によい型紙が掲載されていたの。
ちょっとコレ、作ってみようかなー。

冬の夜は長いのです。
手仕事いろいろ、楽しいね。

f0035962_10043214.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-10 10:14 | Comments(0)
やりたいことがありすぎて・・・

11月末から寒かったせいか、
早くも寒さに体が馴染んできている。
今朝も、今季最高に寒かったらしいが、
「そぉう?」という感じ。
もちろん寒いは寒いのだけれどね。


f0035962_10001156.jpg
豆柿の木に取り残した実、ポツリポツリ。
寒風にさらされて干し柿みたいに。
ほんのり渋さが残るものの鄙びた味わい。

f0035962_09535277.jpg
今日は、猫ベッドにクウちゃんとキナコ。
仲良くお手手を重ねているね。
猫が仲良くしているのを見ると、
心底ホッコリして暖かくなる。

・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_10015086.jpg
夜なべ仕事。
昨夜は小さなカゴを。
桶正が箕を作ろうと栗の内皮をとりました。
その残りの外
皮を使って編み編み。
乾くとバリバリになってしまうの。
分かっているけれど、
捨てるのも忍びなく、もったいなく

カゴに。
銀杏を入れようと思う。
多分2,3年しかもた
ないと思うけれどね。

眠かったからね、雑デス。
f0035962_10015705.jpg
今晩の手仕事は初挑戦の丸く浅いザルの縁編み。
あ~、絶対に上手くいかないと思う。
f0035962_10020485.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-09 09:59 | Comments(0)
冬支度、急がなきゃ!

f0035962_09515106.jpg
気温はそこそこ低いけれど、風のない一日。
冬の寒さは風次第、みたいなところがあるから、
こんな無風の日は外仕事がはかどります。
今日は、朝から冬支度の追い込み。
先ずは薪割り。...


除雪の際、邪魔になるような場所に積んだ分だけは、
なんとしても片付けなければならなかったから。
ホッ!終了。

薪、いろんな樹種があり、燃やすのが楽しみ。
どんな火力かな?
どんな香りかな?
パチパチはぜるの?
等々。...
一口に薪と言っても、
樹種によって様々です。
オレンジ色のはハンノキ。
私たち的には、
ハンノキはあまり歓迎しない薪でした。
でも、山の達人てあるKさんが、
ハンノキは薪ランクで2位だ!
と言ってたと聞いて、
俄然、楽しみになりました。
何でも、灰が残りにくく、
きれいさっぱり燃えるらしい。
ほぉー。
そういう視点で見たことがなかった。
燃やすのはまだ先ですが、
とても楽しみです。

おそらく20種類以上の樹種が
ありますぞぉー。
ハンノキ
ケヤキ
サクラ
トチ
ハルニレ
サワクルミ
オニクルミ
ブナ
マカバ
クリ
ヤナギ
ナラ
ヨグソミネバリ
アサダ
ホオ
アカマツ
イタヤカエデ
クマシデ
ハウチワカエデ
ドロノキ
シラカバ
等々

手付かずの薪の山は来春に・・・。

今、桶正は除雪機のオイル交換しています。
さて、今年の降雪はどれぐらいになるのかな?

f0035962_09583363.jpg
午前中、めいっぱい働いて、
お昼はジャジャーン。
大阪の親戚から届いた551の豚まん!
中国茶を淹れ、
野沢菜と煮花豆も添えて。
あ~幸せのお昼。
551の豚まん、最高!...

野沢菜、いい感じに漬かってます。
まいなちポリポリ。
やっぱり漬物っていいね。
って、年のせい??


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_09515814.jpg
私は、午後は味噌桶の整理。
中途半端になっている味噌をまとめて、
今年仕込む味噌をいれるための桶を空けなければ。
今我が家で使っている味噌桶は5個。
去年新調したクルミの味噌桶は
まだ口空けしてないのですが、
(奥真ん中)
そろそろ味見してみようか?
楽しみです。

今年は早くも外水道が凍ってしまったので、
桶を洗ったり、
は湧き水のマチ船でしなくてはなりません。
ヤレヤレです。

冬支度を進めながら
心も少しづつ冬へヨーイ、ドン!

