ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
ワラビの一本漬け
なんと霜が降りました。
f0035962_17152166.jpg

ズッキーニ、モロッコ豆の芽は茶色く焼けてしまいました。
もう一度蒔かなくては。

ワラビも随分焼けてしまいました。
あ~、もったいない。
やけていないものをえらんでポキポキポキ。

ではここで、リクエストのあった一本漬けの作り方です。
f0035962_1716187.jpg
先ずはワラビのあくを抜きます。
鍋に入る長さにワラビを切り、上から灰をふりかけます。モツモツと沸いた熱湯をたっぷりと注ぎ(ワラビがしっかり浸かる量)、一晩から一昼夜置きます。灰を洗い流し、水にさらします。水を数回替えながら・・・。アク抜き終了。

アク抜きをしたワラビを、容器に入る長さに切ります。食べやすいように細かく切ってもよいし、長めに切ってもよいです。だし、みりん、醤油を好みで合わせ(濃い目のそばつゆを作るつもりで)、煮立たせます。あつあつの調味料を、ワラビをいれた容器に注き、そのまま一晩おけば完成。簡単っ!!
漬けといっても日持ちはしないので冷蔵庫で保存し早めにいただきましょう。
おつまみにも、ご飯の友にも。

f0035962_17162142.jpg
高野豆腐と甘辛く煮たものもおいしい。

でもねぇー、やっぱり一番はおひたし。
サクサクトローン。おいすぃー♡
[PR]
by chihoa3 | 2010-06-01 17:21 | Comments(15)
Commented by くろぐろ at 2010-06-03 10:35 x
ちほさんこんにちは。
一番上の画像、一見アイスプラントみたいですね(笑。
食べてみたとき、
ちょっとしょっぱくて独特の口当たりが面白かった。
スーパーの売場にはいろんな新しい野菜が出てきてますが、
やっぱ山菜にはかなわないなー
と、いつも思います。
ちなみに私の山菜BEST3は
1位/しどけ
2位/タラの芽
3位/行者にんにく
わらびは、味以前に、姿かたちが大好きです。
Commented by 北の野人 at 2010-06-03 15:48 x
ちほさま 
こんにちは、タイマグラ霜ですか。北上高地の中ですからね。ワラビ霜に弱いですよね。焼けていないもの選べるくらいいっぱい有るんですね。うらやましい、ワラビって色々な料理に合いますよね、煮物によし、野菜と漬物、等々おいしいですね。
Commented by sakurairononuno at 2010-06-03 18:21
ちほさまへ

松本から無事帰ってきました。
ご主人にご挨拶してもらって、感動しました。作品もみれて嬉しかったです。どうぞよろしくお伝えください。
沢山の出会いもあり、反省することもあり、濃厚な2日間でした。また松本でご一緒できるように頑張りますね~!!
さてさて、霜がふったのですか??この時期痛いですね。でも、こうやって畑をしてると、季節の移り変わりとかに敏感になって、小さな畑という空間を通じて地球とつながっていることを痛感します。
大変だけどとっても楽しい作業ですね。お互い上手いものを食べるためにも(笑)頑張りましょう~!!
Commented by 北の野人 at 2010-06-03 21:43 x
ちほさま
今晩は、本日帰宅したところ家内が今度の日曜日6月6日、IBC岩手放送のラジオ番組、平泉トークに参加する事にしたとか、私も一緒に、参加してきます。ラジオ、聞いてもらっていて、良いですか。お楽しみに??
Commented by chihoa3 at 2010-06-04 07:18
くろぐろさん こんにちは。
確かに!アイスプラントみたいですね。
あの野菜は本当に不思議なお味ですよね。

山菜のランキング・・・むずかしいーな。
今答えるとなると、やっぱりワラビは山菜の王様!とか思ってしまいます。あのクネッとして出てくる姿確かに楽しいですよね。今の私はあの形にとっても敏感で、どんな草むらでも目ざとく見つけられる自信がありますよ。エヘッ♡

シドケもおいしいですよね。
Commented by chihoa3 at 2010-06-04 07:21
野人さん こんにちはる
岩手山・・・実はまだ登ったことないのです。
今年こそ!と毎年言っているわ・た・し。

