ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
冷凍したり乾かしたり

f0035962_16033722.jpg
我が家の乾物入れ。
以前は茶箱2つにストックしていたのだけれど、
乾物といえども鮮度は大切・・・。
そう自分を戒めて、
最近はこの2つにおさまる量で我慢しています。...
乾物って便利だしおいしいし
身体に良いものも多い。
地域ごとに独特の品も多いから、
旅をするとついアレコレ買い込んでしまう。
それでどうしてもたまってしまうのだけれどね。

f0035962_16032596.jpg
干しゼンマイは
秋田出身の知人からいただいたもの。
ご親戚の方が収穫し、
手間暇かけて干したもの。
う~ぅ、嬉しい。
大大大好きなのだけれど、
高価なものなので、
自分では滅多に買えないのだ。
Nご夫妻ありがとう。
何度も水を替え、2回ほどさっと茹でこぼして、
ふっくらともどりました。
さぁ、どんな風に調理しようかな?

f0035962_16035336.jpg
こちらは干しタケノコ。
九州では一般的な乾物ですね。
正式な戻し方ではないけれど、
こうして硬く戻して
シナチクみたいに調理するのが好き。

f0035962_16033158.jpg
乾物だからこその
独特な歯ごたえと風味。
おいしいなぁー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お客様がいらっしゃる時は、
お茶菓子には何を作ろうかなーと考えるのが楽しい。
何度かいらっしゃってる方なら、
なんとなく好みが想像されるし、
初めての方でも、
お便りの文面から勝手な想像を膨らませて考える。

f0035962_16034202.jpg
今日は餅菓子とお漬物にしたよ。
柚子餅とニッキ餅と草餅。
そして
青菜漬けと干し大根のカリコリ漬け。

草餅はとうとうコレで最後です。

秋に名付けてヨモギジュースをまとめて作り、
小分けして冷凍しておくの。
茹でて刻んで、
水と一緒にミキサーで粉砕してから冷凍します。
春のものがやっぱり一番爽やかだけれど、
秋まで充分いただけます。
そして秋にまとめて摘んで作っておくの。
冬だって草餅食べたいもの。
大好き!草餅。

f0035962_16044916.jpg
柚子餅の餅には柚子皮をたっぷり入れて。
白餡は市販のものを。
中にキンカンの甘煮を包んだよ。
この組み合わせもお気に入りです。

ニッキ餅。
餅にニッキをたっぷり入れて。
餡子にクルミをたっぷりまぶしてから包みます。

いろいろ作るの楽しいね。


[PR]
by chihoa3 | 2018-02-02 16:02 | Comments(0)
<< ねまってけー 時間がたっぷりあるのだから・・・ >>