ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
春は紅
f0035962_1151348.jpg
ツノハシバミの花がきれいに咲いています。
しかもたくさん!
今年はたくさんの実がたべられそう。
楽しみです♡

ツノハシバミ。へーゼルナッツの近縁種。
へーゼルナッツよりずっと小ぶりですが、
味はとてもよく似ています。

f0035962_1151524.jpg奥でブラブラしているのが雄花です。
イタドリの新芽や、ハクウンボクの樹皮等々、
初春の散歩では紅色との出会いがたくさんあります。
どれもこれも美しい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f0035962_11551342.jpg
新しい散歩仲間がやってきました。
サスケです。
田老で被災した友人の飼い犬。
生活が落ちつくまでしばらくあずかることになりました。
賢くて可愛いサスケ君。
これから時々登場するかと思います。
どうぞよろしくお願いします。




やんちゃ猫のしずくは気になって仕方がありません。小屋のまわりをウロウロしています。さわらぬ神にたたりなし。サスケはしらんぶり。f0035962_11552563.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今も毎日のように友人知人から電話をもらいます。お互いのことを気遣い、近況を話した後、最後には原発の話になります。先日も知人のTさんが電話口で、「もちろん、心の中では反対していたけれど、でも、何かアクションを起こしていたかと言うと、何もしていなかったなぁーと反省したの。でも、じゃー何ができるのか、何をしたらいいのか、と考えてもわからないんだよね」と話ていました。みんなが同じように感じているのではないでしょうか。

一週間ほどまえ、原発から32kmほどの距離に住んでいるSさんが遊びに来ました。地震で、母屋は大丈夫だったものの、陶芸の工房はかなり傾いたそうです。そして原発事故が発生。翌日には当座必要なものを車に積んで、避難生活を始めたそうです。収束するどころが、状況は悪化の一途。帰宅も出来ず、ずっと旅暮しをしているとのことでした。もともとの住人ではなく、私たちと同様、いわゆる田舎暮らし派の彼。その地に移り住むか検討する際に、原発のことが最後まで気にかかっていたそうです。でも最後の最後のところで、妥協してしまった。あの決断が何より悔やまれて、そしてそう決断した自分が何より許せない、と悔しそうにはなしていました。被害者であるはずのSさんが自分を責めている。そのことが気の毒で、新たな憤りも感じたのでした。

以前、あるイベントで、東海村に住むMさんと知り合いました。「原発が近くにあって大変ですね」と思わず声をかけたのですが、「確かにね・・・。でも安全管理には細心の注意を払っているし大丈夫ですよ。それに、図書館とかプールとか、施設がとても充実していて、恩恵もうけているんですよ」と屈託なく話されたのです。そうか・・・そういうものなのだなと、あらためて愕然としました。電力会社や国がしているそれは、一種の詐欺ではないか? そう感じるのは私ばかりではないでしょう。

原発をつくる、そのためには、自治体の許可が必要です。住民が「No」と言いつづければ原発はつくることは出来ない。そのことを、私たちは、しっかりと認識しないといけないと思います。54基もの原発を抱える現状をつくった責任は、私たちにもあるのです。
とはいえ、「No」を言いつづけることは本当に大変なことだとおもいます。国や電力会社は、あの手この手を使ってきますから・・・。イベントで知り合ったMさんの言葉から推して知るべしです。そんな「あの手この手」を相手に、「No」を言い続けるには、どれほどの体力と精神力が必要なことでしょう。忍耐力と根気も必要とされることでしょう。でも不可能なことではないはず。瀬戸内海の祝島の皆さんは28年も!反対運動を続けているのですから。本当に頭が下がりますよね。私たちも、みんなで「No」と言いましょうよ! 今こそ。
 
先日の市町村議選。志賀原発のある石川県の志賀町では、長年脱原発を訴えてこられた方がトップ当選をしました。そのニュースを知ったときおもわず「いいぞー」と叫んでしまいました。でも、例えば泊原発が立地する泊村では、原発慎重派の立候補者が落選をしたのです。僅差だったといっても落選は落選です。何故なのでしょうか? この後に及んでも、原発は必要とかんがえているのでしょうか。正直信じられません。
例えば市町村の議員選、これも、私たちに与えられた大切なアクションの場ですよね。
署名をして「No」を言うこともできます。オンラインで署名できるサイトもいろいろあります。一つだけですがリンクをはりますので見てみてください。そしてみなさんでドシドシ署名しましょう。
反原発署名サイト

