ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
いろいろ
昨日、そして今日と貴重な梅雨の晴れ間となりました。掃除に洗濯、畑仕事に薪割り。よぉー働きました。自分で言うのもなんですが・・・。

f0035962_17425538.jpg

畑の収穫も、次々と。ブロツコリー、そしてレタスは毎日1個づつ。とれたてのレタスは苦味がなくとってもおいしいのです。ブロツコリーは特に茎の歯ざわりが最高。小松菜も春菊も毎日モリモリいただいています。
二十日大根はおしまい。全て収穫し、甘酢に漬けました。箸休めに最高。ポリポリポリ。
f0035962_17431417.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_174331100.jpg

実家の庭で収穫した杏が届きました。半割にしてかるく風乾させジャムにしました。朝食にぴつたりのジャム。何故なら、寝ぼけ眼もパッチリと覚めるほどの酸味だから。でもおいしい♡
ヨーグルトにもぴったりです。f0035962_1743454.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先週の土曜日は大槌町の避難所と仮設住宅を訪ねました。以前ご紹介した盛岡友の会の支援活動にまたまた同行させていただいたのです。避難所での青空市は、今回も大変喜ばれました。特に台所用品をほしいという方が多く、間もなくはじまる仮設住宅での生活に備え、皆さん熱心に品を選んでおられました。
その後、吉里吉里の仮設住宅内にあるコミュニティセンター(公民館のような集会所)で手仕事をしつつお茶をいただいたりお話をしたりして時間を過ごしました。
f0035962_18113896.jpg
こういう時間をもつのは、被災後初めてという方も多くおられました。楽しそうに、そしてそれはそれは熱心に手を動かされます。途中、「ちょっとお茶にしませんか」とお誘いしても、皆さんなかなか編み針をおこうとしません。楽しみつつ手を動かす、こういう時間を皆さんが切望しておられたことが伝わってきました。手仕事の集いをしていこう、これからも!その思いを益々強くしました。
今度はいつ来てくれるの?今度は何を作るの? 異口同音に皆さんがそうおっしゃって下さいました。また皆さんにお会いするのが、そして一緒に手仕事をするのが楽しみです。
ただ・・・コミュニティーセンターといっても、運営はまだ手付かずの状態。椅子も机もなく、畳に腰をおろしての作業は足腰の痛い方には大変お辛そうでした。自治会もまだ発足していないとのこと。一日も早く、暮らしの場としてのシステムが整うようにと願わずにはいられません。
友の会の皆さん、今回もご一緒させていただきありがとうございました!!!!!


月曜日は田老でのチクチクの会。チクチクコーナーが設けられていた体育館は、避難所としての役目を終えガランとしていました。
「こんなに広かったんだ・・・」
そんなガランとした体育館には、時間前というのに、すでに10人以上の方が集まっていて下さいました。今回は一週間前にチラシを作り、このチクチクの会をはじめた友人のKさんに張り出しをお願いしていました。でも・・・皆さんの目にとまるか心配していたのです。ですから正直ホッとしました。40人ほどの方が集まって下さったんですよ。とても嬉しかったです。
先ず皆さんに手伝っていただき、車から荷をおろしました。椅子や机もヨイショヨイショと運んで準備完了。
最初にお持ちした布や道具を選んでいただきました。皆さんからご寄付いただいた品々は、あわせて約20箱。皆さん楽しそうに選んでおられました!!本当にありがとうございました。

裁ちばさみは大人気でしたが、数が足りずじゃんけん大会に。編み針、特に5号から7号ほどの太さのものが不足しています。毛糸針も足りません。布共々、今後もご寄付をいただけたらありがたいです。

f0035962_18264291.jpg今回は。前回仕上げられなかったスリッパの続きをしました。数名が完成!ヤッター。皆さん工夫して可愛いスリッパが次々と完成しました。
f0035962_1827023.jpg





