ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
思い出を灯すように・・・
f0035962_9211713.jpg
夕月。刻々と闇が濃くなるにつれて、益々光を増していくさまを眺めるのが好き。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

f0035962_9215338.jpg
娘が小さい頃、12月になるとよく蜜蝋で蝋燭を作りました。やわらかくした蜜蝋を捏ねて形作り、芯を通します。楽しくて、いっぱい作ったね。その残りを今もって大事に使っています。蜜蝋の色もあせ、香りも薄らいでしまったけれど、娘が小さかったころの思い出は益々色濃くなって、マッチでシュッと火を灯す度にひとつ、またひとつとよみがえります。
f0035962_9222543.jpgとはいえ、さすがにそろそろなくなってきました。今年は久しぶりに作ろうかなぁー。19才の娘は、さてさて、付き合ってくれるでょぅか・・・?

f0035962_924736.jpg端材を使って箱を作りました。冬になると、ヨーグルトや甘酒を発酵させるとき、ハッポウスチロールの箱で保温します。白い箱がむきだしで嫌だなぁーと思っていたし、猫が爪とぎをしちゃうこともありました。それでハッポウスチロールの箱を覆うような箱を作ろうと思い続けて数年・・・。 果たして、完成。でも、白い箱を隠すことはできるけれど、なんかどでかい代物になってしまって、置き場所をどうしよう。アッチに置いたり、コッチに置いてみたり。まぁ、その内定まるでしょう。

f0035962_924245.jpgf0035962_9243878.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

f0035962_9254943.jpg
風土農園さんの玄米餅。茹でてやわらかくして、トロリとゆるめた漉し餡をかけて。お・お・おいしい。プチプチとした食感とムチッとした歯ごたえのお餅に甘くとろんとした漉し餡がたまりません。京都に住んでいたころ、足しげく通った甘味処の弥次喜多。の抹茶粟ぜんざいが大好きでした。プチプチの粟餅にトロリと漉し餡。その上から濃くたてたお抹茶がかけてありました。随分前に移転してしまって、以来なんだか行く機会もなくなって、もはや思い出の味です。の代わり、というわけではないけれど、玄米ぜんざい、我が家の定番おやつメニューに仲間入りです。
f0035962_9302799.jpg
f0035962_9314940.jpgこちらも我が家の
定番おやつ。
レモンシフォンケーキ。
結も大好きなケーキ。
箱につめて送ったけれど、
まるまる一台もらっても困るかな?
毛糸の靴下も同封。
三年ぶりに北国で過ごす冬だね。
風邪ひくなよぉ~。
f0035962_932521.jpg

[PR]
by chihoa3 | 2016-12-15 09:26 | Comments(0)
<< 「ありがとう」 お母さんの手の匂い >>