ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
雪の中で・・・
昨夜からサラサラと雪が降り始めました。
今年一番の大雪になりそうです。
まだまだ降り続くらしい・・・。

屋根に降り積った雪が、ミシッという音をたてて割れ、しばらくするとザザッーと音をたてて流れ落ちます。今朝一度雪かきをしたのですが、屋根から落ちてきた雪で、また窓が半分近く埋もれてしまいました。お昼を食べたら、再度雪かきをしなくてはならなさそうです。やれやれ。

結は午前中いっぱいかかって、クレープを作っています。今は、せっせと皮を焼いています。レモン風味のカスタードクリームを、皮にのせ、四角く袱紗包みにします。上にレモンのスライスの蜂蜜づけをのせ、冷蔵庫で休ませれば出来上がりです。
私の母が昔よく作った一品。「昔、ばぁばが、こういうクレープをよく作ってくれたんだよ」と話したら、「今度作ってもらおう!」と言ってました。ばぁば覚悟しておいてね!
三時には、しっとり馴染んでおいしくなっていることでしょう。クレープのおやつを楽しみに、雪かきをすることにしましょう。
ware.jpg
さて、そんな雪の中でも、小鳥たちが足しげく、軒下のバードフィーダーに通ってきます。最近我が家で人気者のゴジュウカラ君もやってきました。
この子、一般のゴジュウカラより動きがのんびりしているのです。のんびりというより、ぼんやりしているといった方がピッタリなぐらい。「大丈夫?」と見ていて心配になります。
でも、なんだかとっても和むんですよね、この子をみていると。
写真は、数日前の様子。バードフィーダーに尻尾を突っ込み、ポケーッとしてすること約五分。時折首をかしげたりはするものの、まるで何か考えことをしているみたいに見えます。
後ろの枝で待ちぼうけを食っているヤマガラ君にしてみれば、いい迷惑でしょうね。
「はやくどいてくれない? ヒマワリの種が取れないんだけれど?」
とブツブツ言っている声が聞えそうです。
[PR]
by chihoa3 | 2009-01-31 12:38 | 発見・自然 | Comments(0)
<< 桶屋は橇もひく〜♪ お昼ご飯 >>