・・・・・・・・・・・・・・

5日は免許の更新をすませ、一路一戸へ。
どうしても見たかったアスファルト展へ。
縄文時代にアスファルトは
重要な接着剤として利用されていたのです。
天然のアスファルトを精製して、
矢じりや、漁具などの接着や防水に使ったり、
土偶の修理にも使ってたんだって。
興味深い展示でしたが、
疑問は深まるばかり・・・。
今度は是非アスファルト研究会の方がいらっしゃる時に
伺いたいデス。
質問攻めにしちゃいそう。
縄文時代ってやっぱりすごい!!

f0035962_09534539.jpg
道々、産直によりつつ。
知人から一戸の産直でカヤの実が売っていたと聞き、
半信半疑で行ってみたらありました!買いました!
そしてまたまた、売場の方とカヤの木談義。
どんだけ榧の木が好きなんだ、私たち。
春ぐらいまでのカヤの実をGET。
もう、ローストしたカヤの実をかけないサラダなんて
考えられないぐらい、
とても気に入っている私たちです。


f0035962_09525877.jpg
久しぶりに玉山でお昼時に。
で、支所前食堂に数年ぶりに行きました。
駐車場に着いた途端、すごいニンニクの香り。
ボリューム満点でしたが、
とてもおいしかった。
なんかスタミナついたどぉー。
身体ポカポカ。
f0035962_09532386.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-07 09:51 | Comments(0)
作るって楽しいね。

f0035962_10264745.jpg
洗濯物が、バリッと凍る季節です。
風もあり、乾燥もしているのだから、
よく乾くはずなのだけれど、
凍った洗濯物は簡単に水分を手放さない。
室内に干せば煙の匂い。
煙の匂い、嫌じゃないけどね。
物干しが足りなくなることもしばしばで、
もうひとつ買い足そうかと思いつつも場所とるしなーと。

f0035962_10271518.jpg
f0035962_10310271.jpg
桶正がニギョウを蒸した時には、
使えないツルを選り分けます。
それをもらってU字に整形して干しておくと、
いろんな細工の材料に。
カゴの取っ手にしたり輪かんじきにしたり。
一番利用するのが物干し作り。
こんな単純な物だけど、意外と人気で、
作ってみたいという方も多く、
手作りの材料にもします。
いつもは小さな物干しをつくるのだけれど、
試しに大きなの作ってみました。
使えそうだけど、アハハ、かえって場所とるね。
それでも買ってきたものより、
たとえ不細工でもなんか使っていて楽しいから、
まぁ、いいか。

f0035962_10272233.jpg
冷凍庫の掃除。ブルーベリー、まだまだあるね。
ジャムにしたりケーキにしたり。
ムスメドノに送るようにとケーキは数種類焼きました。
早速お友達と食べたんだって。
冬はオーブンをつけると台所がホワーンと暖かくなって、
なんだか幸せ。
つくづく思うがホント台所仕事が好きだ。
掃除は苦手だけどね。
手土産用に袋へ。クリスマスシールペタッ。
f0035962_10273425.jpg
f0035962_10263915.jpg
f0035962_10263131.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_10265612.jpg
桶正の蒸し蒸し実験は続いております。
今、家の前には様々な樹種の丸太が転がっているので、
実験やり放題。
成功もあれば失敗もあり。
f0035962_10270752.jpg
桜の皮は大成功。
本来は初夏にしか剥けない桜の皮だけれど、
よく蒸すと、いつでも外皮がきれいに剥けることが分かりました。
たまたま冬に伐採された桜の木と出会っても、
いままでみたいに、
皮の向ける季節だったらよかったのに・・・
ともったいながる必要がなくなりました。
まぁ、桜の木を丸ごと蒸すのは大仕事だけどね。
桜の樹皮をもらって、小さなポットマット作りました。
桶正の実験の恩恵を一番受けているのは私ですな。
実験万歳!
f0035962_10274148.jpg