そして節電。みんなが足並みをそろえて今より30%電気を使わない暮しをすれば、単純計算上では原発は不要になるのです。これ以上、原発に依存するシステムを作ってしまったら、本当に止められなくなってしまうのではないでしょうか。フランスのように消費電力の70%以上が原発に依存している、なんてことになってしまったら、道のりは更に険しくなるはずです。
みんなが努力をする。そういう気持ちが大切なのですよね。東京や大阪、そういう大都市がたくさん電気を使うからいけないんだ、と他人のせいにするのはもうやめにしよう。大都市に住む人や企業がちゃんと節電するのはもちろんのこと、地方に住む人だって努力が必要なのです。
私もこれまで、心の隅で、我が家は消費電力が少ない方だから・・・と、いいわけを言ってたことに気がつき反省しました。まだまだ節電の余地はあるのです!
因みに我が家の1ヵ月の消費電力は約160kWh。ここからどれだけ節電できるか、楽しみつつトライしてみようと思っています。

「私たちにだって、出来ることはたくさんあるんだよね」みんなとそんな言葉を交わしたいものです。そして実際の努力をしていきたい。そんな風に思っています。ねっ!!!

(スミマセン。まとまりのない投稿になってしまいました。しかも長いし・・・。)
[PR]
by chihoa3 | 2011-04-26 13:08 | Comments(22)
Commented by fresh-fresh at 2011-04-26 14:42
chihoさん、こんにちは。kito*kaです。
原発についてのお話、いろいろ参考になります。
書いて下さってありがとう。

私も基本は原発反対です。
さっきブログに、我が家にやってくる猫のことと、原発のことを書いたところです。
chihoさんの記事を拝見したら、やっぱり動物のことと原発のことを書かれていて、しかも名前も同じサスケで、偶然の一致に驚きました。

今まで政治に何を期待しても何も変わらず、国民の声は届かないと感じてました。今も変わるんだろうか?!という疑問は禁じえないのですが、何も言わないでいることを選択したいとは思えません。
何かしらの形で意思を表明していきたいなと思っています。
Commented by msaki at 2011-04-26 16:22 x
ハクウンボクは夏ころ?の白い花の時にしか思い出せず。春の紅に気づかないのはもったいない気分です。    今年は寒く凍結防止をまだ入れてました。でももう抜くことにします。こころを動かす日記。ありがとうございます。
Commented by ロッテン at 2011-04-26 18:35 x
へーゼルナッツ!!食べてみたいなあ。私は立山でブルーベリーを見た(というか「これがブルーベリーだよ。」と言われた)時も心の中で「日本に普通に生えてるの~!?」と感動しましたが、へーゼルナッツもどきのツノハシバミ!その存在を知りませんでした。たいまぐらは楽しいですね。私が散歩したら一日二日歩き続けてしまいそうです。
原発の話は最近子供とよく話すのですが、これだけ電気に依存した生活をしている私たちが、今何をすべきなのかとてもとても考えさせられます。高校生と中学生の子供たちにがっかりされない行動をしていかないといけないなとあらためて考えさせられます。
Commented by てんこちゃん at 2011-04-27 01:41 x
原発の安全神話はチェルノブイリ原発事故によって完全に壊れてしまっているというのに、日本は一部の政治家政党の利権によって、原発が作られましたよね。現政権に批判が集中してますが、そもそも作ったのは以前の政党でしょう。(現政権の対応のまずさにも腹が立ちますが)
田舎(と言っては失礼)にはそぐはないような立派なスタジアム等が建設され、まさに飴とムチ。
また、原発が地元の雇用の場になっている現実。(それも東電社員ではなく子会社、孫請け社員の雇用と、どんどん原発の危険を知らされない人たちが雇用されている実態なのです。)
ちほさんのいう通り、相手はあの手この手で言いくるめてきたでしょうから、そこで、原発反対!!と声をあげるのは本当にエネルギーのいることでしょう。利害関係から、中には地域が分断されることだって考えられますよね。
今回のことで、日本中の人が原発事故がいかに、多くの人の生活、産業、環境に影響するのか、見直すきっかけにして欲しいですね。
また未来の子供たちの健康被害が少しでも出ないことを願っています。
Commented by ofujimaru at 2011-04-27 21:12
はじめまして 先般絵本を送らせてもらった奥村です(但し旦那です)。わざわざお電話いただきかつ当方のご心配までいただきありがとうございました。
節電のお話、非常に簡潔明瞭ですっきりしました。そうですね、原発不要な日本はまだまだ可能ですね。
さあ、節電です。
ありがとうございました。勝手ながら私のブログで紹介させて下さい。
Commented by トコトコ at 2011-04-27 22:00 x
こんにちは。
ちほさんの意見に大賛成です。
よくぞ言ってくれましたー!という感じです。
私は青森県に住んでいますが、GWは原発がたくさんある下北半島に遊びに行きます。
原発のある地域の人に原発以外の現金収入があるように、そして何より地元の素晴らしさに気付いてほしくて。
5月21日に大間町で行われる大間原発反対集会と野外フェスにも参加してみます(ドキドキです!でもちょっと楽しみ!)
私一人の力は本当に微々たるものだけど、行動してみます。
ツノハシバミ、下北の森を散策しながら探してみます。
Commented by ふう at 2011-04-28 09:34 x
今回の地震が起きて、原発事故が起きて、
はて、うちの電気はどこで作っているのか?と調べてみたら‥島根の原発???
ガスは?灯油は?
原発と輸入に頼った生活‥出来ることは何でもやってみよう。楽しくね。
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 10:55
freshfreshさん こんにちは
「どうせかわらないのではないか」そういう気持ちが、私の心の中の深いところに、やはり沈んでいて、なかなか払拭できません。でも、だからと言っても、努力をせずに諦めることはもっと嫌です。
お互いに、自分の暮らしを生き方を見つめつつねてきることを一つづつでも増やしていけたらいいですね。
ここ数日は雨。雨の中の散歩もいいな。サスケのお陰でそんなことを思ったり・・・。
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 11:01
msakiさん こんにちは
今日はあたたかな雨ですね。裏山のコブシがいよいよ咲き出しました。今日は午後から野菜の苗を買いに遠野へ出かける予定。素敵なお洋服を買う時より、野菜の苗を買う時の方が、ずっとずっと心が弾む私でした。