まだ完成していない方も諦めていませんよー。また次回、続きをする予定です。皆さんがんばりましょー!!
(顔は恥ずかしいから載せないでね、とのことだったのでスリッパだけパチリ)








ウチワのリメイクもしました。。
f0035962_18253621.jpg
お店の広告を、申し訳ないけれどはがして、かわりに結が前日に染めてくれた障子紙を張りました。

f0035962_18504722.jpg


f0035962_18261369.jpg
素敵でしょ。ウチワを手にニッコリ。






途中、お抹茶も召し上がっていただきました。先日コメントに書いたのをご覧になって、お茶碗などの道具とお抹茶を送ってくださった方がおられたのです。
f0035962_1848863.jpg

あ~おいしいー♡ 久しぶりねぇ。
歓声が上がりました。
お茶碗は三つ。順番に一服していただきました。洗ってはシャカシャカ。洗ってはシャカシャカ。手仕事の合間の一服。恒例にしようかな・・・と思います。ちえこさん!ありがとうございました。

今回も楽しい時間となりました。

でも、これまでとは、少しお顔の表情がちがうように、私には感じられました。なんというか・・・以前より、強いお顔をされているように感じたのです。暮らしを営んでいくんだ、そういう意思がより強く感じられるお顔、とでも申しましょうか・・・。いよいよ始まった仮設での生活。希望が抱けますように、夢も育まれますように。厳しい現実に直面せざるをえない方もおおいこととおもいますが、そう願わずにいられません。私に出来ることを一つでも多くしていきたい。その思いをあらためて強く抱きました。

次回は7月上旬にうかがう予定。今からとても楽しみです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

半月ほど前、嬉しい出会いがありました。京都からこられた斉藤さん、芽衣さん、ポコさん、そして東京からこられた澤畑さんご夫妻。皆さんユニークですばらしい方たち。その活動についてはブログをご覧頂くのが一番かと思いますので↓からどうぞ!
てびらこつぎっこ
日本冒険遊び場づくり協会    
今回斉藤さんから、沢山のお針箱と布をお預かりしました。被災された皆さんに、それぞれの品をお届けするお手伝いをさせていただくことになったのです。先日の田老地区に持っていったお針箱は斉藤さんからお預かりしたもの。一つ残らず感謝とともにもらっていただくことが出来ました。斉藤さん、箱詰めしてくれた皆さん、そして道具類をご寄付下さった皆さん、ありがとうございました。

斉藤さんにお会いして、それまでしらなかった手仕事の世界を知りました。メモリアルキルトの世界です。斉藤さんは永年、メモリアルキルトの製作をしてこられました。実際、作品も見せていただいたのですが、作品という言葉ではしっくりこない、なんというか・・・もっと強い存在感を発していて圧倒されました。見つめていると、まるでどなたかと対話しているような不思議な気持ちになる、とでも申しましょうか。上手く言葉に出来ないのですけれど・・・。

私自身も、いつの日か、キルトを縫ってみたいと強く思いました。メモリアルキルトというと、一般的にはエイズで亡くなった人を偲んで作った作品をさすようです。でもその意味合いを勝手に広げさせていただて書かせていただくと、これまでの自分の歩みを振り返りつつ針を進める、それもまた一つのメモリアルキルトといってよいのではないかとおもったのです。これまでの私の歩み、そしてこれからの夢。喜びや悲しみ、感謝や後悔、希望や不安、そういうものをこめて、一針一針縫いすすめる。そんな時間をもちたいと強く思ったのです。その行為を通じて、様々な気付きがありそうな、そんな予感がして、メモリアルキルトを縫うということに、強い憧れを抱きました。
と同時に思ったのです。被災された方の中に、メモリアルキルトを縫うことで癒され勇気付けられる方がおられるのではないかと。大切な方を亡くされて、いまだ実際的にも精神的にも、心から弔うことの出来ない方も多くおられます。そういう方たちの中に、もしかしたら、メモリアルキルトを縫うという弔い方を求めておられる方もおられるのではないかと思ったのです。一種の喪の作業ともいえる、メモリアルキルト作り。今はまだ時期尚早かもしれません。でもいつの日か、そういう手仕事も出来たらいいな・・・そう強く思いました。
今は破壊されたけれど、大好きだった故郷のかつての姿を皆さんでチクチクと指す、そういうメモリアルキルトも素敵なのではないでしょうか!
次回斉藤さんが来られたときには、是非、メモリアルキルトのお話を、今一緒にチクチクをしている皆さんと一緒にお聞きしたいな、と思いました。