[PR]
# by chihoa3 | 2017-12-04 10:31 | Comments(0)
小さな旅

22日。
桶の配達があり、
久しぶりに県南へ。
まさかの雪道にハラハラ。
早朝だったこともあり、...
たいまぐら周辺と立丸峠周辺は圧雪凍結。
ひぇーです。

黒石寺さんへ桶を収めました。
蘇民祭が特に有名なお寺です。
血気盛んな男たちの祭りに、
桶正の桶が無事貢献できますように。

f0035962_15594824.jpg
久しぶりの県南なので、 楽しみに出かけました。
数年ぶりにOIGENさんにも。
OIGENさんの商品はたくさん使っていますが、
新装されたSHOPを訪ねるのは初めて。
迷った末にホットサンドを焼く鉄器を購入しました。
冬のストーブ料理にまたひとつ楽しみが増えました。
コチラも↓欲しかったなぁー、やっぱり。
普通サイズのはもってるのだけれど
ちっこいたい焼きもめ
んこいもの。

f0035962_16024134.jpg



f0035962_16045385.jpg
お昼はSATOさんにて。
とーってもおいしかったです。
定食とカレーを。
ボリュームもあり、お野菜もたっぷりで、
大満足!
居心地もよくまったり。
ほどよい温度のお白湯を出してくださる心遣いも嬉しい。
去年、クラフトフェアーまつもとでもお会いし、
その後も数人の知人から噂を聞いておりました。
ご縁を感じていたので、お訪ねできてよかった!
また行きたいなー。
f0035962_15593845.jpg
f0035962_15595711.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、グフフ、今回の県南旅への第二の目的地へ。
友人が、古い家をほぐし
新居を建てることとなったのですが、
古い家には様々な古い道具があったとのこと。
立派な桶もあり、修理を依頼されました。
その桶をひきとりつつ、
一緒に古い民具もいくつか頂いてきました。
箕、蓑、そして不思議なカゴ等。

f0035962_16000593.jpg
このカゴはおそらくベビーベッドではないかと思います。
作りから推察するに、
本職の竹細工職人の作ではないように思います。
それでも、もちろん、かなり腕におぼえのある方が、
もしかしたら、
孫が産まれたからと
おじいちゃんが、
こころ心を込めて作ったのではないかな・・・。
詳細はもはや知る由もありませんが、
とても心惹かれるカゴです。
(もし同じカゴをご存知の方がいましたら、
是非教えて下さいませ)
大切にいただいてきました。
縁が何か所も折れていましたし、
綴じている針金も錆で劣化して危ない状態。
早速桶正と2人で修理をしました。
縁の竹は取替え、
針金は全て取り除いて
アケビツルで巻きなおしました。
ホコリを掃い、
菜種油で丁寧に拭き掃除もしたら、
ますます可愛らしい佇まいのカゴに。
早速、布団入れて、猫たちのベッドに。
今はまだ警戒して
クンクン匂いを嗅いでいる猫たちですが、
その内、きっと気に入ることと思います。
また一つ、想像力をかきたてられる、
何か物語を感じる、
そんな素敵なカゴを手に入れることができました。
Kさん、本当にありがとうございました。

春になったら、修理した桶を積んでまた県南へ・・・。
今から楽しみだ!

f0035962_16011822.jpg
こんな風に縁は何か所も折れていました。針金も錆びてボロボロに。
f0035962_16065986.jpg
縁には細い丸竹を沿わせてかがります。丁度ぴったりの細さの根曲竹があったので、そちらで修理。このカーブがこのカゴの「顔」なので丁寧に修理。きれいなカーブがよみがえりました。

f0035962_16075476.jpg
4個。修理は春になってから・・・。


[PR]
# by chihoa3 | 2017-11-24 16:08 | Comments(0)
ランラン!



f0035962_15582127.jpg
嬉しい小包届きました。
ビリビリ パカッ
うわーっ! 