ハクウンボクは、初春になると、表面の皮がペラペラとむけるのです。まるで脱皮するように。その樹皮がほんのり紅色なのです。陽をすかして眺めるととてもきれいです。丸くて大きな葉の独特の質感と色も好きだし、真っ白な花も大好き。でもこの色もまたハクウンボクらしい色に思われます。

電気はありがたいし、なくてはならないもの。こうしてブログで皆さんとお話できるのだって電気のお陰です。でも、まだまだ節約する余地はあると感じます。その部分を楽しみつつ削っていきたいものです。
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 11:07
ロッテンさん
こんにちは。ぽ
新芽の色はとってもバラエティに富んでいるし、形も質感もとても様々。それをみたり触ったりにおったりしながら散歩するのはとても楽しいです。いつか一緒に散歩したいですね。

電気ってなくてはならないものだし、ありがたいもの。それは私もつくづく感じているのです。でも、まだまだ個人の暮しの中にも、そして社会の中にも、「もったいないっ!!」と感じるような使い方が沢山ありますよね。その部分を先ず削ってみたらどうなのよ!と私はおもうのです。紙上の討論で、「できる」「できない」と議論しているだけではなく。
コンビニやホームセンターなど、こちらは今も節電モードです。買い物をするたびにレジの人に、「節電されててすばらしいですね♡ 充分あかるいですよ」と声をかけたりしています。みんながそれでよいと感じれば少しづつかわっていくのではないかしら?
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 11:12
てんこちゃん こんにちは
すっかりご無沙汰しています。毎日おいしいご飯いただいていますよ。ありがとう。
エネルギーのこと、いまこそしっかり考えていかなければいけないですよね。
メリハリだと思う。使わなくてはならない部分ではちゃんと電気の恩恵を受け、でも不必要な部分はみなおしていこうよ!!それってそんなに難しいことなの? 私はそうおもうのですけれど。
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 11:16
奥村さん こんにちは
富士丸可愛いですね。でもサスケも可愛いです。(と早くも犬バカちゃんになりつつあります。タハ)

