「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
冬のある日
f0035962_1622598.jpg
味噌を仕込みました。
さぁ、明日は味噌仕込み!と思いつつ床に着いたら、5時にお目目パチリ。ストーブの火をつけて、再び布団へ。またぐっすり寝て、7時に目が覚めたら、部屋の中、大豆の煮える甘い香りいっぱいでした。

f0035962_16231032.jpg ストーブの上で煮つつ、少しづつ圧力鍋で仕上げていきます。
味噌作りを初めて22年。最近は、私なりの作り方が定まってきて、とてもスムーズに作業が進みます。
今年も午前中に終了。
大豆3kg/糀3kg/塩1.2kgの配合で、約12kgの味噌ができました。
私なりの工夫は、なるべく少ない煮汁で大豆を煮て、その煮汁もすべて味噌に練りこむこと。大豆だけをつぶした段階では、かなりゆるくても、糀を同量加えると、ちょうどよい硬さになります。味噌づくり名人のおばあちゃんから教わりました。以来、この方法で作っていますが、ぐっとおいしい味噌ができるようになりました。
f0035962_1623582.jpg
水分量は本等には載っていないけれど、実は結構な重要ポイントだと思う。とはいえ、気温が高い地域だと、あまり水分がおおいと悪くなりやすいなどあるのかもしれない・・・。自分流を見つけ出すことが大切だし、そこがまた手作りの楽しさだと思います。

そして、今年はもひとつお楽しみが!!以前から欲しかったクルミ材でつくった味噌桶を桶正が作ってくれました。ヤッター! 福島のある地域では、クルミで作った味噌桶で仕込んだ味噌が一番おいしいといわれているそうな。その話しを聞いて以来、一度試してみたかったのです。
今回作った味噌は、クルミの桶と杉の桶に半量づつ仕込みました。どんな違いがでるのかしらん?楽しみです。
f0035962_16243046.jpg


お昼過ぎまでかかってしまったので、昼食は簡単に、そうめんで温面にしようと戸棚をあけたら、インスタントラーメンが2つ!!コロリ。おー、なんというお恵みか!昨日のお鍋の残りの春菊とワカメと豚シャブをトッピングしました。こんなお昼もたまにはいいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

f0035962_16254454.jpg
しばらく気になっていたカゴの修理をしました。
我が家で最も酷使されているカゴはリンゴカゴです。 丈夫なのをいいことに、 薪を運んだり、畑から出てくるゴロゴロの岩を運んだり。 今は3個のリンゴカゴを愛用中なのですが、 特に古い一つは何か所も竹がおれてしまい、そろそろ変え時かなぁ・・・と。とはいえ、すぐに青森へも行かないし。とりあえず修理。
f0035962_16275632.jpg
青竹の肉をへいで、でたらめに差し込み破れた部分を補修。
竹を割ったり、肉をへいだり、 下手ッピだけど楽しい。これでまたしばらくは使えるね。
f0035962_16261938.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2017-02-03 16:26 | Comments(0)
<< 三時のおやつを幸せの時間に フワフワのフロマージュブラン >>