「今年はムスメドノからプレゼントはないのかな?」...
「うんうん、しょうがないよ。
だって課題がとても大変だって言ってたもん。」
と自問自答していたのだけれど、
エヘヘ、やっぱり嬉しいね。

f0035962_15582884.jpg
手作りハンコのモチーフはレモンレモンレモン。
去年から作り始めたリモンチェッロ。
あっ!という間になくなったので、
今年はもっとたくさん作ろうと思ってます。
ハンコ、大活躍するなー。
嬉しいな。
嬉しいな。
大事にするね。
f0035962_15592589.jpg

そして
レモンカレンダー。
ほぉーっ、素敵でないの!
うふふ、我が家の猫5匹もいるね。
なんか2018年がとても楽しみです。

f0035962_15583405.jpg

同封のケーキは
weekennd citronっていうんだって。
週末に大切な人と食べるケーキらしい。
お父さんと食べてねっってメッセージつき。
ホントは3人で食べたいなー。
とてもおいしそう。

f0035962_16103745.jpg

手作りのプレゼント。
年を重ねるのは素敵なことです。


[PR]
# by chihoa3 | 2017-11-20 16:09 | Comments(0)
冬の入り口


f0035962_15441935.jpg

今朝はとても冷えました。
家の前に置いている猫用水飲み場にも碓氷。
多分今年初めて・・・。
そしてもう夕方なのに、まだ溶けきらず。
日陰においているからだけどね。

ストーブも、今日は一日、そこそこ本気で焚いています。
そしてストーブの上ではおでんクツクツ。
牛筋をトロトロに煮たものを出汁にして。
正宏さんの「お母さんのおでん」はコレ。
私の「お母さんのおでん」はもっとシンプルなもの。
どちらも大好き。
大鍋いっぱい作ったから、しばらくはおでんおでんおでん。
お昼にもなる!
ご飯にお汁と茹で卵をかけてほぐしながら食べる。
辛子をつけながら。
そういう季節ですな~。

f0035962_15413731.jpg


サクサクサブレ。ココナッツフレークをたっぷり入れました。ココナッツが大好きなゴマが早速寄ってきました。ゴマは、ココナッツオイルも、ココナッツミルクも大好きなの。料理に使っていると必ずやってきておねだり。フフフ、変なの。


[PR]
# by chihoa3 | 2017-11-13 15:45 | Comments(0)
ありがとう 秋

桶の配達やら、所用諸々で、長野へ。
6日間の旅暮らし。
楽しかったな。
秋の長野は初めてかも・・・。
産直では野沢菜や高菜などの漬菜が山積み。...
ウヒョヒョ。たくさん買い込んできましたよー。
秋の長野旅、癖になりそうです。


f0035962_21355825.jpg
配達先は野沢温泉にある健命寺さま。
13年前にも、
野沢菜漬け用の大きな桶をご注文いただきましたが、
今年新たにもう一つご注文いただき
製作させていただきました。

日本人なら知らぬ人はいないであろう野沢菜漬け。
こちら健命寺さんは、その野沢菜発祥の御寺です。
なんと250年以上!野沢菜を栽培しつづけ、
またその採種を、大切なお寺のお仕事として、
連綿と続けておられるそうです。
ご住職さんにお聞きしたら、
毎年七斗ほどの種を採取しているとのこと。
とても感動しました。
その継承されてきた種は、
てらだねとして販売されていて、
今回分けていただくことができました。
来年の春、畑で育てるのが今からとても楽しみです。

f0035962_21362117.jpg
そしてそして帰り道、
産直で10kgほど野沢菜を買ってきましたよー。
で、昨日、早速漬けました。
野沢菜漬けは初挑戦。
この野沢菜は、おそらく、
その後品種改良された種から育ったものかと・・・。
でも、その始まりに触れたことで、
なんだかより一層ありがたく感じます。
ご住職さんのお話しを思い返しつつ、
心を込めて漬けました。
おいしくなぁれ・・・。

f0035962_21365779.jpg
山形で仕入れてきた青菜(セイサイ)5kgも漬けました。
めはり寿司にしたり、
唐辛子をきかせて炒めたり、
毎年漬けている好物のひとつです。
今年は味噌を少し多めにしてみたよ。