先ずやってみようよ、やる前から無理と言わないで。もちろんシステム作りも大切ですよね。信号とか病院とか、どうしても必要な場所にはしつかりと配電し、あとは、節電モードで配電するとか出来ないのでしょうかね。家電にも、消費電力はどれぐらいなのか、刻々と表示する機能とかつけて欲しい。いろいろアイデアはあるとおもうのですけれど・・・。
いかに沢山電気を使うか、まるでそれを目指しているかのような時代の流れょここでストップさせたいものです。
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 11:22
トコトコさん、こんにちは
下北でいろんな出会い、気付き、そして勇気がもらえるといいですね。

日本地図をみて、どこに原発があるか先ず見てみませんか?
今回の事故が、決して人事ではないということがわかるはず。
そしてトコトコさんのように、その地に出向いてみることもきっかけになるかもしれませんよね。

想像力って、そういう為にもあるのだと思う・・・。
原発事故の被害を受けている方たちのことを、我がこととして想像してみる。そして自分のすんでいる場所で、おなじような事態になった場合のことも想像してみる。
そうすれば答えはおのずと導かれてくると思うのですけれど・・・。
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 11:25
ふうさん、本当だよね。
自分の使っている電気はどこでどうやって発電されているか、そのことすら知らない人がとても多いのだと思う。
それどころか、一月、どれぐらい電気を使って自分はくらしているのか、知らない人も多いのではないかしら?どれだけ使っているかも知らず、節電は無理というのはおかしいと思う。先ずは自分の暮らしを知って、そこからだよね。

そして楽しくね。長く続けるためにも・・・。
Commented by chihoa3 at 2011-05-01 11:28
あおいさん こんにちは。
コメントありがとう。
あ~、でもどうか諦めないでください。個人の省エネだけでは駄目ってどうしてわかるのでしょう・・・。個人が省エネを望みねそしてそれを評価したなら、企業や社会や国は変わっていくはず。むしろ個人の省エネこそがはじめの一歩だと思いますよ。すぐすぐに結果は出ないかもしれない。でも諦めず、探しましょうよ!できることを。私も一緒にやりますよ!きっとみんなも一緒にやってくれるはず!
Commented by ロケットバナナ at 2011-05-03 19:39 x
お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。

関東の電気は、関東では出来てなかった。
これは、今回の事故で、ホントに実感させられた事でした。
出来ることから、、、やるしかない。
って事で、冬に向けての靴下作りと放射能対策用の手ぬぐいマスク作り。
もの作りで、節電のお手伝い。効果が上がると、良いのですが、、、。

最近、思うのですが、電子レンジもトースターも炊飯器も無い生活は、不便???
不便、、、って、言うよりは、生きてるんだなぁ。
と、実感できる生活な気がします。
少しづつですが、あきらめず、投げ出さず、、、そんな生活は、楽しいのだと、伝えていきたい。
そして、東京でも何所でも、煙が出る生活が出来るようになったら良いな。
と、思う今日このごろです
Commented by そらうみ at 2011-05-09 19:54 x
はじめまして<m(__)m> いつも、素敵だなぁー(≧∀≦)と目をハートにして見せて頂いております。
ちほさん!そしてちほさんファンの皆さん!ぜひ、こちらをご覧下さい。 ☆田中優 さん世田谷での講義☆ http://www.ustream.tv/recorded/14428383
今までマスコミを信じきっていた私達・・・原発に関するデータ(電力の3割・最安価・停電・経済危機起こすなど)そこから疑わなくてはいけませんよ!!
本当は、日本は、風力・地力・水力の技術が世界一!!埋もらされていたんです!原発推進をしたい人達に!
マスコミまでがそちら側なので、私達は洗脳されていたようです。私も愕然としました。
命や自然を犠牲にしてまで、得たい利ってなんなのでしょうか?
ちほさんの暮らしの素晴らしさがわかる人達なら、その間違いがよくわかると思います。
人にも地球にも優しく、正しい道は、私達一人一人の力を発揮すれば!開けるんです。
利潤だけを求める社会を変える勇気!
被災地の方々の犠牲を想えば!できるはず!!
みなさんで頑張りましょう!!
Commented by snowflake2U at 2011-05-11 17:55
ちほさん、お元気ですか。
新しい家族(わんこ)も仲間入りしたのですね。
さて原発。反原発運動。チェルノブイリ事故当時、私の住む青森(六ヶ所村)を守りたいという想いで、反六ヶ所キルト展等も行いました。が、結局個人的に挫折。当時私の周辺の友人知人、誰一人として積極的に応援賛同してくれる人はいませんでしたし、むしろ変わり者として見られ、心の底から怒り悔しさ、そして悲しさを憶えたものです。
そしてこの原発推進構造の裏を知れば知るほど、余りにとてつもなく大きな政治の闇を感じ、とても一市民として真っ当な声など発せられないと。当時、街頭でビラをまいただけで検挙された普通の主婦もいましたし。
あれから三十年弱。時代がようやく変わったと感じます。福島の皆さんの大きな犠牲を払って。
当時作ったパッチワークキルト、今は六ヶ所村在住の菊川慶子さんの元にあります。菊川さんは敢えて六ヶ所村で生活してゆくことで、反核燃の意思を貫いています。今はチューリップとハーブの季節。(確か毎春、チューリップ祭りを開催しているはず。)今年は足を運んでみようかと考えています。
Commented by chihoa3 at 2011-05-12 15:25
ロケットバナナさん。
今の電力の消費のの仕方は、一種の中毒だとさえ、私には思えます。何でそんな事まで電気を使わないと出来ないの?と思うことがしばしばです。もちろん電気はありがたいエネルギーです。なくてはならないと思います。でも、あまりにも無意識に使いすぎですよね。30年前の消費電力は今のほぼ半分だとか・・・。平安時代に戻れ!とは私も言いませんるでも、30年前、私たちはそんなに不便を感じていたでしょうか? まだまだ出来るはず。私はそう思います。

