ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
始動!

薄暗いうちに起きだして、
薪ストーブに火をいれました。
「ヨッコイショ」と
ストーブの上に大きなボールを2つのせて、
また大慌てで暖かな布団へ。...
猫2匹、の間に割り込むようにもぐりこみ、
もう一眠り。

f0035962_16534495.jpg
再び目覚めた時は、
ほんのり甘い香りが寝間にもホワワーン。
朝一でストーブの上にドンとのせたのは、
一昼夜しっかり浸水させた、
艶々ふっくらの大豆。

今日、やっと味噌を仕込みます。

年末に仕込むつもりだったのです。
糀も早々と手に入れたのに・・・。
でもなんだかバタバタ忙しくて、
結局年を越してしまいました。
糀は、手に入れてすぐに塩切りしておきました。
その時点で
早くも逃げ道作ってしまったのがイカンかった。
出来立て糀をすぐに仕込んだ方が良いのにね。

今年は、
大豆3kg、
糀6kg、
塩1.3kg
の配合で作ってみようと思います。
いつもは豆と糀は同量にしています。
今回は糀が倍量なので、
水分加減に迷っています。
糀は多分すごく水分を吸うと思う・・・。
大豆を煮る時の水加減を
いつもよりかなり多めにし、
潰すときもかなり多めに煮汁をまぜていますが、
そうなると塩加減もちょっと心配だなー。
上に振る塩をいつもより多めにすることで
様子を見ようと思います。
味噌を仕込み始めて23年目。
毎年毎年工夫しながらの味噌仕込み。
楽しいな。
はてさて、どうなるかな?

f0035962_16535147.jpg
今年は桜の桶に仕込みます。
一昨年、大迫から買った薪は大半が桜でした。
それもとても立派で素性のよい桜。
特にまっすぐな部分を割り材にして干しておき、
今年、その材から桶を作ってくれました。
毎年何かしら手作りのお年玉をくれる桶正。
ここ2年は続けて味噌桶だね。
本当にありがとう。
桜の花の塩漬けが大好きな私たち。
桜のチップで燻した燻製も大好きな私たち。
さてさて、桜材の桶で仕込んだ味噌は
どんなお味になるかしら??
とーっても楽しみです。

去年はクルミの桶で仕込みました。
とてもよい感じに仕上がっているので、
桜の桶にも期待です。
あっ、
もっちろん杉の味噌桶も
軽くてとーっても使いやすい。
今年は新調した桜桶と、
6年目の杉桶、2つに仕込みます。
また味の比較も楽しみだ。

さて、ストーブの上で下茹でした大豆を、
圧力鍋でやわらかーく煮てはつぶしている最中。
タイマーがなったので、台所へ。
やっと半分だ。

f0035962_16540433.jpg

FB たいまぐら便り


[PR]
by chihoa3 | 2018-01-09 10:52 | Comments(4)
Commented by hitomiffy1531 at 2018-01-14 21:02
お味噌作りを拝見して
そうだ私も準備しなくちゃ!と思いました。
糀が多いとどんな仕上がりになるのでしょう?
木の味噌桶も羨ましいですー
Commented by クリン at 2018-02-01 15:11 x
ちほさんこんにちは。
夫からノートパソコンのお下がりをもらったので、
コメントできます。
ペーパードライバーを返上して近所を走っています。
目標はたいまぐらのお散歩会です。
早く暖かくなるといいな。
Commented by chihoa3 at 2018-02-03 16:26
hitomiffy1531 さん。
返事が遅くなりゴメンナサイ。
糀多めの味噌、希望としては甘目の味噌になってほしい・・・。どうなるかな?
とても楽しみです。

もう仕込まれたのかな?
今年の冬は寒いですから、
きっとおいしい味噌が育つはず!
寒仕込みですものね。
Commented by chihoa3 at 2018-02-03 16:28
クリンさん、わーわーわー、
コメントありがとうございます。
返事が遅くなってしまって本当にゴメンね。

新しいことにいっぱい挑戦しているのですね。
ドキドキ・・・
でもそれ以上にワクワク!
でも運転はお互い気を付けましょうね。
たいまぐらへの道程はちょっとハードル高いかもしれないけれど、是非是非遊びに来てくださいね。
<< キンカンタルト 初! >>