野染め、そしててびらこつぎっこにも大賛同している私。こうして手仕事の輪が広がっていくことに感謝です。皆さんご一緒にチクチクしましょー♡
[PR]
by chihoa3 | 2011-06-29 17:45 | Comments(10)
Commented by ロケットバナナ at 2011-06-29 22:11 x
こんばんわ。
考えること、、、みんな同じだなぁ。
私も夏のイベントで、うちわのリメイクとか、靴下作りとか、
もろもろイロイロ、ワークショップを企画してみました。

寒さと暑さって、どっちもどっちだけど、、、。
暑さ対策も気になるところです。
東京ほどではないけれど、、、状況が状況だけに暑さによりイロイロなこと、冬に向けての準備をしつつも、暑いから起こる事への配慮も何か協力出来ること無いですか???
Commented at 2011-06-30 08:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-06-30 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 染のおっちゃん at 2011-06-30 19:12 x
智穂さま 嬉しいです。こんな悲しく辛いことが圧倒しているような中で、出会っていく人たちが皆精一杯、美しく生きようとしていることを知りました。あのたいまぐらの空気をまとって海に行く智穂さん。生活を大切に瑞々しく保ちながらしながら通い続けるしなやかな力をありがたく思います。本当にお出会いして良かったです。<てびらこつぎっこ>が静かに伝わってゆくこと、こころから願います。みなさんとキルトを囲んで語り合う日想っています。大切なからだ、お互いヘマをしないようにしましょうね。ありがとう。
Commented by chihoa3 at 2011-07-01 20:41
みなさんコメントありがとうございます。
今、長い投稿をしたせいか、気力切れ。明日ゆつくりお返事します。
Commented at 2011-07-06 14:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chihoa3 at 2011-07-09 09:11
ロケットバナナさま
こんにちは
青森は如何でしたか?結構みんな行ってたみたいだね。話聞かせてください。
バナナ靴下も秋頃アミアミしたいなーと思っています。ありがとう!!
Commented by chihoa3 at 2011-07-09 09:20
のんちゃん こんにちは
先日は品々をありがとうございました。
本に道具、そしてサマーヤーン!皆さん喜ばれます。

私もチクチクアミアミが大好き。元気なときもですが、なんだか落ち込んだり、やる気が出ないときも、気がつくとチクチクしてたりアミアミしてたりします。なんか気持ちが和らぐんですよね、手を動かしていると。

被災された方々も、いろんな意味で手仕事を楽しんでおられるよう。皆さんからお届けいただく支援物資が大きな支えになっています。本当にありがとうございます♡
Commented by chihoa3 at 2011-07-09 09:21
染めのおっちゃん こんにちは
本当に嬉しい出会いでした。その後、おっちゃんから聞いて・・・という数人の方からご連絡もいただき、また新しい敵な縁が結ばれつつあります。
本当にありがとうございます!
てびらこつぎっこ、ゆつくりゆつくり、縫いつないで生きたいと思います♡
Commented by chihoa3 at 2011-07-09 09:23
くみさん こんにちは
十日町は何度も通っています。ミティラー美術館にも行ったなー。大昔。
豪雪地帯らしいがっしりとした作りの家々。その里山の風景が大好きです。
さてご支援のお申し出、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。
<< ごめんね毒きのこちゃん ごめん... 大雨 >>