ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
ゆく季節も、くる季節も、愛しくて
陽だまりには、
光だけではなく、
不思議なほどの優しいぬくもりも「たまって」います。
まるで小さな春がチョコンと座っていたみたい。

チャボたちも、そのぬくもりを感じているらしい・・・。
陽だまりから、陽だまりへ。
お日様の動きにあわせて、引越しながら、
春のぬくもりに浴しています。
haruchabo.jpg
気持ちよさそぉー。

**********************

春の喜びダンスを踊りながら、
芽生えたアサツキ。
asa.jpg
スパッと切り取ると、みるみると水滴が切り口に浮かんできます。
ちょつと心を痛めつつの初収穫。
溶き卵に加えて卵とじに。
黄色と緑。
あぁ、春だなぁ。


野菜の保存箱の底から引っ張り出したカボチャ。
最後の一個です。
半分は煮物に。
半分はスウィートパンプキンに。
なんだか身体が温まりました。
kabo2.jpg

春の味と秋の味を味わいつつ、
三寒四温の日々を健やかに。
[PR]
by chihoa3 | 2010-03-24 10:48 | 発見・自然 | Comments(8)
Commented by かたつむり at 2010-03-24 11:00 x
チャボ、懐かしいです。
うちも15年くらい飼ってましたよ。
それぞれ個性があって、可愛かったな。
お互いの羽の中に入って気持ちよさそう〜♪
見てるこっちまで、ほっこりしあわせになりますね。
Commented by くろぐろ at 2010-03-24 18:17 x
初めまして。
アサツキを切るときの心の痛みもそうですが、
先日オンエアされたTVを拝見し、
芽生えた命を間引かなければならない話が印象的でした。
可哀想ですよね、もったいないですよね、やっぱり。
本業で農業をやって食べている人からは笑われそうですが、
共感の一言でした。
そして寒さ厳しいタイマグラにも春が来たんですね、
よかったよかった。
もしかしたらタイマグラと気温はさほど変わらんかもしれない
盛岡在住の寒がり男です。
Commented by そよ風君 at 2010-03-24 21:02 x
寒さが厳しいところだけに、春を待つ心は、一味違うのでしょう。もうすぐ本物の春がきますね。
Commented by 山の木ぶどう at 2010-03-25 00:13 x
ああ!アサツキーーー。美味しそう、いいなあ。
山に住む人の特権ですね。
そろそろ腰を上げて野山を駆け巡らなくては。
でもまた雪の予報が・・・・。
今年のお天気はどうなってるんでしょうかね。
降雪の回数は例年になく多いかと。でもすぐ溶けるので
なんとかなっていますけど。
Commented by chiho at 2010-03-25 12:02 x
かたつむりさん こんにちは

本当にそうなんですよね。
それぞれ性格があって、おもしろい。

母鳥であるライちゃんに、
まだまだ甘えている雪ちゃんとマユちゃん。
もう少し暖かくなったら、
また畑の中の小屋に引越し。
青虫つついたりミミズつついたり、
時にはレタスをつつたり。
待ち遠しいね。
Commented by chiho at 2010-03-25 12:05 x
くろぐろさん こんにちは。

でも、私の場合、食いしん坊の血がなによりも濃いのです。
かわいそう・・・と言いながらパクリ。
きれいねぇ・・・と言いながらパクリ。
結局は何でも食べちゃうんですけどね。
エヘッ。

たいまぐらはまたまた一面真っ白。
今も雪はサラサラと降り続いています。

春の味はもうしばらくおあづけです。
Commented by chiho at 2010-03-25 12:07 x
そよ風君 こんにちは

またまた降り積もった雪。
来そうで来ない春。
いやがうえにも、期待度アップです。
春よ、舞ってるぞぉー。
Commented by chiho at 2010-03-25 12:10 x
山の木ぶどうさま
アサツキというのが正式名称かはわかりません・・・。
そう言えば。
我が家ではアサツキと呼び、
葉が硬くなる真夏まで、大活躍する野草です。
いたるところに生えているんですよ。

また降りましたね。雪。
<< またまた真っ白 ゆっくりね。 >>