ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
春が好きな理由はたくさんあります。
大きなタケノコが一本、届きました。
初物です。
タケノコが、大大大好きな私。
「あ〜嬉しい。春はおいしいものがいっぱいだなぁ」

早速アク抜きをします。
・・・と言っても、
ただアクをぬいたりはいたしません。

タケノコを先ず半分に切り、
硬い皮を取り除きます。
ヒメカワ部分を大きめに切りとり、
根元の部分は、大きさにもよりますが、更に半分に切ります。
ポコポコとした赤い根の部分や、土のついた根元の部分を切り落とし、
ケバなどをよく洗います。

下処理したタケノコを、
たっぷりの水と一緒に圧力鍋にいれます。
そして浸水させた玄米を、
今回はタケノコが大きかったので2カップいれ、
火をつけます。
圧力がかかったら15分弱火で加熱し、
そのまま翌日までおきます。
takekayu.jpg
タケノコのアクをぬくのと同時に、
タケノコ風味のおいしいお粥のできあがり。

つまり一石二鳥ですね。
濃厚なタケノコの風味がとってもおいしいこのお粥。
タケノコ好きなら、是非お試しください。

**************************

カタクリの蕾もチラリホラリ。
楽しみだけど・・・、
「蕾ちゃん。用心してね。」
kata2.jpg
時折、霰がパラパラと降っている、今日のたいまぐらです。

***********************

4月から、
岩手日報の生活欄で、
月に一度の連載を担当させていただきます。
食のコーナーで、
摘み草料理をテーマに書かせていただこうと思っています。
「連載なんて初めて!」ですので、
ちょっとドキドキ。
季節の糧(ごちそう)「いただきます!」
というタイトルの連載一回目は、4月2日でした。
(事後報告になってしまいましたっ)
毎月、第一金曜日です。
機会のある方は是非ご覧ください。
[PR]
by chihoa3 | 2010-04-07 13:24 | 手作り・食卓 | Comments(12)
Commented by 北の魔女と野人 at 2010-04-07 20:47 x
ちほさま 
ちほさまの、元気何処から来るのですか???調理とか、花の写真勢いが有ります。我が家の魔女に、伝授願いたいです(笑い)我が家も春を満喫しに近所の里山に出かけてみました。(城内山)標高300mでも春を感じて参りました、残雪の中日あたりのいいところでは、春ランがつぼみを付けていてくれました、感動です。早池峰の春楽しみです。
Commented by msaki at 2010-04-07 22:20 x
こんにちは。ご無沙汰してます!

筍のおかゆ。おいしそうですね。

初連載、がんばられてください。
岩手日報、勤務先でとるようになったのでチェックいたします。

ところで
ちかぢか南昌莊では、展示はなさいますか?
Commented by クリン at 2010-04-07 22:55 x
こんにちは。
お久しぶりです。
日報で見て嬉しくて小躍りしちゃいました〜!
掲載翌日に立ち寄った、某産直のバッケが並んでいるコーナーにて
あのレシピの切り抜きのコピーを発見!!
また再会した気分で嬉しくなりました。。
カタクリ楽しみですね〜♪
Commented by 山の木ぶどう at 2010-04-08 05:11 x
あくって不思議ですね。
抜いたあくが入った汁でおかゆ?
抜いたあくを食べるの?なんてね。
あく=悪ではないところが面白いところ。
あくの無いのも有るけれど、あくの無い山菜なんて
と言う感じかな。
いよいよ山菜の時期になってきましたね。
今日は以前から目をつけていた菜の花が一面に
咲く河原の土手に行ってきました。
塔が立って花芽が少しできた状態・・ちょっと早めかな。
でも一握りぐらいは採りました。
カンゾウの芽もちょうど良いくらい。
ヨモギの葉も・・・てんぷらにして食べてみようかと。
まだ未経験ですけど。
Commented by chiho at 2010-04-08 07:05 x
野人さま(こう書くとき、なんだか何時もドキドキしてしまいますっ)
おはようございます。

元気でないときももちろんあるのです。
でも、ちょっとで元気がないなぁーと思ったら、なるべくすぐに休むようにしています。
身体が疲れているときは、早く休んだり、足湯をしたり、等々。
心がちょっと疲れているなーと思ったときは、散歩をしたり、お気に入りの本を読んだり、自分に何かプレゼントをしたり。
ちょっと自分を甘やかしすぎかなーとも思うのですが・・・。
疲れをためない。
それが私の健康法です。

春ラン!
あの独特の色が大好きです。
清楚だけれど凛としている、春の妖精ですね。

こちらは今朝もそこそこ冷えて、
今は、結晶の形を留めた美しい雪片がゆっくり落ちてきていますよ。
Commented by chiho at 2010-04-08 07:10 x
msakiさま
こんにちは。
こちらこそすっかりご無沙汰しております。

県南ですと、孟宗竹もあるのかしら?
タケノコお好きでしたら、
是非お粥を作ってみてください。
是非玄米で!

岩手日報の連載、よろしければご覧ください。
今回はバッケの包み揚げを紹介しました。

さて、南昌荘での展示会は、
今年も八月の最終の週末を予定しています。
ずいぶん先ですね。
ホントはもっと仕事もしなくてはいけないんですけれど。
「・・・・・」

今年こそは早池峰登山にお出かけください。
私も今年こそは登りたいデス。
(最後に登ったのはもう四年前ぇ〜)
Commented by chiho at 2010-04-08 07:13 x
クリンさん こんにちは
わぁー、本当にご無沙汰しております。
お変わりありませんか。
春のような暖かなクリンさんの笑顔が浮かんできてね
外ではチラチラと雪が降っていますが、
なんだかほんわか暖かな気持ちになりましたよ。
バッケの包み揚げ。
少し目新しい食べ方ですが、
結構おいしいと思います。
是非お試しください。

また会えますように。
Commented by chiho at 2010-04-08 07:16 x
山の木ぶどうさま
ヨモギの天プラ、私は大好きです。
フキの葉っぱも、小さいものを是非天プラにしてみてください。
おいしいですよ。

菜の花摘み!よいなぁ〜。
Commented by ふう at 2010-04-08 08:49 x
またちょっと寒いせいか、竹の子 ピタッとでてこなくなりました〜
寒い朝布団からでたくないのといっしょかな…
お〜い 春だよ〜起きてよ〜!
Commented by マッキーマン at 2010-04-08 10:36 x
そういう知識、どこから得られたのですか?
 私もほぼ同じ年齢。。。。私が知らなすぎなのでしょうか?
 いつも、すごいなぁと思ってしまいます。
Commented by chiho at 2010-04-08 13:47 x
ふうさん こんにちは。
花びえ、ならぬ、竹の子びえだね。
またニョキニョキしてきたら是非やってみてね。
Commented by chiho at 2010-04-08 13:50 x
マッキーマンさん こんにちは
竹の子粥は、瓢箪からコマ的に誕生したのです。
タケノコをいただいたのですが糠がなく、
じゃーと、玄米を使ってみたら、
なんか、おいしそう・・・となったんですよ。
ドントハレ。
<< あっちですか! 心 踊るもの・・・ >>