それぞれ美味しく漬かりますように。

・・・・・・・・・・・・・・・

f0035962_21374186.jpg
栄村の産直でコンニャクイモも買ってきましたよー。
去年は仕舞いこんだ挙句、
どこに仕舞ったか忘れてしまい、
春に畑に植えたのでした、ドントハレ。
同じ過ちは繰り返すまいと、
早速コンニャク作りました。
2kgの大きなお芋だったので、
た、た、大量のコンニャクの出来あがり!
時々茹でれば長くもちますので、
冬中、煮込み料理に活躍してもらおうと思います。
今までで一番、勘に頼ってつくったのだけれど、
今までで一番上手にできたぞ。
先人たちがこんな不思議な食品加工の技術を築いてくれた歴史に、
今年は殊更しみじみしつつ・・・。
どんなものにも歴史はあるんですよね。

f0035962_21371590.jpg
そうそう、ししこしょうも買ってきました。
コレは槍ヶ岳山荘でアルバイトしていた頃、
いつもテーブルにあった「カライジャン」の素。
焼いて醤油に漬けると、
独特の香りと辛みがとてもおいしいのです。
さっそく作りました。
ご飯にかければ懐かしの味。
f0035962_21382353.jpg
f0035962_21370538.jpg

秋の長野で仕入れてきた恵みアレコレに感謝感謝です。


[PR]
# by chihoa3 | 2017-10-24 21:38 | Comments(2)
秋、本番
f0035962_19442046.jpg
ハチミツ色の空気。なんだか甘いようなきがする・・・。秋の森の空気はとってもおいしいな。ほーっ、なんてきれい。 森が日に日に彩づいていきます。カサカサこそこそ。耳を澄ませば秋の音。クンクンひくひく。鼻をうごめかせば秋の香り。 大好きな秋本番です。
f0035962_19442859.jpg
落ち葉のカサコソいう音にキョロキョロする猫たち。ネズミじゃないよ。秋だよ。 10月前半。ちょっと予定を詰め込みすぎてしまいました。この2週間、来客や予定のない日は1日のみ。でも楽しかったなー。 盛りだくさんだった日々を、 今日は静かに思い返しつつ、 朝からのんびり片付けなどなど。縄文や編み組み文化の研究をされてるい皆さんと職人さんを訪ねたり、 大切な友人家族が泊りに来てくれたり、お散歩会でも嬉しい出会いがたくさんありました。 Iさんのオリジナリティー溢れるおいしい「ご飯」もいただけたし!! 皆さま本当にありがとうざいました。さて、明日からはまたもりもり盛りだくさんの日々です。 静かな静かな冬を前に、 秋の毎日を思う存分たのしまなくちゃね。
f0035962_19435719.jpg
f0035962_19440448.jpg
f0035962_19441218.jpg
秋の食材は美しい。尊敬する竹細工作家のMさんからいただいたたくさんの菊花。真っ赤で小さなリンゴはメイポールという品種。イチゴジャムみたい。おやつは栗栗栗ロールケーキ。
f0035962_19443565.jpg
昨日は今年最後の団体さま。お弁当作りも名残惜しく・・・。たまだと楽しいお弁当作り。
f0035962_19444219.jpg
f0035962_19483720.jpg
お知らせ・お散歩会について10月11月は個人的なお申込みをたくさんいただいたこともあり、通常のお散歩会の予定をなかなか組み込むことができず、お問い合わせをいただいておりますのに申し訳ありません。11月1日のみですが、4名様でお散歩会をうけつけいたします。ご希望の方は、メッセンジャーから、もしくはchiho-masa★nifty.com(★を@に)までお便りくださいませ。・「& Premium」の特別合本として発売中の「Interior」に掲載いただいております。
[PR]
# by chihoa3 | 2017-10-15 19:50 | Comments(0)
秋田旅

f0035962_19520825.jpg
二重窓、ちゃんと閉めないと結露びっしり。
そういう季節になりました。

週末の秋田旅。...
めんこいお城の下での2日間は、
凄まじい雷雨にも見舞われたけれど、
終わってみれば楽しかったな。
2日目はとてもよいお天気でしたし。
スタッフの皆さま、ありがとうございました。