ロケットバナナさんのエコで楽しい手作りの品々を、また拝見できるの楽しみです♡

あっ、因みに、準備遅れてますけど、今年もクラフト市開催します!
Commented by chihoa3 at 2011-05-12 15:31
そらうみさん コメントありがとうございました。
お返事がこんなにも遅くなってスミマセン。たった今、こちらにコメントが届いているのに気がつきました。くぅ~。田中さんの講演会は先日岩手でもあり、とても行きたかったのですけれど都合がつきませんでした。
知らないこと、知らされていないことがねあまりにも多いのですよね。でも、それ以上に、みんなが貪欲に真実を知りたいと思わなくてはならないと思います。私も含めて。すばらしい情報をありがとうございました。

因みに・・・今連載させていただいている「婦人の友」の最新号では、鎌仲監督も参加しての、原発対談が載っています。こたらもぜひご覧くださいませ。
Commented by chihoa3 at 2011-05-12 15:45
snowflake2U さん こんにちは
コメントありがとうございました。
菊川さんのことは、「六ヶ所村ラプソディー」で拝見しました。菊川さんと共に暮した友人もいて、いつか是非お会いしたいと思っている方の一人です。

今回の原発事故の危険を真剣に受け止め、生活する場所を替えた友人も多くいます。そして菊川さんのような方もいる。思いは同じ。「No nuke!!」
どちらも大きな危険にさらされ、ある意味犠牲を払っている。そういう犠牲を誰かに強いるようなエネルギー政策に強い憤りを感じます。

長い長い反原発の歴史があり、そして今回の事故がおきた。今やめなくてどうするの!と私は思います。力と心をあわせて、声をあげていきましょうね。「No! Nuke!」
Commented by ねもと(ひらかた)みちこ at 2011-05-14 16:43 x
ちほさん、こんにちは~。

島津さんから「いいよぉ。なごむから≪たいまぐら≫へ、(PC上で)行っといで」と言われて、来ました。確かに「ほっ」としています。

うちの電気の契約は、(大きめのマンションなんだけど)20Aにしています。初期設定は50Aで、「70Aまで、増やせます」と言われたのだけど、その前に住んでいた家が20Aだったから「きっと大丈夫~」と思って、そのまま。

3年過ぎたけど、今回の地震で「ガス(暖房・給湯)」が止まるまでは、充分足りていました。今回は、「薪ストーブ」もないし、夫のたっての希望で電気ストーブを一つ買い足したので、油断するとブレーカーが何度も飛びました。

でも、それだけでした。他に、困らなかった。

20A契約にした理由は、「原発反対」の意思表明のつもりで。みんなが、10Aづつ減らしたら、できる人はもう少し減らしたら、きっと原発はいらない。

まぁ、うちには「電子レンジ」「トースター」「エアコン」「電気ポット」「こたつ」などがないから、成り立つのでしょうか。

<< ホノボノあじわうホロホロな春 町づくり、家づくり >>