ブログトップ
森の暮らし  たいまぐら便り
chihonote.exblog.jp
お昼ご飯
家でのんびりと過ごす休日。お昼は、結と一緒に作ることが多くなりました。お料理や裁縫に益々興味が出てきた結。二人で「何作る?」とか言いながら、お料理の本を一緒に眺めるのは幸せな一時です。
negi1.jpg
一昨日の日曜日は、二人でキッシュを作りました。賞味期限の切れかかった(?!)生クリームを冷蔵庫に発見したからです。
タルト型に、薄切りした食パンをしきつめます。1cm程に筒切りした長ネギと、エリンギとしいたけのスライスを炒め、パンの上に広げます。生クリームと牛乳と卵を混ぜ合わせたソースにアサリの水煮を入れ、塩と胡椒とナツメグで味を調えてから型に流し込みます。上にたっぷりととけるチーズをのせ、オーブンで焼くこと20分。コンガリとおいしそうに焼けました。カロリーを考えると恐ろしい・・・。でも、食べ始めたらとってもおいしくて、そんなこと忘れちゃいました。エヘッ。
大きなカットを二切れづつぺロリ。おいしい紅茶と、リンゴケーキもいただいて、大満足のランチになりました。

さて、平日のお昼は・・・もっぱら残り物。
因みに今日のお昼は、冷ご飯を鉄器でコンガリと焼いたもの。切干大根の煮物と沢庵、そして味噌汁。腰掛けるなり、「茶色いねぇー」と正宏さんが一言。「そうですねぇー」と私。平日は大体こんな感じです。
oni1.jpg oni2.jpg

でも、救いは、コンガリと焼けたご飯のおいしさ。
タミさんのパン焼き器というネーミングで売られているこの鉄器は知人からのいただき物。本来は、その名の通り、パンやバターケーキを焼くのに使われます。でも、我が家ではもっぱら焼きご飯器として使っています。もちろんストーブで。仕上げにタラリと醤油をたらしてジュッ。キッシュのような華やかさはないけれど、なかなかおいしゅうございますよ!

**************

冬休み・こぼれ話 vol,2
黒磯のSHOZO CAFÉに行ってきました。那須方面に大好きな温泉があるので、毎年のように出かけているのですが、SHOZO CAFÉに伺ったは初めて。ちょこちょこ噂は聞いていて、行ってみたいと思っていたのですが、なかなか叶わずにいたのに、たまたまいつもと違うルートで行ったら、ヒョイとSHOZO CAF;に出くわしたのです。こういうことってあるんですよねぇー。

とても落ち着ける雰囲気のcafe。併設の雑貨屋さんも、古道具屋さんもいい感じ!でした。古道具屋さんには、本のコーナーもあり、アノニマ・スタジオの本も並んでいました。そして「森の暮らし」も・・・。
旅先でこんな風に出会うと嬉しいものですね。ありがたいなぁー。

でも、写真を一枚も撮らなかったぁ!くぅー残念。黒磯方面に行かれる方は、是非、たっぷりと時間をとって、ゆっくり訪ねてみてくださいね。
[PR]
by chihoa3 | 2009-01-27 14:47 | 手作り・食卓 | Comments(0)
<< 雪の中で・・・ なくてならないもの >>