ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
2016年 10月 21日 ( 1 )
ころころ うれしくなる 季節

八木重吉 詩集より

「素朴な琴」
このあかるさのなかへ
ひとつの素朴な琴をおけば
秋の美しさに耐えかねて
琴はしづかに鳴りいだすだらう


「秋」
秋になると
ふとしたことまでうれしくなる
そこいらを歩るきながら
うっかり路をまちがへてきづいた時なぞ
なんだか ころころうれしくなる


********************

f0035962_1057303.jpg
明日はとても冷えるそうな。盛岡で2℃の予想。たいまぐらは初の氷点下になるかな? 

昨日は強い風が吹きました。いらっしゃった4人の皆さんと川辺にお散歩。風が吹き抜けて彩づいた葉が舞い踊ります。その様子に「ほーっ!」。ちょっと肌寒かったけれど・・・ね。
秋の風景にもまして美しく見えたのは、親子でご参加くださった83才のTさん(今年ごお料理&お散歩会にご参加くださった方たちの中で最高齢です。嬉しいっ!ありがとうございました。)。
川辺に降りる道は険しいからと、少し手前で待たれるとおっしゃって。苔むした岩に腰かけると、手提げ袋からスケッチ帖を出されたのです。秋色の森の中で、スケッチをされるTさん。83才の大先輩に失礼かもしれませんが、とてもとても可愛らしかったです。

f0035962_10574791.jpgさて、今日は昨夜の風が嘘のように穏やかなお天気。朝食後にちょっとお散歩。道路には落ち葉が吹きだまってふっかふか。ワッシャワッシャと豪快に歩きます。山葡萄や小リンゴも昨夜の風でいっぱい落ちていたよ。そしてケサランパサランの綿毛もフワフワ~。秋の散歩は本当に楽しいね。と同時に、秋の美しさに包まれると少し心がしんみりとして、なきたいような気持になります。悲しいわけではないのにね。美しさをありがとう。冬はもうすぐそこに来ているけれど、秋を存分に味わいたいと思います。
f0035962_1102612.jpg
f0035962_1103993.jpg
f0035962_1105116.jpg


リンゴのワイン煮は、ヨーグルトクリームと一緒にタルトに。先ほど到着した大阪からのお客様に秋色お菓子を。北国の秋は美しいでしょっ♡
f0035962_111588.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2016-10-21 11:05 | Comments(0)