行き帰りも楽しみました。
帰り道では久しぶりに頭痛ズキズキ。
それでも予定通り、大好き秋田を食べ飲み見たゾ。
何故か楽しい最中はあんまり痛まないのだ。
人体って不思議・・・。

・・・・・・・・・・・・・

秋田に行ったら必ず立ち寄る場所がいくつかあります。
三松堂のわらび餅
中華「盛」
そして相馬古道具店
等々。
今回ももちろん。
わらび餅大好き夫婦なのだ。
盛の山盛りニラレバ食べたら身体の芯からポッカポカ。

f0035962_19525730.jpg
f0035962_19531974.jpg
そして相馬古道具店では今回もお気に入り発見。
大きな大きな脱衣カゴ。
細い竹を丸ごと使ったものではなく、
竹を割いて編んだこのタイプの古いものを探していたのです。
ちょっと大きいけれど、お値段も手ごろだったので購入。
早速脱衣カゴとして利用。
これから冬になって、
洋服をいっぱい着るから大きくて丁度良かったかも。
f0035962_19553181.jpg
そして卵焼き器。
とても薄い銅板で作られているので、
品物としてはどうなのかな?とも思ったのですが、
なにせこの蓋が!
だて巻き作る時とか
ぎせい豆腐焼く時とか、いいかも!
いつもアルミ箔で蓋していたから。
2000円とお手頃だったのでこちらもGet。
早速磨いて、今日は先ず卵焼きを焼いてみようと思う。
f0035962_19522973.jpg
星耕硝子さんの工房にも。秋の光りを溶かし込んだような美しい道具を選びました。
f0035962_19522180.jpg

・・・・・・・・・・・・・

今朝はゆっくりゆっくり朝ごはん。
そしてお散歩。
まだ栗落ちてました。
でももう終わりだね。
次は山葡萄かなー。、
そろそろ足元より頭上が気になり始めました。
実りの秋、まだまだ続きます。


[PR]
# by chihoa3 | 2017-10-04 19:51 | Comments(0)
秋になると・・・

f0035962_14350083.jpg
フルーツケーキ食べたいなぁー。
と、娘ドノ。
でも帰省中、作れんかった。
今日、荷物を送るのに合わせて、
久しぶりに焼いて荷物にしのばせました。

そうなんだよね・・・。
この時期になると、
何故か食べたくなるんだよね、フルーツケーキ。
ドライフルーツのラム酒漬けを、
たーっぷり入れた濃厚ケーキ。
今回はココナッツフレークもたっぷり入れました。

ドライフルーツのラム酒漬けは、
母が作っていたものを分けてもらい、
それをベースに作り続けています。
秋のこの時期に、
減った分だけドライフルーツとラム酒を足しています。
市販のレーズンやカランツだけではなく、
手作りの夏みかんピールや
果実酒につけていたクワの実。
梅酒の梅も刻んでいれます。
老舗の鰻屋さんに伝わる数十年ものの秘伝のタレとかに
そういうのありますよね。
そんな感じかな。
大切な素材です。

f0035962_14350865.jpg
今回は天板で焼いて、カットし、
一切れづつホイルに包みました。
保存がきくケーキなのでこうしておけば、
少しづつ長く食べられるから。

明日には届くことでしょう。

秋になったらフルーツケーキが食べたくなる、
そんな感覚をこれからも大切にして欲しいな。

f0035962_14362798.jpg

フルーツケーキは、焼き時間が長い。で、先日背負子さんで買ってきた調理用トマトを半切りにし、天板に並べ、一緒に焼いて半ドライトマトに。塩コショウしてオリーブオイルに漬けました。アンチョビーと一緒に蒸かしたジャガイモにのせたりね。パスタやピザにもね。
f0035962_14351629.jpg
そろそろ親指の皮が薄くなってヒリヒリしてきた。それでもやめられないとまらない、栗仕事。ため息つきつき皮を剥いている私に、桶正はあきれ顔。
f0035962_14352469.jpg



[PR]
# by chihoa3 | 2017-09-27 14:37 | Comments(0)