ワラビはアレコレ楽しめますよね。
塩漬けしたものもまた独特の食感がおいしいし。

日曜は予定が入っているのですが、できたら拝聴しますね。どんなお話されるのかしら?やはり山菜のことかな。楽しみです。
Commented by chihoa3 at 2010-06-04 07:28
れこひつじさん こんにちは。
そしておかえりなさーい。

お天気、なんとかもったようでよかったですね。
準備、そして当日のお店と、
大変でしたね。お疲れ様でした。
でも、存分に楽しまれたご様子。よかったですね。

桶正は、北陸をグルリとまわって一昨日帰宅しました。
帰宅した桶正に、早速
「どうだった?どうだった?どんなお店があった?」
と矢継ぎ早に質問しましたが、
他のお店はほとんど見なかったとのつれない返事。
まったくもぉー毎年こうなんですよ。
やっぱり自分で行かないと駄目ですね。
結が高校生になったら行けるかなぁ?
あと二年辛抱です・・・。
いつかお会いできるといいですね。
Commented by 山の木ぶどう at 2010-06-07 02:33 x
お忙しいところ手を止めてしまい申し訳ありませんでした。
でも少しでしたがお話できてよかったです。またすれ違いになるところでした。宿泊場所がすぐ出て来ませんでした。
やはり年ですねえ。でもなんという偶然でしょう。御兄弟だったとは。植物に詳しい方ですね。朝早くからお昼近くまで、周辺の案内をして頂きました。楽しい2日間でした。
Commented by masakoimaoka at 2010-06-07 10:12
こんにちは。すっごくおいしそうです。写真もばっちり決まっていますね。
基本をおさえることで、おいしい素材をおいしくいただけそう。ステキ。いつかまた、修行に伺います〜(笑)!
Commented by のり at 2010-06-07 23:20 x
これは一本漬け、というより、一晩漬けといったほうがふさわしいみたいですね。こんなに手がかかるんですねー。おいしいわけだ。
Commented by chihoa3 at 2010-06-10 10:04
山の木ぶどうさん こんにちは。
こちらこそ、立ち話で失礼しました。
実はあの時・・・肥くみをした直後でして・・・。
お茶も差し上げず失礼しましたぁー。
Commented by chihoa3 at 2010-06-10 11:36
masakoimaoka さん こんにちは。
ウフッフー♡ 予告編拝見しましたよん。
笑顔、とってもとっても素敵でした。
本編を拝見するのが今から楽しみです。

こちらも春本番ですよー。
また是非是非遊びに来てくださいね。
K君にもI氏にもよろしくお伝えくださいませ。
Commented by chihoa3 at 2010-06-10 11:42
のりちゃん こんにちは。

数年前、山形の肘折れ温泉に泊まった際、宿で出されたのが一本漬けとの出会い。おばちゃんに作り方教わりました。宿では一本漬けという名にふさわしく、クルッと丸まった先っぽまで、まるまる一本を漬けてありました。大きい器で作れるなら、一本丸ごとというのも楽しいよね。

ワラビは、ここ数日のお天気で勢いがまし、ニョキニョキと伸びてきました。
目がね、ワラビを見逃さないの。草薮の中にあっても、サッと目がいっちゃう。我ながら呆れたり感心したり・・・。
Commented by keikono2 at 2010-06-14 18:42
この記事を拝見して、早速作ってみましたよー。
ワラビ料理2品。どちらも上手に作れました~(^^)v
これをつまみに、お酒の量が増えそうです(笑)。
Commented by chihoa3 at 2010-06-16 07:59
keikono2さん おはようございます。
ワラビ料理お試しくださったとのこと。嬉しいです。
そうなんですよねぇー。お酒の量も、ご飯の量も増えちゃうんだなぁ。はぁー困った困った。
昨日知人が、裏の藪で、1m50cmほどに伸びたワラビをみつけ、たまげておりました。まだまだ旬は続きます。
<< フル稼働! ちょっと そこまで・・・ >>